動画編集の仕事

動画編集の仕事の取り方は?誰でもできる案件の探し方〜獲得方法を解説

動画編集の仕事の取り方は?誰でもできる案件の探し方〜獲得方法を解説

https://fukugyo-free.com

この記事で解決できる悩み

  • 動画編集の仕事が取れない…
  • 案件の探し方〜獲得の流れを教えて
  • 高単価案件を獲得するコツが知りたい

本記事の信頼性

当ブログでは「お金・時間・場所に自由を」をコンセプトに、動画編集やブログの始め方・ノウハウを発信します。僕のプロフィールはこちら

動画編集の市場は、これまでも急成長を続け、そして今後も成長が見込まれています。

そんな中、多くの人が動画編集を学びスキルを身につけていますが、意外にも仕事の取り方について熟知している人は少ないです。

実際に僕自身も動画編集の仕事を探し始めた頃、まったく案件を獲得できず悩んでいた時期がありました。

そこで、本記事では過去の僕と同じような悩みを抱える方向けに、動画編集の仕事の取り方を徹底解説します。

高単価で案件を取るコツや仕事を取れない時の対処法についても解説しますので、参考にしてみてください。

うーご

それでは本題に入ります。

動画編集の仕事内容と報酬相場を紹介!

動画編集の仕事内容と報酬相場を紹介!

最初にざっくりと動画編集の仕事内容と報酬相場を紹介します。

①動画編集の仕事内容

動画編集の仕事内容は以下の通りです。

動画編集の仕事内容3つ

  • 動画のカット&繋ぎ合わせ
  • BGM・効果音の挿入
  • テキスト・テロップの作成

上記が基本的なスキルで、この3つさえあればYouTube動画編集の案件を取ることができます。

その他にも結構式の動画作成や動画広告編集など多くの仕事がありますが、多くのスキルが必要となるため、初心者の方はYouTube編集からはじめるのがおすすめです。

さらに他の仕事内容についても知りたい方は、以下の記事で詳しく解説しています。

>>副業の動画編集者ってどんな仕事?仕事内容や将来性、収入を徹底解説

②動画編集の報酬相場

YouTubeの動画編集案件は、1件あたり3,000円〜5,000円が報酬相場となります。

初心者の方ではなかなか単価を上げることは難しいですが、スキルや実績を積み上げることでより高い単価を獲得することも可能です。

ただし、YouTube動画編集だけでは単価が上がりづらいため、スキルを磨いたら別の案件にもチャレンジしましょう。

おすすめは動画広告編集です。1件あたり1万円を超えるものも多いため、大きく収入を伸ばすことができます。

動画編集の仕事の取り方/探し方5つ

動画編集の仕事の取り方/探し方5つ

早速、動画編集の仕事の取り方を5パターン紹介します。

動画編集の仕事の取り方5つ

  • クラウドソーシングサービスを利用する
  • Youtubeやブログ経由で受注する
  • SNSで直接営業する
  • フリーランス・副業エージェントを活用する
  • 知人に紹介してもらう

それぞれ見てきましょう。

①クラウドソーシングサービスを利用する

特に初心者の方は、クラウドソーシングサービスでプロジェクトに応募するのがおすすめです。

クラウドソーシングとは、「仕事を探している人」と「仕事を依頼する人」を一致させるプラットフォームを表します。

報酬が低い案件もありますが、初心者OKの案件も数多く存在しているため、まずはクラウドソーシングで実績を積みましょう。

特に有名なのはクラウドワークスとランサーズの2つです。まずはこの2つに登録しておけば、多くの案件から自分に合ったものを探すことができます。

②Youtubeやブログ経由で受注する

Youtubeやブログを通して受注するのも、仕事の取り方の1つとなります。

この方法のメリットは、ファンを獲得することさえできれば、安定して受注できることです。

アクセスを集めるまで時間がかかるデメリットはありますが、成功すれば24時間・年中無休でWeb上で自動集客してくれるため、良質なクライアントと出会うチャンスが広がります。

③SNSで直接営業する

SNSの活用も、動画編集の仕事獲得に効果的です。特にTwitterは相性が良いでしょう。

Twitterは文字が主体のSNSであるため、提案文・営業文などの文章によるアプローチと親和性が高いです。

特におすすめなのがYouTberへの営業です。多くのYouTuberがTwitterを通じてファンの獲得をしているため、積極的にDMを送ってみてください。

④フリーランス・副業エージェントを活用する

フリーランス・副業エージェントの特徴は、高単価な案件を扱っていることです。ここでは、クラウドソーシングでは実現が難しい高収入を目指すことができます。

さらに、個人ではなく企業が求人を出していることから、しっかりと要望以上の作品を納品すれば継続的に案件を獲得できる可能性も高いです。

ある程度の経験が求められる求人が多いため初心者にはおすすめできませんが、クラウドソーシングやSNSで経験や信頼を積みあげた後にチャレンジしてみてください。

⑤知人に紹介してもらう

Youtube運営や動画プロジェクトに関係する知人がいる方は、紹介をお願いしてみましょう。

たとえば、Youtubeを運営している知人がいる場合は、動画編集を手伝いを提案してみてください。

知人ならではの踏み込んだ指摘やアドバイスを受けられることも多いため、初心者の方にとっては大きな成長につながります。

動画編集の案件の探し方~獲得方法7ステップ

動画編集の案件の探し方~獲得方法7ステップ

それでは、具体的に案件の探し方〜獲得方法を見ていきましょう。

動画編集の案件の探し方~獲得方法7ステップ

  • 動画編集用のPC・ソフトを導入する
  • 編集の基礎を身につける
  • ポートフォリオを作成する
  • クラウドソーシングで案件を探す
  • 仕事が取れる提案分を作成する
  • 案件のジャンルを絞る
  • 信頼と実績を積んで次のステップへ

上記は僕がはじめてクラウドソーシングで案件を取った流れです。参考にしてみてください。

①動画編集用のPC・ソフトを導入する

本気で動画編集で稼ぎたいと考えるのであれば、専用のPC・ソフトは必須です。かなり高い買い物ですが、本格的に稼げるようになれば簡単に回収できるため、自己投資と割り切りましょう。

動画編集に適したPCの相場は20万円ほど、業界で一般的な編集ソフトのAdobe Premier Proは月額2,728円(月額)となります。

ちなみに、僕はPCはMacBook Pro、ソフトはAdobe Premiere Proを導入しました。値段は高いですが作業効率が格段に良くなったのでおすすめです。

②動画編集の基礎を身につける

次に、基本的な動画編集スキルを習得しましょう。体表的なものとしてはカット、テキスト挿入、BGM・効果音の挿入などが挙げられます。

これらのスキルを身につける方法としては、以下の3つが効果的です。

動画編集の勉強方法

  • 本で学ぶ
  • スクールで学ぶ
  • Youtubeを運営する

予算に余裕がある方はスクールに通うのがおすすめです。体型的に動画編集を学べるため、素早く稼ぐステップに移れます。

また、Youtube運営ではアップロードと改善を繰り返すことでポートフォリオにもなるため、こちらも効果的な方法といえます。

しかし残念ながら、動画編集は手を動かす作業がメインであるため、本による学習は向いていません。

それでも基礎を体型的に学ぶことはできるため、1冊読むだけで効率的にスキルを身につけることができるでしょう。

③ポートフォリオを作成する

初心者が案件を獲得する際、最も大切なのは「ポートフォリオ」です。

ポートフォリオとは、あなたの業績とスキルを要約したもので、クライアントに安心感や信頼感を与えるために必要となります。

ポートフォリオの定番は動画編集案件をの実績ですが、初心者の方が実績を載せるのは難しいかと思います

そのため、まずは自作の動画をポートフォリオにして1つ案件を獲得してください。そして、その案件で作成した成果物をすぐにポートフォリオに反映させましょう。

このようにポートフォリオのアップデートを続けることで、より高単価の案件獲得にもつながります。

④クラウドソーシングで案件を探す

それでは、案件を探していきましょう。初心者の方は、最初はクラウドソーシングで案件を探すのがおすすめです。

今回は、日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」で実際に募集している案件を1つ紹介します。

クラウドワークスの案件例

crowdworks-youtube

注目すべきポイントは「マニュアル完備」である点です。このような案件では発注者が動画編集スキルを持っていることが多く、初心者の方でもスキルを磨きながら稼ぐことができます。

また、「初心者OK」と記載されたプロジェクトも数多く存在するため、積極的に応募してみましょう。

⑤仕事が取れる提案文を作成する

プロジェクトに応募する際は、提案文が超重要です。良い提案文さえあれば、格段にプロジェクトの承認率を上げることができます。

良い提案と悪い提案の違いは以下の通りです。

  • 良い提案:相手の視点に立って提案している
  • 悪い提案:相手の希望や要望からずれている

少し分かりにくいかもなので、それぞれ例を紹介します。

良い提案文の例

  • 実績やスキルをたくさん記載している
  • 申請時にサンプル動画を作成して送信する
  • TwitterやYouTubeのリンクを貼る

悪い提案分の例

  • 成果やスキルの記載がない
  • ポートフォリオがない
  • 人となりが分からない

⑥案件のジャンルを絞る

初心者の方は、まずはジャンルを絞ることで圧倒的に案件を獲得できるようになります。

例えば、「YouTube動画編集、結婚式の動画作成、動画広告編集などができる」よりも、「YouTube動画編集のエキスパート」と自己PRする動画編集者の方が、クライアントから求められやすいです。

なぜなら、専門性のある人材は特定の業界からのニーズが高く、なおかつ集中的に自身のスキルを磨けるためです。

結果的に生産性も上がり効率的に稼げるようになるため、まずは1つか2つ程度にジャンルを絞りましょう。

⑦信頼と実績を積んで次のステップへ

最初の案件を受注できたら、徹底的にクライアントの利益に貢献して信頼を積み上げましょう。

「利益に貢献する」と言うと良質な動画を納品することをイメージするかもですが、それだけではなくスピード感も重要です。

たとえば、納期が1週間後であれば3日以内に納品するなど、この方法であれば品質に自信のない初心者の方でも信頼を集めることができます。

そして、2,3件ほど実績を積んだら、副業・フリーランスエージェントなど、次のステップに挑戦してみてください。

うーご

最初の案件はあまり選り好みしないのがポイントです。

信頼を積み上げれば、お金は後からついてきます。

動画編集で高単価案件を獲得するコツ3つ

動画編集で高単価案件を獲得するコツ

仕事の取り方をここまで紹介してきましたが、どうせなら高単価で案件を獲得したいと考える方が多いと思います。

そこで、ここでは高単価で案件を獲得するコツを3つ紹介します。

動画編集で高単価案件を獲得するコツ3つ

  • クライアントの仕事を巻き取る
  • スキルを磨く
  • 人脈を広げる

それぞれ解説します。

①クライアントの仕事を巻き取る

継続して1つのクライアントから仕事をもらえるようになったら、こちらから提案をして仕事を巻き取ることが重要です。

たとえば、動画編集のディレクションやYouTube運営など、動画編集以外の仕事まで担当することで、クライアントにとってあなたの存在が大きくなります。

最終的にクライアントに対して「他の人に業務依頼するなんて考えられない」と思わせることができれば、単価アップのお願いも聞き入れてもらいやすくなるでしょう。

②スキルを磨く

動画編集スキルを磨き、より専門性の高い人材となることで、高単価の案件を獲得できる確率は激増します。それに加え、動画編集以外のスキルを身につけることも効果的です。

たとえば、動画広告の案件には動画編集スキルの他にも、ユーザーのニーズに応えるマーケティングスキルが必須です。

「1つスキルを追求する」「動画編集の関連スキルを強化する」など選択肢はたくさんあるため、興味関心に合わせて成長していきましょう。

②人脈を広げる

「人脈を広げる」と言うと、飲み会やセミナーに参加するイメージがあるかもしれませんが、ここでは主にインターネット上の人脈についてお話しします。

ネット上では現実世界と比べて圧倒的に多くの人と関わることができるため、オンラインで仕事が完結する動画編集にうってつけの方法となります。

たとえば、Twitterでインフルエンサーと繋がったり、オンラインサロンでメンバーと仲良くなるなど、案件獲得に繋がる人脈はたくさんありますので、様々なコミュニティを活用してみてください。

うーご

いずれの方法でも、仕事をもらったら全力で貢献するのが必須事項です。

動画編集の案件が取れない理由は提案文にあり

動画編集の案件が取れない理由は提案文にあり

僕も、過去に案件がなかなか取れないと悩んでいた時期がありました。

その時の経験から、「動画編集の案件が取れない」と悩む方にお勧めしたいのが、提案文を見直しです。僕はこれによって、ほとんどの悩みを解消することができました。

主な見直しポイントは以下の3つです。

  • 相手の視点に立っているか
  • 敬語は正しく伝えているか
  • 発注内容に合った提案ができているか

自分をアピールすることに集中して、相手にどれだけの利益を与えられるか伝えられていない方をよく見かけます。

しかし、これでは案件獲得に繋がらないため、改めて相手に寄り添った提案文を考えてみましょう。

以下は、実際に僕がクラウドワークスで承認率を30%伸ばすことができた提案分のフォーマットです。

提案文例(コピペOK)

はじめまして。〇〇(あなたの名前)と申します。

ご依頼内容を拝見し、応募いたします。

【私のスキル・実績】

動画編集歴◯年です。主にYouTube編集や結婚式の動画作成を得意としています。

過去に受注した案件の動画は以下の通りです。

(URL1)

(URL2)

(URL3)

【ご要望事項について】

ご要望事項を2つ拝見したため、回答します。

・納期を守れる方

→2営業日以内に納品します。

・継続的に発注できる方

→フリーランスとして活動しているため、柔軟な対応が可能です。

【ご依頼内容のサンプル動画】

ご依頼内容について、以下のサンプル動画を作成しました。

(URL)

【自己PR】

以下のTwitterやYoutubeにて発信活動を行なっています。

作成動画も掲載しているため、ご確認いただけますと幸いです。

(TwitterアカウントURL)

(YouTubeアカウントURL)

うーご

コピペOKですが、クライアントの要望に合っているかは要確認です!

まとめ:正しい仕事の取り方で動画編集の稼ぐ力を伸ばそう

まとめ:正しい仕事の取り方で動画編集の稼ぐ力を伸ばそう

最後に、本記事で紹介した動画編集の仕事の探し方〜取り方を見てみましょう。

動画編集の仕事の取り方7ステップ

  • 動画編集用のPC・ソフトを導入する
  • 編集の基礎を身につける
  • ポートフォリオを作成する
  • クラウドソーシングで案件を探す
  • 仕事が取れる提案分を作成する
  • 案件のジャンルを絞る
  • 信頼と実績を積んで次のステップへ

動画編集で稼ぐためにはスキルと提案方法の地盤固めが重要です。

地味な作業ですが、最初にしっかりと取り組めば使い回すことができますので、この機会に取り組んでみてください。

最初は月1万円ですら難しいと感じるかもしれませんが、正しい手順で仕事を取れば月5万円も数ヶ月で達成できます。

そのためには焦らずコツコツと積み上げることが大切ですので、一緒に頑張っていきましょう。

今回は以上です。

-動画編集の仕事
-,