Webライターの始め方

現役スクール講師が厳選!Webライター初心者におすすめの勉強本7選!

現役スクール講師が厳選!Webライター初心者におすすめの勉強本7選!

この記事で解決できる悩み

本記事の信頼性

当ブログでは「お金・時間・場所に自由を」をコンセプトに、WebマーケティングやWebライティング、ブログ運営のノウハウを発信します。僕のプロフィールはこちら

Webライター初心者の方は、とりあえず本で勉強するのがおすすめです。文章術やSEOライティング、コピーライティングなど、Webライターに求められるスキルを幅広く身につけられます。

しかし、世の中にWebライティングに関する本はたくさんあります。中には「自分に合う本がわからない」「具体的な選び方は?」といった悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、現役スクール講師の僕がWebライターにおすすめの勉強本を厳選しました。選び方も解説するので、最後まで読めば着実にWebライターとしてスキルアップできますよ。

うーご

それでは本題にはいります。

※Webライターの副業の始め方を知りたい方は『【初心者向け】Webライターの副業の始め方【現役スクール講師が解説】』をご覧ください。始め方〜稼ぎ方までわかりやすく解説しています。

Webライター初心者が本で勉強すべきこと3つ

Webライター初心者が本で勉強すべきこと3つ
Webライター初心者が本で勉強すべきこと3つ

最初に、Webライター初心者が本で勉強することを紹介します。

Webライター初心者が本で勉強すること

  • 文章術
  • SEOライティング
  • コピーライティング

1つずつ順番にチェックしましょう。

①文章術

Webライターは文章を書く仕事なので、まずは文章術を勉強しなければなりません。

文章術とは、簡単にいうと読者に記事内容をわかりやすく伝えるノウハウのこと。学生時代に国語で勉強したことではなく、Webならではの文章術を身につけましょう。

うーご

たとえば、国語では「文章は起承転結で書こう」と勉強したかもしれませんが、Webに載せる記事には「結論ファースト」が求められます。

記事コンテンツが飽和した現代において、わかりにくい記事に時間を割いてくれる読者はいません。つまり、Webライターとして案件を取るためには、ハイレベルな文章術が必須です。

②SEOライティング

SEOライティングとは、Googleの検索エンジンで記事の検索順位を高めるためのノウハウのこと。より噛み砕くと、読者・Googleの両方に伝わる記事の書き方を表します。

うーご

具体的には、「タイトルは32字程度にする」「H2・H3見出しを設定する」などです。

2024年7月現在、Webライター案件のほとんどは「SEO記事の執筆」が占めています。安定的に仕事を取るためには、SEOライティングを熟知しなくてはなりません。

※SEOの基本をがっつり勉強をしたい方は、『【初心者向け】SEO対策のおすすめ勉強本10選!現役マーケターが厳選!』をご覧ください。おすすめ本を紹介しています。

③コピーライティング

コピーライティングとは、簡単にいうと商品・サービスを売るための文章テクニックのこと。

ほとんどの企業は「商品・サービスを広めたい」と考えてWebサイトを運営しています。つまりWebライターには、読者に「この商品を使ってみたい」と感じさせる訴求力が求められるわけです。

また、コピーライティングの本質は、読者の心理状況を理解することにあります。しっかりと勉強することで、より読者に有益なコンテンツを作れるWebライターを目指せるでしょう。

うーご

以上、Webライター初心者が本で勉強することでした。

Webライター初心者におすすめの勉強本7選

Webライター初心者におすすめの勉強本7選
Webライター初心者におすすめの勉強本7選

それでは、Webライターに初心者におすすめの勉強本を見ていきましょう。

Webライター初心者におすすめの勉強本

タイトル内容出版日ページ数
一生使える Webライティングの教室文章術、SEOライティング2022/3/23256ページ
新しい文章力の教室文章術2015/8/7208ページ
人を操る禁断の文章術文章術、コピーライティング2015/1/21224ページ
沈黙のWebライティングSEOライティング2022/4/22640ページ
ザ・コピーライティングコピーライティング2008/9/20431ページ
売れるコピーライティング単語帖コピーライティング2020/4/8256ページ
10倍売れるWebコピーライティングSEOライティング、コピーライティング2014/4/16144ページ
※青字をクリックすると詳細解説に移動します。

1つずつ順番に紹介します。

①一生使える Webライティングの教室

①一生使える Webライティングの教室
著者名片桐 光知子
内容文章術、SEOライティング
出版日2022/3/23
ページ数256ページ
Kindle版

「一生使える Webライティングの教室」は、その名のとおり長年使えるノウハウを学べる一冊です。

Webライティングの基本的な考え方や「調べる→分析する→企画立案する→それの基づいて書く」といった執筆フローが解説されており、確かな文章力&表現力を身につけられます。

また、人材会社として有名なマイナビは、実は数々のメディアを運営しています。自社内・外注先のWebライターを育てた実績があるため、信頼性の高いノウハウを勉強したい方にぴったりでしょう。

うーご

個人的に、アイキャッチ画像の作り方まで勉強できるのは素晴らしいなと。

②新しい文章力の教室

②新しい文章力の教室
著者名唐木 元
内容文章術
出版日2015/8/7
ページ数208ページ
Kindle版

「新しい文章力の教室」は、本質的な文章術について勉強できる一冊です。

良い文章を『完読される文章』と定義して、それを強く意識させてくれます。メディア運営者(依頼者)の目標は記事を読んでもらうことなので、Webライター(受注者)になくてはならない考え方です。

基礎的な心得を学んだら、具体的なテクニックを勉強します。正直、ほとんどのWebライターは基本的なノウハウすら知らないので、実践するだけで頭ひとつ抜けられるでしょう。

③人を操る禁断の文章術

③人を操る禁断の文章術
著者名メンタリストDaiGo
内容文章術、コピーライティング
出版日2015/1/21
ページ数224ページ
Kindle版

「人を操る禁断の文章術」は、メンタリズムを応用した文章術を学べる一冊です。

「人を操るための原則」「人を動かす引き金」をわかりやすく解説。今日から使える5つのテクニックも紹介されていて、読みながら記事を書くだけで即クオリティを高められます。

インフルエンサーとしても有名なメンタリストDaiGoさんの著書といういうことで、人の心理状態について深く学習可能。商品・サービスを売れるWebライターを目指したい方におすすめです。

うーご

有名人の出した本は「イロモノ」だと思われがちですが、自身のブランディングに成功した「実績豊富なマーケターの本」と考えれば信頼できます。

created by Rinker
¥1,540 (2024/07/19 10:03:16時点 楽天市場調べ-詳細)

④沈黙のWebライティング

④沈黙のWebライティング
著者名松尾 茂起
内容SEOライティング
出版日2022/4/22(改訂)
ページ数640ページ
Kindle版

「沈黙のWebライティング」は、図解やストーリー調でわかりやすく解説された一冊です。

基本的なSEOライティングや記事のリライトのやり方、インタビュー記事の書き方などが解説されていて、Webライターに求められるノウハウを幅広く学習できます。

一見すると640ページと大容量ですが、漫画のように読み進められる点も大きな魅力。内容もおもしろくて気づいたら読了しているので、テキストが苦手な方にぴったりでしょう。

⑤ザ・コピーライティング

⑤ザ・コピーライティング
著者名神田 昌典
齋藤 慎子
内容コピーライティング
出版日2008/9/20
ページ数431ページ
Kindle版×

「ザ・コピーライティング」は、長年変わらないコピーライティングの本質を勉強できる一冊です。

アメリカの伝説的コピーライターのジョン・ケープルズ氏が約1940年代に書いた本を2008年に翻訳。古い本ですが、内容は「コピーライティングの教科書」と呼ばれるくらい現代にマッチしています。

具体的には、見出しの作り方やコピーを考える方法、コピーの効果を高める方法などを詳しく解説。正直、値段が高い&文字だらけで読むのが大変なのですが、それだけの価値はあるでしょう。

⑥売れるコピーライティング単語帖

⑥売れるコピーライティング単語帖
著者名神田 昌典
衣田 順一
内容コピーライティング
出版日2020/4/8
ページ数256ページ
Kindle版

「売れるコピーライティング単語帳」は、その名のとおり訴求力の高いフレーズの用語集です。

有名な「PASONAの法則」に則り、各項目ごとに刺さるフレーズを紹介しています。

PASONAの法則

  • Problem(問題):ユーザーの悩みを明確化する
  • Affinity(親近感):悩みに共感&親近感を誘う
  • Solution(解決策):悩みの解決策を提示する
  • Offer(提案):具体的な提案をする(無料体験など)
  • Narrow(絞込):今すぐ購買すべき理由を示す
  • Action(行動):悩みを解決するための行動を促す

記事タイトルや訴求文を考えるのに便利なので、常に隣に置きたい一冊といえるでしょう。

⑦10倍売れるWebコピーライティング

⑦10倍売れるWebコピーライティング
著者名バズ部
内容SEOライティング、コピーライティング
出版日2014/4/16
ページ数144ページ
Kindle版×

「10倍売れるWebコピーライティング」は、記事で商品・サービスを売る力を鍛えられる一冊です。

コピーライティングというと「キャッチフレーズ」を想像するかもですが、本書では『売れる文章の流れ』を解説しています。小手先のテクニックではなく、Webライターの根本的なスキルを習得可能です。

著者の「バズ部」とは、株式会社ルーシーの運営する超有名なWebメディアのこと。各章にはワークシートやチェックシートもあるので、実績豊富なノウハウを勉強したい方にぴったりでしょう。

うーご

以上、Webライター初心者におすすめの勉強本でした!

Webライター初心者の勉強本の選び方3つ

Webライター初心者の勉強本の選び方3つ
Webライター初心者の勉強本の選び方3つ

続いて、Webライター初心者の勉強本の選び方を紹介しています。

Webライター初心者の勉強本の選び方

  • 「学びたいこと」で選ぶ
  • 「本の出版年」で選ぶ
  • 「読みやすさ」で選ぶ

1つずつ順番に解説します。

①「学びたいこと」で選ぶ

先述のとおり、Webライターが本で勉強することは3つあります。

Webライターが本で勉強すること

  • 文章術
  • SEOライティング
  • コピーライティング

本を選ぶときは、上記の中なら「学びたいこと」を定めておきましょう。事前に目的を明確にしておくことで、購入後にミスマッチなくWebライターとして成長するための勉強ができます。

「学びたいこと」で選ぶおすすめ本

②「本の出版年」で選ぶ

「出版年」の新しい本を選ぶことで、鮮度の高い情報をキャッチアップできます。

時代によって、Webライターに求められる能力は変わるもの。特に、Googleは年2、3回は検索エンジンをアップデートしているため、SEOライティングについては常に最新情報を学ばなくてはなりません。

また、年齢層を意識するとわかりますが、言葉遣いも少しずつ変化しています。古い文章しか書けないWebライターにならないように、できる限り新しい本で勉強してくださいね。

うーご

先ほど2008年の出版本を紹介しましたが、それは変わらない「本質」を学べるから。

紹介した本なら出版年は気にしないでOKですが、基本的には新しい本を選びましょう。

③「読みやすさ」で選ぶ

テキストベースで勉強するのが苦手な方は「読みやすさ」で本を選びましょう。

具体的には、ページ数が少ない本や図解を豊富を使った本などが挙げられます。必然的に情報の「深さ」には差が出てきますが、Webライターとして活動するために必要なノウハウは習得可能です。

うーご

どうしても本が苦手な方の勉強方法は、次章で詳しく紹介します!

本で勉強できないときはWebライター講座を活用しよう

本で勉強できないときはWebライター講座を活用しよう
本で勉強できないときはWebライター講座を活用しよう

どうしても本で勉強するのが苦手な方は、Webライター講座を活用するのがおすすめです。

講座では、実績豊富なWebライター監修のカリキュラムで実践的な学びができます。不明点を質問したり悩みを相談できるサポート制度も充実しているため、モチベーションが低下する心配もありません。

1番大切なのは、記事添削のある講座を選ぶこと。一流の講師から客観的なアドバイスをもらうことで、自分では気づかぬ欠点を修正しながらWebライターとしてスキルアップできるでしょう。

うーご

初期コストはかかりますが、長い目で見れば費用対効果は高いです。

特に人気のあるWebライター講座を下記でまとめました。

有名なWebライター講座

その他、おすすめのWebライター講座は『現役講師が厳選!おすすめWebライタースクール・講座7選を徹底比較!』で紹介しているので、本気で稼げるWebライターを目指している方はぜひご覧ください。

まとめ:Webライター初心者は本で勉強しよう

まとめ:Webライター初心者は本で勉強しよう
まとめ:Webライター初心者は本で勉強しよう

今回は、現役スクール講師の僕がWebライター初心者におすすめの本を厳選しました。

Webライター初心者におすすめの勉強本

タイトル内容出版日ページ数
一生使える Webライティングの教室文章術、SEOライティング2022/3/23256ページ
新しい文章力の教室文章術2015/8/7208ページ
人を操る禁断の文章術文章術、コピーライティング2015/1/21224ページ
沈黙のWebライティングSEOライティング2022/4/22640ページ
ザ・コピーライティングコピーライティング2008/9/20431ページ
売れるコピーライティング単語帖コピーライティング2020/4/8256ページ
10倍売れるWebコピーライティングSEOライティング、コピーライティング2014/4/16144ページ
※青字をクリックすると詳細解説に移動します。

本は、Webライター初心者がとりあえず挑戦したい勉強方法です。1冊1,000円〜3,000円と低コストにもかかわらず、Webライターに求められるノウハウを網羅的に学べます。

本が苦手なら講座などの勉強方法もあるので、自身に合うやり方を見つけてくださいね。詳しくは『【独学あり】実践してわかった!Webライターのおすすめ勉強方法5選!』で紹介しています。

今回は以上です。

  • この記事を書いた人
favicon

うーご

歴3年の専業ブロガー|最高月24万PVの「副業フリー」を運営中|企業メディア(月500万PV)のSEOマーケターやWebライタースクールの講師経験あり|ブログ記事の添削実績20名⤴︎|過去の添削は添削フリーへ|秘密のブログノウハウはnoteにまとめています

-Webライターの始め方