動画編集の仕事

【儲かる?】動画編集の単価相場は〇〇円!収入の伸ばし方も徹底解説!

【儲かる?】動画編集の単価相場は〇〇円!収入の伸ばし方も徹底解説!

この記事で解決できる悩み

本記事の信頼性

当ブログでは「お金・時間・場所に自由を」をコンセプトに、副業(動画編集やブログ)の始め方・ノウハウを発信します。僕のプロフィールはこちら

動画市場は拡大を続け、これからの需要にも期待されています。PC1台でいつでも・どこでもできる自由度の高さから、副業・フリーランスで始める方も増えてきました。

動画編集者を目指すにあたり、まず気になるのが”お金の問題”です。中には「動画編集は儲からない」「報酬単価が低すぎる」といった声もあり、不安に感じている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、現役で動画編集者をしている僕が「動画編集の単価相場」について解説します。副業・フリーランス経験をもとに収入の伸ばし方も紹介するので、ぜひ最後までご覧ください。

うーご

「気軽に副業から始めて月5万円を目指したい」という方は下記記事をどうぞ。

あわせて読みたい
【完全版】動画編集の副業の始め方|未経験者が月5万円稼ぐ方法を解説
【完全版】動画編集の副業の始め方|未経験者が月5万円稼ぐ方法を解説

動画編集の単価相場【実案件を見ながら解説】

動画編集の単価相場【実案件を見ながら解説】
動画編集の単価相場【実案件を見ながら解説】

それでは早速、動画編集の単価相場を見ていきましょう。

今回は、代表的な4タイプの案件をピックアップしました。

動画編集の単価相場

  • YouTubeの編集代行:5,000円〜10,000円/本
  • ウェディングムービー作成:15,000円〜30,000円/本
  • Web広告(動画)制作:10,000円〜100,000円/本
  • YouTubeディレクション:100,000円〜300,000円/月

なお紹介する案件は、王道の案件獲得サービス・クラウドワークスから選んでいます。

①YouTubeの編集代行:5,000円〜10,000円/本

crowdworks-youtube
仕事内容カット、効果音・BGM挿入、テロップ作成など
単価相場5,000円〜10,000円/本
納期約3日

YouTubeの編集代行は、副業・フリーランスになりたての動画編集者に大人気です。YouTuberやYouTubeチャンネルの運営者に代わって、カットや効果音・BGM挿入、テロップ作成といった作業をします。

単価相場は、動画1本あたり5,000円〜10,000円です。

最大の特徴は、初歩的な動画編集スキルがあれば受注しやすいこと。細かにマニュアルが決められている案件も多く、動画編集者としての「実績づくり」「スキルアップ」にも適しています。

最初は1本5,000円程度からですが、クライアントの信頼を重ねれば少しずつ単価を高めることも可能。とはいえ、1本10,000円程度で頭打ちになりがちなので、さらに稼ぎたい方は別案件を検討しましょう。

うーご

副業なら月5万円、フリーランスなら月20万円を目指したい方向けです!

②ウェディングムービー作成:15,000円〜30,000円/本

crowdworks-wedding-movie
仕事内容動画撮影、カット、BGM挿入など
単価相場15,000円〜30,000円/本
納期約1週間

ウェディングムービーとは、結婚式で流す「新郎新婦のプロフィールを伝えたり大切な人に感謝を伝えたりする映像」のこと。依頼を受けた動画編集者は、参加者の心を打つような動画を作り上げます。

単価相場は1本15,000円〜30,000円ですが、案件によって報酬額に開きがあるため要注意。

たとえば、事前に撮影された動画を編集するだけなら単価は10,000円〜20,000円が相場です。これにウェディングムービー用の動画撮影も加わると、単価相場は20,000円〜40,000円と跳ね上がります。

ウェンディングムービーで大きく稼ぐためには、動画編集をできるだけでは足りません。撮影力はもちろん、新郎新婦を緊張させないコミュニケーション力も求められるので、自身の適性を考えてみましょう。

うーご

動画編集はひとり作業がほとんどですが、その中では人と関わることが多いです!

③Web広告(動画)制作:10,000円〜100,000円/本

crowdworks-advetisement
仕事内容基本〜エフェクトまで多種多様
収入相場10,000円〜100,000円/本
納期約1週間

Web広告(動画)制作は、YouTubeやSNSに投稿する「動画広告」を作り上げる仕事です。

単価相場は、1動画あたり10,000円〜100,000円と幅広くなります。カットなど「基本」のみで対応できる案件もあれば、アニメーション制作など「発展」がないと対応できない案件もあるからです。

参考までに、僕が受注したことのあるWeb広告制作の案件をご覧ください。

Web広告制作の案件例

項目案件A案件B
難易度
仕事内容1.動画素材の不要な部分カット
2.商品を訴求するテロップ挿入
1.動画広告用のイラスト作成
2.アニメーションとして動かす
報酬単価15,000円80,000円

動画広告は、商品・サービスの売上をアップさせるのが最終目標です。ユーザーの購買意欲を刺激する「コピーライティング」、集客に貢献する「Webマーケティング」のスキルがあれば重宝されますよ。

うーご

月100万円を超える動画編集者は、Web広告制作をメインにしている方が多いです!

④YouTubeディレクション:100,000円〜300,000円/月

crowdworks-direction
仕事内容YouTube企画の提案、動画チェック、運営全般
単価相場100,000円〜300,000円/月
納期約1ヶ月

YouTubeディレクションは、YouTubeの企画提案や編集者の動画チェックなど運営側の仕事です。正確には「動画編集の仕事」ではありませんが、動画編集者のキャリアアップ先として人気があります。

単価相場は1ヶ月あたり100,000円〜300,000円と、月額制で設定されることがほとんどです。

理由は、YouTube運営は短期間で成果の出るものではなく、最低3ヶ月は継続依頼しないと腕前を見極められないから。単発仕事の多い動画編集者ですが、YouTubeディレクションなら安定収入を得られます。

先述のとおり、YouTubeディレクションは動画編集者のキャリアアップ先として大人気です。挑戦したい方は、自分を信頼してくれるクライアントが現れたら「ディレクションもできます」と提案しましょう。

うーご

以上、動画編集の単価相場でした!

保有スキルや作業内容でかなり幅がありますね。

動画編集の報酬単価をアップさせる方法5つ

動画編集の報酬単価をアップさせる方法
動画編集の報酬単価をアップさせる方法

先ほど動画編集の単価相場を紹介しましたが、あくまで「相場」なので注意してください。

下記のコツを押さえれば、さらなる単価アップを目指すことは可能です。

動画編集の報酬単価をアップさせる方法

  • 徹底的にスキルを高める
  • 動画編集からスキルを広げる
  • クライアントの仕事を巻き取る
  • 顧客の実績・信頼を積み上げる
  • 仕事につながる人脈を広げる

上記について、それぞれ解説します。

①徹底的にスキルを高める

もっとも大切なのは、徹底的に動画編集の勉強をしてスキルを高めること。スキルを磨けば受注できる案件の幅が広がるため、動画編集者として収入を伸ばすうえで王道のやり方といえます。

基本的な動画編集スキルしかない場合、単価相場の低い「YouTube編集代行」しかできません。しかし高度なスキルがあれば、高単価の「アニメーション制作」や「Web広告制作」もできます。

一方で、基本的な編集スキルを伸ばして報酬単価を高める方法もあります。YouTube編集の専門家として稼いでいる事例もあるので、まずは「深さ」「広さ」のどちらを追求するか考えてみましょう。

うーご

難易度的には、動画広告やアニメーションまで幅を広げるほうが低いかなと。

②動画編集からスキルを広げる

動画編集から「ディレクション」「Webマーケティング」に、スキル幅を広げるのもおすすめです。

ディレクションスキルを身につけると、YouTube運営のような高単価案件を取りやすくなります。動画編集の仕事をたくさん受注して、それを自分で雇った動画編集者に割り振るのもありでしょう。

うーご

品質担保が「カギ」なので、高度なディレクション力が必須です。

対してWebマーケティングを勉強すると、Web広告制作など売上に直結する案件につながります。自身の動画編集スキルをSNSやブログで「売る」など、新たな収益化の仕組みをつくれるのも魅力です。

他にも、Webデザインやコピーライティングなど、動画編集と相性のよいスキルはたくさんあります。動画編集で報酬単価を伸ばすためには、常に勉強を続けてスキルを高めることが大切です。

③クライアントの仕事を巻き取る

クライアントの仕事を巻き取って、それを題材に単価交渉するのもおすすめです。「この仕事もできます」「この課題を解決します」と提案して、それと引き換えに単価アップの交渉をしましょう。

この作戦のすごいところは、動画編集の「継続案件」につながりやすいところです。

たとえば、世の中にはYouTube編集をできる動画編集者はたくさんいます。クライアントは「少しでも優秀な動画編集者に依頼したい」と考えているため、いつ契約を打ち切られてもおかしくありません。

しかし、動画編集に加えてYouTube運営やディレクションを巻き取れば、クライアントの仕事の「中枢」に潜り込むことが可能。重要なポジションに身を置けば、変えの効かない存在になれるでしょう。

うーご

言い方は悪いですが、クライアントに依存してもらうイメージです。

クライアントに「いまさら他の動画編集者に仕事を任せられない」と思わせれば大勝利です。多少無理のある単価アップ交渉でも、あなたに辞められたくないクライアントは応じてくれたりします。

④顧客の実績・信頼を積み上げる

動画編集者としての「実績」やクライアントからの「信頼」を積み上げるのも単価アップに効果的です。

似たイメージをもつかもしれませんが、両者が活躍する場面はそれぞれ異なります。

実績・信頼が活躍する場面

  • 実績:高単価案件の営業活動に効果的
  • 信頼:既存依頼の単価交渉に効果的

営業活動をするとき、クライアントはあなたの実績をチェックしています。

特に高単価案件はシビアで、「やる気だけはあります!」とアピールしても採用されません。「◯◯と××の実績があり、〜ができます!」と話せなければ、ライバルに仕事を奪われる可能性が高いです。

また、クライアントが単価交渉に応じるかは、それまでに積み上げてきた信頼に左右されます。

制作物の品質や納品までの速度、有益な提案力など、評価される要素はさまざまです。そのため少しでも「クライアントのためになる」と感じたことがあれば、積極的に行動することが大切でしょう。

うーご

残念ながら、実績・信頼を積み上げる「裏技」はありません。

まずは低単価案件から、コツコツ蓄積させることを意識してくださいね。

ちなみに実績は、営業活動時に「ポートフォリオ」を提出することでクライアントに伝えます。質を高めれば圧倒的に案件を取りやすくなるため、詳しいポートフォリオの作り方は下記記事をご覧ください。

あわせて読みたい
【受注率5倍】動画編集のポートフォリオの作り方を解説【初心者向け】
【受注率5倍】動画編集のポートフォリオの作り方を解説【初心者向け】

⑤仕事につながる人脈を広げる

人脈を広げることで、高単価の動画編集案件と出会える「確率」を高められます。映像業界では知り合いの紹介で仕事をもらえるパターンが多く、逆にひとりでは効率的に稼ぐのは困難です。

ここで大切なのが、先述した「信頼」になります。信頼できない動画編集者は誰にも紹介されないため、まずは特定のクライアントに全力で貢献して「この人なら大丈夫」と感じてもらいましょう。

うーご

信頼が前提にあるからこそ、「〜さんの紹介なら…」と高単価を設定してもらえます。

2024年7月現在、動画編集者が人脈を広げる方法はたくさんあります。SNSで交流したりオンラインサロンのメンバーになったりと手法はさまざまなので、自分に合ったやり方を探してみてくださいね。

「動画編集の単価は低い」は半分本当で半分嘘です

「動画編集の単価は低い」は半分本当で半分嘘です
「動画編集の単価は低い」は半分本当で半分嘘です

巷では、たびたび「動画編集は儲からない」「報酬単価が低い」といった意見が見られます。

こちらの実態について、現役の動画編集者の僕なりに回答をまとめてみました。

①「動画編集は報酬単価が低い」は半分本当で半分嘘

結論からいうと、「動画編集は報酬単価が低い」は半分本当で半分嘘です。

たしかに、先述したYouTubeの編集代行のような単純作業は、1件あたり5,000円〜10,000円と単価相場は安くなります。中には初心者を騙して1,000円〜2,000円で発注するクライアントもいるくらいです。

うーご

悪質なクライアントに振り回されると、身体的・精神的に消耗させられます。

一方で、1件50,000円〜100,000円の高単価案件があるのも事実です。前提として「高度なスキル」は必要ですが、ライバルに負けないくらい努力を重ねれば低単価案件に悩まされることはありません。

動画編集で稼げない人・稼げる人の特徴は、下記記事で詳しく解説しています。

あわせて読みたい
動画編集が稼げないわけがない!稼げる人・稼げない人の特徴を紹介!
動画編集の副業が稼げないわけがない!稼げる人・稼げない人の特徴を紹介!

【余談】動画編集者の単価相場は伸び続ける

余談ですが、僕は動画編集者の報酬単価は伸び続けると考えています。

下記は、一般財団法人デジタルコンテンツ協会が発表した「動画市場規模の推移」です。動画市場は7年間で約3倍の成長を遂げており、この伸びは今後も止まることはないと予想されています。

規模が大きくなるということは、すなわち市場内がお金で満たされるということ。結果的に動画編集者ひとりあたりの取り分が増えることになって、報酬単価が右肩上がりの伸びをしてくれるわけです。

うーご

動画編集が稼ぎやすくなったのは、僕自身も肌で感じています。

動画編集の将来性について、さらに詳しくは下記記事をご覧ください。

あわせて読みたい
【徹底分析】動画編集はなくなる?将来性・需要を統計データで解説!
【徹底分析】動画編集はなくなる?将来性・需要を統計データで解説!

②動画編集で高単価案件を獲得する方法は5つある

前提として、動画編集者が案件を受注する方法は下記のとおりです。

動画編集の案件の受注方法

  • クラウドソーシングを利用する
  • Youtubeやブログ経由で受注する
  • SNSでクライアントに営業をかける
  • エージェントサービスを活用する
  • 仲間・知り合いに紹介してもらう

初心者の方は、まずは大手クラウドソーシングのクラウドワークスから始めましょう。報酬単価は低めですが、未経験者OKの案件がたくさんあって気軽に「実績づくり」をできます。

そして2〜3件の実績ができたら、大手エージェントのクラウドテックに登録。初心者では取れない高単価案件が豊富ですが、クライアントにアピールできる実績があれば獲得できるでしょう。

うーご

クラウドワークスとクラウドテックは同社が運営しています。

1分あれば無料登録できるので、どんな案件があるかチェックしてみてください。

YouTube・SNS・ブログで発信すれば、将来的に「勝手に仕事が集まる状態」を目指すことも可能です。

動画編集の案件の取り方について、詳しくは下記記事で解説しています。

あわせて読みたい
【簡単!】動画編集の案件・仕事の取り方6選【未経験OKの探し方】
【簡単!】動画編集の案件・仕事の取り方6選【未経験OKの探し方】

③最速で高単価案件を取るならスクールがおすすめ

動画編集の高単価案件の取り方を解説しましたが、独学すると半年〜1年間の長い時間がかかります。中にはモチベーションを保てずに挫折して、これまでの努力を無駄にしてしまう方もいるくらいです。

最短で収入を伸ばしたい方は、動画編集スクールで実践的なスキルを身につけましょう。

スクールで動画編集を学ぶメリット

  • 実践的なカリキュラムで学べる
  • 現役の動画編集者が講師になる
  • 受講生仲間とスキルを高め合える
  • 案件につながる人脈を広げられる
  • 案件紹介ですぐに稼げるようになる

動画編集スクールでは、現役クリエイターの講師が実践的なノウハウを指導してくれます。わからないことを質問できたり受講生仲間と切磋琢磨できる環境もあり、挫折をおそれずに学習可能です。

案件紹介を受けられるのも大きな魅力。実績のない未経験者にとって「初案件獲得」は大きなハードルですが、スクールでは案件を取れるうえに効率的な稼ぎ方(単価交渉など)まで学べます。

うーご

僕自身、ヒューマンアカデミーで動画編集を勉強した経験があります。

おかげで月5万円をすぐに達成して、その後も月10万、20万と収入を伸ばせました。

特に口コミ・評判の良いスクールを調査したので、興味のある方は無料説明会に参加してみてください。

特におすすめの動画編集スクール3選

他の動画編集スクールと合わせて検討したい方は、下記記事をチェックしましょう。

あわせて読みたい
【評判あり】社会人向け!おすすめ動画編集スクール・講座21選を比較!【口コミ】
【評判あり】社会人向け!おすすめ動画編集スクール・講座18選を比較【口コミ】

動画編集の単価相場に関するよくある質問

動画編集の単価相場に関するよくある質問
動画編集の単価相場に関するよくある質問

最後に、動画編集の単価相場に関するよくある質問に回答します。

動画編集の単価相場に関するよくある質問

  • 1分・5分・10分の動画編集の単価相場は?
  • 動画編集で稼げるようになるまでの時間は?
  • 動画編集の副業・フリーランスの月収相場は?

他に気になることのある方は、ページ最下部のコメント欄から問い合わせてくださいね。

①1分・5分・10分の動画編集の単価相場は?

動画編集の単価は「作業量」「作業内容」で決まるため、一概に相場はいえません。

たとえば「10分の素材をカット編集で1分にまとめるYouTube案件」があったとします。このように基本スキルだけで短時間&簡単にできる案件は、1件〜2,000円と報酬単価も低くなりやすいです。

報酬「単価」が低いからといって、すべての案件が割に合わないわけではありません。上記作業を30分で終わらせる動画編集者からすれば、時給換算すると4,000円の好条件の仕事になります。

動画編集者として活動するなら、作業量・内容から逆算して時給計算するクセを付けましょう。

②動画編集で稼げるようになるまでの時間は?

動画編集で稼げるようになるまでの学習時間は150時間〜250時間が相場です。

たとえば大手動画編集スクールのDMM WEBCAMP 動画クリエイターコースでは、合計の学習時間を約170時間と定めています。僕が受講したヒューマンアカデミーの学習時間もほとんど同じでした。

注意点として、独学をする場合はさらに時間がかかる可能性が高いです。「学習計画を自分で立てる」「わからない部分を自己解決する」などのロスがあるため、多めに時間を見積もっておきましょう。

③動画編集の副業・フリーランスの月収相場は?

案件の報酬単価に開きがあるため、動画編集の副業・フリーランスの月収相場も一概にはいえません。

参考事例として、僕が動画編集の副業をしていたときの月収は「月10万円」でした。その後フリーランス独立しましたが、自分のペースで働いたのもあって「月20万円〜月50万円」まで幅がありましたね。

徹底的にスキルを磨いたり、毎月の稼働時間をがっつり確保している方の中には月100万円を突破している方も少なくありません。動画編集は、自分の努力量に合わせて収入が伸びる夢のある仕事です。

うーご

副業・フリーランスの動画編集者の始め方は下記記事をご覧ください。

あわせて読みたい
【完全版】動画編集の副業の始め方|未経験者が月5万円稼ぐ方法を解説
【完全版】動画編集の副業の始め方|未経験者が月5万円稼ぐ方法を解説
あわせて読みたい
フリーランス動画編集者になるには?失敗しない始め方を徹底解説!
フリーランス動画編集者になるには?失敗しない始め方を徹底解説!

まとめ:スキルを高めて動画編集の単価を伸ばそう!

まとめ:スキルを高めて動画編集の単価を伸ばそう!
まとめ:スキルを高めて動画編集の単価を伸ばそう!

今回は、現役動画編集者の僕が動画編集の単価相場や単価を伸ばすコツを解説しました。

動画編集の報酬単価をアップさせる方法

  • 徹底的にスキルを高める
  • 動画編集からスキルを広げる
  • クライアントの仕事を巻き取る
  • 顧客の実績・信頼を積み上げる
  • 仕事につながる人脈を広げる

上記の中でも、特に大切なのは「徹底的にスキルを高める」ことです。クライアントの実績・信頼を積み上げるのも、人脈を広げるのも、前提として高度なスキルがなければ話になりません。

そのため、まずはしっかりと動画編集を勉強して、高単価案件を取るための「地盤」を作り上げましょう。具体的な勉強方法は下記記事で紹介しているので、合わせてチェックしてみてください。

あわせて読みたい
【独学あり】実践してわかった!動画編集のおすすめ勉強方法6選!
【独学あり】実践してわかった!動画編集のおすすめ勉強方法6選!

今回は以上です。

  • この記事を書いた人
favicon

うーご

歴3年の専業ブロガー|最高月24万PVの「副業フリー」を運営中|企業メディア(月500万PV)のSEOマーケターやWebライタースクールの講師経験あり|ブログ記事の添削実績20名⤴︎|過去の添削は添削フリーへ|秘密のブログノウハウはnoteにまとめています

-動画編集の仕事