動画編集の仕事

未経験OK!副業の動画編集者の仕事内容を現役クリエイターが解説!

未経験OK!副業の動画編集者の仕事内容を現役クリエイターが解説!

この記事で解決できる悩み

  • 動画編集の副業ってどうなの?
  • 仕事内容や将来性、収入が知りたい。
  • 副業で動画編集を始める方法は?

本記事の信頼性

当ブログでは「お金・時間・場所に自由を」をコンセプトに、副業(動画編集やブログ)の始め方・ノウハウを発信します。僕のプロフィールはこちら

結論からいうと、動画編集は副業の中でも特におすすめです。

現代は、5Gの広まりやスマホ料金が値下がりによって、どこでも手軽に動画を楽しめる時代です。それに伴い、動画編集を仕事にする人のニーズは高まり続けています。

そこで、本記事では現役の動画編集者として活動する僕が、副業で動画編集をする方の仕事内容や将来性、収入について解説します。

動画編集者になる方法についても紹介するので、参考にしてみてください。

うーご

それでは本題に入りましょう。

副業の動画編集者の仕事内容

副業の動画編集者の仕事内容

まずは動画編集者の仕事内容を見ていきましょう。副業で動画編集をする方の多くは、以下の3つを生業としています。

動画編集の仕事内容3つ

  • 動画のカット&繋ぎ合わせ
  • BGM・効果音の挿入
  • テキスト・テロップの作成

詳しく解説します。

①動画のカット&繋ぎ合わせ

まずはクライアントから依頼された動画、もしくは自ら撮影した動画をPCに取り込み、カットと繋ぎ合わせの作業をします。

具体的には、使用できる動画と使用できない動画の選別を行うことで、少しずつユーザーの求める作品へ近づけるイメージです。

この工程は、動画編集の作業の中で最も時間がかかります。撮影時に予備として撮り置きした動画をすべてチェックしなくてはならないため、忍耐力が求められます。

また、カット&繋ぎ合わせはユーザに分かりやすく内容を伝える技術が必要となるため、常にユーザーの視点で考える力が必須です。

動画編集にかかる時間については、下記の記事で紹介しています。

あわせて読みたい
【時短術あり】動画編集にかかる時間は?31人のアンケート調査を大公開!
【時短術あり】動画編集にかかる時間は?31人のアンケート結果を大公開!

②BGM・効果音の挿入

動画をカット&繋ぎ合わせをして大まかな構成を作成後、BGMや効果音を挿入していきます。動画の印象が左右されるため、かなり重要な作業といえるでしょう。

編集の際には、視聴者のイメージを誘導し、共感を得られるBGMを入れることが大切です。

適切なタイミングで適切なBGM・効果音を挿入することで、動画のクオリティを向上させることを目指します。

③テキスト・テロップの作成

動画内にテキストやテロップを入れる作業も、動画編集の作業となります。この作業もBGMと同様に、視聴者に与える印象を大きく左右する重要な工程です。

ここでは、色々なテキストの字体やアニメーションを駆使して、動画をわかりやすく伝えます。

動画の種類によって最適なテキストやアニメーションは異なるため、対応力が求められる仕事内容といえるでしょう。

うーご

以上が副業の動画編集者の仕事内容です。

続いて実際の案件を見ながら仕事の流れを見ていきましょう。

副業で動画編集をする仕事の流れ【実際の案件を見ながら解説】

副業で動画編集をする仕事の流れ【実際の案件を見ながら解説】

ここでは副業で動画編集をする仕事の流れを、実際の案件を見ながら解説します。今回は2つの仕事に着目してみました。

動画編集の案件2つ

  • Youtubeの編集代行
  • ウェディングムービー作成

今回は、副業で案件を探すのに最もおすすめのクラウドワークスからピックアップしています。

①Youtubeの編集代行

crowdworks-youtube
仕事内容カット、効果音、BGM、テロップ付けなど
報酬5,000円〜10,000円
納期3日

Youtubeの動画編集代行の仕事の流れは以下の通りです。

仕事の流れ

  • 元動画が送付される
  • 編集
  • 納品
  • 修正

割とシンプルな流れですね。

案件によってはマニュアルを渡してくれるものもあるため、案件で稼ぎながら学びたい初心者の方に特におすすめといえます。

最初は、1本あたり5,000円くらいが相場ですが、継続して受注することで案件を受注することで単価アップも可能です。

納期が短いものが多いですが、継続して仕事をもらうため、厳守するようにしましょう。

②ウェディングムービー作成

crowdworks-wedding-movie
仕事内容動画撮影、カット、BGM挿入など
報酬15,000円程度
納期1週間

ウェディングムービー作成の仕事の流れは以下の通りです。

仕事の流れ

  • 元動画を入手
  • 編集
  • 納品
  • 修正

Youtube動画編集と基本的には同じ流れとなります。

ただし、これは僕が案件を受けた感想ですが、ウェディングムービー作成を依頼する方は、動画の品質をかなり重視する印象です。

また、案件によっては自ら結婚式に行って撮影を行う必要があるなど、仕事内容の幅が広くなるのも特徴となります。

基本的な動画編集スキルのみでは対応が難しいパターンもあるため、中級者向けの案件といえるでしょう。

動画編集の将来性・需要は?【結論:明るい】

動画編集の将来性・需要は?【結論:明るい】

ここまで動画編集の仕事内容や流れを解説してきましたが、将来性や今後の需要について気になる方も多いと思います。

結論からいうと、動画編集の仕事の未来は明るいです。その理由は2つあります。

動画編集の未来が明るい理由

  • 5Gが広まることで需要が爆発するから
  • インターネット広告が拡大しているから

今までは、動画を外で見ると多くのデータ容量が消費されていたため、「動画を見たいけど通信制限が…」と考える方が数多く存在しました。

しかし、5Gが始まり爆速でインターネットが使えるようになったことで、今後はより多くの人が場所や時間を問わずに動画を見るようになるでしょう。

また、インターネット広告費は拡大を続け、今ではテレビ広告を超える市場規模となっています。

テレビ・インターネット広告費の推移

上記は大手広告代理店・電通が発表したものです。インターネット広告の拡大は5Gと組み合わさることで、より多くの動画広告需要を生み出します。

このように、動画編集は様々な社会情勢が追い風になっており、将来性のある仕事だといえます。

動画編集の将来性について、くわしくは下記の記事で考察しています。

あわせて読みたい
【徹底分析】動画編集はなくなる?将来性・需要を統計データで解説!
【徹底分析】動画編集はなくなる?将来性・需要を統計データで解説!

動画編集者の収入は?どれくらい稼げるの?

動画編集者の収入は?どれくらい稼げるの?

動画編集を始めるか検討するにあたり、「どれくらい稼げるか」は重要なポイントですよね。

しかし、動画編集にはさまざまなスキルがあり、それぞれ案件報酬がことなります。そのため、一概に「収入は〇〇円」と言うことは難しいです。

具体例として、各動画編集の案件で稼げる金額を紹介します。これからどのようなスキルを身につけるかの参考にしてみてください。

案件別の稼げる金額

  • YouTubeの編集代行:5,000円/1本
  • ウェディングムービー作成:15,000円/1本
  • Web広告作成:10,000円/1本〜100,000円/本
  • YouTubeのディレクション:200,000円/月
うーご

身につけたスキルによってまったく報酬が違いますね。

ただし、一概にYouTube編集のような基本的なスキルでできる仕事は稼げないわけではなく、クライアントから信頼されれば報酬単価の高い仕事を依頼されるパターンもあります。

動画編集者の収入について、くわしくは以下の記事を参考にしてみてください。

あわせて読みたい
フリーランス動画編集者の収入は?報酬相場や単価を上げるコツも解説
フリーランス動画編集者の収入は?報酬相場や単価を上げるコツも解説

副業で動画編集をするメリット3つ

副業で動画編集をするメリット3つ

副業で動画編集をするメリットは3つです。

副業で動画編集をするメリット

  • 時間、場所にとらわれず働ける
  • 素早くスキルを習得して素早く稼げる
  • 専門スキルを身につけることで自信がつく

それぞれ見ていきましょう。

①時間、場所にとらわれず働ける

動画編集の副業は、時間や場所にとらわれずに仕事ができます。

例えば、クライアントから依頼された場合、納期さえ遵守すれば自由に働くことが可能です。

スキマ時間や休日に取り組むことができるため、特に忙しいサラリーマンや主婦の方にとっては大きなメリットといえます。

②素早くスキルを習得して稼げる

動画編集は専門スキルが必要であるため、学習のハードルが高く思われがちです。

しかし、他の人気の副業である「Webライティング」や「プログラミング」と比較すると、はるかに簡単にスキルを身につけることができます。

例えば、基本的な作業である「カット」や「テロップ入力」は、完全初心者の方でも1日あればマスターできるでしょう。

その他の基本スキルも簡単に習得できるため、早い段階で案件を獲得して、スキルを磨きつつ稼ぐことができます。

③専門スキルを身につけることで自信がつく

動画編集は、今後も需要が伸び続けることが予想されます。このような専門スキルを身につけることで、もし今の会社が明日なくなっても生きていけるだけの自信が身につきます。

元々、僕はクビになりたくない一心で会社に尽くすブラック企業の社員でしたが、動画編集スキルを身につけたことで、一気にキャリアの選択肢が広がりました。

将来性の高い専門スキルを学ぶことで、どのような環境でも生きていける自信と個人スキルを手に入れることができたわけです。

うーご

頼れるスキルが1つあるだけで、人生の”安定感”がかなり変わります。

また、これは完全に個人的な意見ですが、動画編集の仕事は本当に「楽しい」です。

個人的には最高のメリットなので、興味のある方は下記の記事をご覧ください。

あわせて読みたい
動画編集は楽しい!7つの魅力・やりがいを現役クリエイターが解説
動画編集は楽しい!7つの魅力・やりがいを現役クリエイターが解説!

副業で動画編集をするデメリット3つ

副業で動画編集をするデメリット3つ

動画編集はおすすめの副業ですが、デメリットも存在します。

副業で動画編集をするデメリット

  • 初期投資がかかる
  • 基本的なスキルだけでは稼げない
  • きつい場面、つらい場面もある

それぞれ見ていきましょう。

①初期投資がかかる

動画編集を副業にするためには、それなりの初期投資がかかります。

  • ハイスペックPC
  • 動画編集ソフト
  • スクールや本などの学習

動画編集に適したPCの相場は20万円ほど、さらに業界で一般的に編集ソフトのAdobe Premier Proは月額2,728円(月額)必要です。

また、動画編集の学習にかかる費用は人によって異なりますが、最もはやく学べるスクールに通った場合のコストは30万円ほどになります。

このように、動画編集には初期投資が必要であることが、1つ目のデメリットです。

②基本的なスキルだけでは稼げない

残念ながら、基本的な動画編集スキルを身につけただけでは、大きく稼ぐことは難しいでしょう。

例えば、副業で「1本5,000円のYoutube動画編集代行」を月に10本受注した場合、5,000×10=50,000円となります。

これより大金を稼ごうとすると、高い動画編集スキルやWebマーケティングスキルなどが必要となるため、学習にそれなりの時間を要します。

③きつい場面、つらい場面もある

時間や場所にとらわれず、自由に・気楽に働けるイメージの動画編集ですが、残念ながらきつい場面やつらい場面もあります。

僕が特に悩まされたのは以下の2つです。

  • 企画の完全修正が依頼される
  • 継続案件が見つかるまで常に営業が必要

クライアントと綿密に話し合って作成した動画が、例えば出演者のアクシデントによって完全修正になることは度々あります。文句を言いたくもなりますが、クライアントとの関係性を考えて、言いたいことを言えないクリエイターも多いでしょう。

また、継続案件が見つかるまでは常に営業が必要です。クラウドワークスで依頼者を探したり、求人に応募したりと、継続案件を得るまでは営業に時間をとられてしまうため、動画編集に集中できない期間が生まれてしまいます。

おそらく上記はほとんどの動画編集者が通る道なので、ある程度の覚悟は必要です。

動画編集者のきつさ・辛さについて、くわしくは下記の記事で解説しています。

あわせて読みたい
【断言】動画編集は間違いなくキツい仕事です【それでも僕が続ける理由】
【断言】動画編集は間違いなくキツい仕事です【それでも僕が続ける理由】
うーご

以上がデメリット3つです。

逆にこれらのおかげで、少ない競合のなかでお金を稼げるともいえます。

動画編集の副業に向いている人の特徴3つ

動画編集の副業に向いている人の特徴3つ

それでは、どのような人が動画編集の副業に向いているのでしょうか。その特徴は3つあります。

動画編集の副業に向いている人の特徴

  • 動画が好きな人
  • コツコツと作業したい人
  • 納期を守れる人

動画編集の向き不向きについては下記の記事でも解説しているので、詳細はこちらを読んでみてください。

あわせて読みたい
こんな人はやめとけ!動画編集に向いていない人の特徴7選を徹底解説
こんな人はやめとけ!動画編集に向いていない人の特徴7選を徹底解説!

①動画が好きな人

最も大切なのは、動画を好きなことでしょう。

どのような仕事でも、好きなことや夢中になれるものは、スキルの向上に期待ができるものです。

動画編集も同じで、動画が好きな人は、あまり興味を持っていない人と比べて格段に成長することができます。

②コツコツと作業したい人

動画編集の仕事は細かい作業が多く発生するため、コツコツと作業するのが好きな人は向いています。

例えば、BGMやテロップのズレや素材の配置など、修正を求められることは多々あります。

このような場面で細部にこだわることができるクリエイターが、ハイクオリティな動画を生み出すわけです。

③納期を守れる人

これは、Webライターなどのクライアントから受託するすべての仕事に共通します。

動画編集の仕事内容は、期日までに求められた動画を納品することであるため、納期を守ることは必須条件です。

どんなに高品質の動画を納品しても、納期を守ることができなければ継続的に依頼されないため、最も重視すべきポイントといえます。

未経験から副業で動画編集の仕事を始める3ステップ

未経験から副業で動画編集の仕事を始める3ステップ

動画編集をこれから始める方は、以下の3ステップで進めるのがおすすめです。

動画編集を始める3ステップ

  • 必要な機材、ソフトを揃える
  • 動画編集スキルを磨く
  • 仕事を獲得する

動画編集の副業を始める方法について、詳しくは以下の記事で解説しています。

あわせて読みたい
動画編集の副業を始める方法は?たったの1ヶ月で仕事を取れる3ステップ
【完全版】動画編集の副業の始め方|未経験者が月5万円稼ぐ方法を解説

【準備】必要な機材、ソフトを揃える

動画編集をするためには、最低限以下の3つが必要です。

  • ハイスペックなPC
  • 動画編集ソフト
  • スマートフォン

スマートフォンは撮影に使用します。動画編集を仕事にすると撮影をする機会は必ずありますので、準備しておきましょう。

また、PCや動画編集ソフトはかなりコストがかかりますが、これから副業で稼ぐ作業効率に影響が出るため、妥協せずに選ぶことが重要です。

参考までに、おすすめのPCと動画編集ソフトを紹介しますね。

おすすめの動画編集用PC

おすすめのPCは、MacBook Proです。

うーご

いろいろなPCを試してきましたが、なんだかんだ使いやすいです!

MacBook Proがおすすめな理由は、

  • スペックが高い
  • ディスプレイがきれい
  • おしゃれ(個人的な感想)

といった3つとなります。

もちろん、Windowsのような他のPCを使ってもOKです。しかし、最低でも以下のスペックを満たすPCを選びましょう。

WindowsMac OS
プロセッサーIntel®第6世代以降CPUIntel®第6世代以降CPU
RAM(メモリ)16GB​​16GB
GPU4GB4GB
HDの容量(ストレージ)高速SSD搭載高速SSD搭載
うーご

高価なPCは気が引けますが、それによって編集作業が効率化できればかなりコスパは良いかなと思います。

おすすめの動画編集ソフト

特におすすめの動画編集ソフトは「Adobe Premiere Pro」です。

Filcher’sさんや水溜りボンドさん、ヒカルさんといった超有名YouTuberも愛用している、超王道ソフトとなります。

Premiere Proは、世界でもっともプロの現場で求められる動画編集ソフトと言われています。そのため、動画編集者として案件を獲得する際に1番求められるのも、Premiere Proの使用スキルです。

また、Adobeソフトには

  • After Effects
  • Photoshop
  • Audition

といった動画編集に役立つソフトがたくさんあります。

そのため、動画編集者にはすべてのAdobeソフトが利用できる「Adobe CC」を購入する人が多いです。

しかし、Adobe CCを利用するためには年72,336円のコストがかかります。

高すぎる…

悩む人
うーご

全動画クリエイターが抱える悩みだね…

必要経費と割り切るしかない。

しかし、あまり知られてはいませんが、実はAdobe CCにはコストを抑える裏技があります。

それは、「Adobe認定スクールが販売している講座を買えば、Adobe CCが公式サイトのほぼ半額(39,980円)でついてくる」というもの。

そのため、これからAdobe CCを購入する人は、ぜひAdobe認定スクールを活用しましょう!

中には、「怪しい」と思った方もいると思うので、安さの理由は下記の記事で解説します。

あわせて読みたい
【完全版】Adobe CCを安く購入できる方法を徹底比較【ほぼ半額】
【2022年9月】Adobe CCを安く買う方法【アカデミック版で格安購入】

また、当サイトではPremiere Proをはじめて触る方向けに基本的な使い方も解説しているので、あわせて読んでみてくださいね。

あわせて読みたい
【完全版】40記事で深掘り!Premiere Proの使い方をわかりやすく解説!
初心者向け!Adobe Premiere Proの使い方を動画編集の流れに沿って解説

【勉強】動画編集スキルを磨く

次に、動画編集のスキルを磨きます。ここで学んだこと次第でこれから獲得できる案件内容が変わるため、超重要なステップです。

勉強方法には、よく以下の3つが挙げられます。

動画編集の勉強方法

  • 本で学ぶ
  • スクールで学ぶ
  • Youtubeを運営する

特におすすめの方法は、「スクールで学ぶ」ことです。なぜなら、スクールでは現役の動画クリエイターから実践的なスキルを学べたり手厚いサポートが受けられるため、余計なことを考えず学習だけに集中できるからです。

実際、僕はヒューマンアカデミーで動画編集を学びましたが、独学よりも圧倒的なはやさでスキルを身につけて、卒業後はすぐに案件を獲得できましたよ。

あわせて読みたい
【元受講生が語る】ヒューマンアカデミー動画クリエイター講座の口コミ・評判は?
【実体験】僕がヒューマンアカデミー動画クリエイター講座に通った感想【評判・口コミ】

下記は僕の経験やまわりの評判から厳選した、おすすめスクール3校です。

特におすすめの動画編集スクール3選

その他のおすすめスクールは下記の記事で紹介しているので、参考にしてみてください。

あわせて読みたい
【最新版】社会人におすすめの動画編集スクール・講座15選を徹底比較【口コミあり】
【評判あり】社会人向け!おすすめ動画編集スクール・講座20選を比較!【口コミ】

【稼ぐ】仕事を獲得する

ある程度スキルが磨かれたら、案件を獲得してみましょう。案件の獲得方法は以下の3つが代表的です。

動画編集の仕事の取り方

  • クラウドソーシングで応募する
  • SNSやYoutube、ブログ経由で受注する
  • フリーランス・副業エージェントを活用する

上から順にチャレンジしてみてください。

クラウドソーシングとは、「仕事を探している人」と「仕事を依頼したい人」をつなぐプラットホームのことで、比較的簡単に仕事を獲得できます。

逆に、フリーランス・副業エージェントは仕事獲得の難易度が高いですが、高い報酬を得ることが可能です。

うーご

少しずつステップアップしていきましょう!

案件の獲得方法について、くわしくは以下の記事を参考にしてみてください。

あわせて読みたい
【未経験OK】動画編集の仕事の探し方〜取り方をわかりやすく解説!
【初心者向け】動画編集案件の取り方&仕事の探し方6つを徹底解説!

まとめ:動画編集はこれから副業を始める方におすすめ

まとめ:動画編集はこれから副業を始める方におすすめ

動画編集は、これから副業を始める方に最初におすすめしたい副業の1つです。将来性、需要ともに申し分なく、スキル次第では大きく稼ぐこともできます。

このような専門スキルを1つでも持っているだけで、働く時間・場所の選択肢が大きく広がります。

結果的に心に余裕が生まれ、楽しく人生を送れますので、ぜひチャレンジしてみてください。

今回は以上です。

-動画編集の仕事