動画編集の始め方

動画編集の副業を始める方法は?たったの1ヶ月で仕事が取れる3ステップ

動画編集の副業を始める方法は?たったの1ヶ月で仕事を取れる3ステップ

この記事で解決できる悩み

  • 動画編集の始め方は?
  • 初案件の獲得方法が知りたい
  • 動画編集者に必要なマインドは?

本記事の信頼性

当ブログでは「お金・時間・場所に自由を」をコンセプトに、動画編集やブログの始め方・ノウハウを発信します。僕のプロフィールはこちら

副業で動画編集を始めようと考えている方の中には、「具体的に何から始めたらいいのか分からない」と悩んでいる方も多いでしょう。

僕自身も、動画編集を始める前はPCや編集ソフト、勉強方法など色々なことを考えすぎて、本当に時間を無駄にしていました。

そこで、本記事では動画編集の始め方を具体的に解説します。

僕自身の体験談をもとに、たったの1ヶ月で初案件獲得する方法を紹介しますので、参考にしてみてください。

うーご

本記事を読んだ後はさっそく行動してみてくださいね。

動画編集の始め方の目次から読みたい方は、こちらをクリックすれば移動できます。

動画編集の副業ってどんな仕事?

動画編集の副業ってどんな仕事?

最初に、動画編集の副業はどのような仕事なのか見ていきましょう。

動画編集者の仕事の種類

動画編集者の仕事には、多くの種類があります。

動画編集の仕事5つ

  • Youtubeの編集
  • ウェディングムービー作成
  • Web広告の動画編集
  • 企業のCM動画作成
  • アーティストのMV作成

上記はほんの一部で、その他にもたくさんの仕事が存在します。

動画編集はPCさえあればできる副業です。そのため、最近では副業として動画編集を始めるサラリーマンや主婦の方が増えてきています。

そして、この流れはこれからも続くことが予測されており、競合が少ない今のうちに始めるのがおすすめの副業といえるでしょう。

具体的な仕事内容については、以下の記事で詳しく解説しています。

参考記事>>副業の動画編集者ってどんな仕事?仕事内容や将来性、収入を徹底解説

動画編集の仕事の流れ

動画編集者の仕事の流れは、以下のイメージです。

動画編集者の仕事の流れ

  • PCに動画を読み込む
  • カット・繋ぎ合わせをする
  • BGM・効果音を挿入する
  • テロップ・テキストを作成する
  • 動画を書き出して納品する

ただし、実際には仕事の種類によって仕事の流れは異なります。中には撮影やディレクションなどのスキルが求められる案件も存在するため、一概には言えません。

そのため、同じ動画編集者でもそれぞれ得意分野や働き方に違いがあることは、認識しておいてください。

うーご

上記の流れは、基本的なクライアントワークの流れですね。

動画編集の副業を始めるメリット3つ

動画編集の副業を始めるメリット3つ

動画編集の副業を始めるメリットは3つあります。

動画編集者の仕事の流れ

  • 時間・場所にとらわれず働ける
  • 将来性のあるスキルが身につく
  • 素早くスキルを習得して稼げる

それぞれ詳しく解説します。

①:時間・場所にとらわれず働ける

動画編集者は、好きな時に・好きな場所で働くことができます。

例えば、クライアントから案件をもらった場合、納期さえ守れば時間を場所を自由にカスタマイズすることが可能です。

スキマ時間や休日に取り組めるため、忙しいサラリーマンや専業主婦の方にもおすすめの副業といえるでしょう。

動画編集者の中には、世界各地を旅しながら仕事をしている人もいます。それくらい自由度の高い仕事です。

うーご

『ノマドワーカー』を呼ばれる人たちのことですね。

②:将来性のあるスキルが身につく

動画編集スキルは、将来性のあるスキルです。これからも需要が伸び続けると予想されています。

下記は、これまでの動画市場規模の推移を表したグラフです。これを見ると、2015年〜2021年にかけて約3倍に市場規模が拡大していることが分かります。

動画市場規模の推移

今後は5Gが広まり、これまで以上に動画の需要は増えるでしょう。そして、動画編集スキルを身につけた人材のもとへ、たくさんの仕事が寄せられるわけです。

動画編集の将来性については以下の記事で考察していますので、参考にしてみてください。

参考記事>>動画編集の仕事は将来性あり!今後の需要を統計データを見ながら解説

③:素早くスキルを習得して稼げる

動画編集スキルは、「Webライティング」や「プログラミング」などの他の副業スキルと比較して、圧倒的に習得しやすいです。そのため、初心者でも素早くスキルを身につけて、稼ぐステップに進むことができます。

例えば、「カット」「テロップ入力」などの基本スキルは、完全初心者でも数時間もあれば習得できます。その他の基本的なスキルについ、も、集中的に勉強すれば1ヶ月かからず身につけることが可能です。

基本的なスキルさえあれば案件を獲得することは可能であるため、すぐに行動すれば1ヶ月後には稼ぐことができます

うーご

迷う時間がもったいないですね。

動画編集の副業はどれくらい稼げるの?

動画編集の副業はどれくらい稼げるの?

動画編集者は、かなり稼げる副業です。しかし、簡単な作業だけの仕事では報酬が低いため、スキルを磨かなければ稼げません。

以下は、動画編集者がそれぞれの仕事で稼げる金額です。

動画編集者の仕事と収入

  • YouTubeの編集代行:5,000円/1本
  • ウェディングムービー作成:15,000円/1本
  • Web広告作成:10,000円/1本〜100,000円/1本
  • YouTubeのディレクション:200,000円/月

これを見ると、動画編集者の中でも大きな収入格差が生まれていることが分かるでしょう。

動画編集は稼げる副業ですが、簡単なスキルで大儲けできるような副業ではなく、地道な努力とスキルアップが大切です。

うーご

これはどんな仕事でも同じかもしれませんね。

動画編集者の収入については以下の記事でも詳しく話していますので、参考にしてみてください。

参考記事>>動画編集の副業は儲からない?平均収入や単価を上げるコツを徹底解説

動画編集の副業を始める方法〜案件を獲得する方法は3ステップ【1ヶ月】

動画編集の副業を始める方法〜案件を獲得する方法は3ステップ

動画編集の副業を始める方法〜案件を獲得する方法は、3ステップで完了します。

動画編集の副業を始める方法〜案件を獲得する方法

  • PC・編集ソフトを用意する
  • 動画編集を勉強する
  • 初案件を獲得する

最初に初期投資をして、次に動画編集の知識やスキルを身につけます。その後、習得した知識・スキルを活かして、初案件を獲得します。

上記では具体的な部分がまったく分からないと思いますので、ここからは詳細を解説していきます。

ステップ①:PC・編集ソフトを用意する

ステップ①:PC・編集ソフトを用意する

まずは、動画編集に必要なものを揃えましょう。最低でも必要なのは、PCと編集ソフトです。

動画編集を始める前の僕は、ここで以下のような疑問を持っていました。

  • 初期投資はどれくらいかかるの?
  • PCのスペックはどれくらい?
  • おすすめの動画編集ソフトは?

同じ悩みを持った方へ向けて、詳しく解説します。

①:動画編集を始める初期費用はどれくらい?

動画編集を始める時の初期投資は、約20万円だと考えればよいでしょう。

内訳は以下の通りです。

動画編集の初期投資

  • PC:20万円
  • 編集ソフト:3,000円/月

ほとんどがPCに占められているため、この後紹介するスペックを満たしたPCを持っていれば、初期投資はわずかです。

また、もし多くの初期投資が必要だとしても、案件さえ獲得すれば簡単に回収することができるため、その点はご安心ください。

②:おすすめのPCは?最低限必要なスペックは?

動画編集で使用するPCは、Windows・Mac OSのどちらでも問題ありません。

ただし、動画編集はPCに大きな負荷をかけるため、以下の4つのポイントに注意してPCを選ぶ必要があります。

動画編集用PCを選ぶポイント

  • プロセッサー
  • RAM(メモリ)
  • GPU
  • HDの容量(ストレージ)

今回は、動画編集の王道ツールであるPremiere Proに求められる最小スペック・推奨スペックを見ていきましょう。

最小スペック

WindowsMac OS
プロセッサーIntel®第6世代以降CPUIntel®第6世代以降CPU
RAM(メモリ)8GB​​8GB
GPU2GB2GB
HDの容量(ストレージ)8GB8GB

上記のPCでも、動画編集はできます。

しかし、PCが重くて作業効率が悪くなることを考えると、以下のスペック以上のPCがベストです。

推奨スペック

WindowsMac OS
プロセッサーIntel®第6世代以降CPUIntel®第6世代以降CPU
RAM(メモリ)16GB​​16GB
GPU4GB4GB
HDの容量(ストレージ)高速SSD搭載高速SSD搭載

個人的には、最小スペックを満たしたPCさえ持っていれば、推奨スペックのPCを購入する必要はないと思っています。

それより、スクールなどに投資して素早く稼ぐステップに移りましょう。推奨スペックのPCは、稼げるようになってから買えばOKです。

うーご

ちなみに僕はMacbook Proを使用していますが、本当におすすめです。

予算に余裕があれば検討してみてください。

③:おすすめの動画編集ソフトは?

Adobe Premiere Pro

動画編集ソフトは、圧倒的に「Adobe Premiere Pro」がおすすめです。

その理由は、ユーザー数の多さにあります。Premiere Proは多くのクリエイターやが愛用しているため、受けられる案件の幅が圧倒的に広くなります。

うーご

HIKAKINさんや水溜りボンドさん、瀬戸弘司さんといったトップYouTuberも利用しています!

「Pro」と名前についているのでプロ向けのソフトだと思うかもですが、そんなことはありません。むしろ、動画編集初心者だからこそ、Premiere Proの価値を感じられるでしょう。

無料ソフトではできない理想の表現が、Premiere Proでは簡単に実現できます。そのため、これから動画編集スキルを本気で磨きたいと考えるのであれば、最初に導入すべきソフトだと断言できます。

ちなみに、料金はPremiere Pro単体は2,728円/月、Adobeのほぼ全てのソフトが利用できるCreative Cloudコンプリートプランは6,248円/月です。

うーご

Premiere Pro単体なら1日90円で利用できるイメージですね。

ステップ②:動画編集スキルを磨く

ステップ②:動画編集スキルを磨くステップ②:動画編集スキルを磨くステップ②:動画編集スキルを磨く

機材の用意ができたら、動画編集を学んでスキルを磨いていきましょう。

特におすすめの勉強方法は以下の3つです。

動画編集の勉強方法

  • 本で学ぶ
  • スクールに通う
  • YouTubeを運営する

それぞれのメリット・デメリットを見ていきましょう。

①:本で学ぶ

世の中には、動画編集関連の本がたくさん出版されています。値段も高くないため、コストを抑えながらスキルを身につけることが可能です。

ただし、僕は本で動画編集を学ぶのはおおすすめしません。

その理由は2つあります。

  • 効率が悪い
  • モチベーションが続かない

本で動画編集を学ぶ場合、本に書かれていない不明点はすべて自分の力で調べなくてはなりません。これにより、学習スピードが遅くなることは言うまでもないでしょう。

また、本による独学は自己管理が大変です。僕も最初は本で学ぼうとしましたが、勉強のモチベーションが上がらずに断念しました。

うーご

自分から勉強するために本を開くって大変・・・

②:スクールで学ぶ

動画編集は、スクールで学ぶこともできます。個人的には1番おすすめの方法です。

動画編集で学ぶメリットは以下の3つとなります。

スクールで動画編集を学ぶメリット

  • 短期間で学べる
  • 挫折しにくい環境がある
  • 転職・副業サポートが受けられるスクールもある

動画編集スクールでは、短期間で必要な知識を学ぶことができます。カリキュラムが用意されているのに加えて分からないことは講師に質問できるため、効率的な学習が可能です。

中には、メンタリングサポートであなたの挫折を防いでくれるスクールもあります。転職・副業サポートも用意されているスクールであれば卒業後のキャリアも安心ですよね。

うーご

ちなみに、僕はスクールで動画編集を学びました!

③:YouTubeを運営する

YouTubeを運営することで、本・スクールで学んだ知識をアウトプットすることができます。

運営する中で新たな気づきがあったり、クライアントの気持ちが理解できるようになったりとメリットが大きいため、ぜひチャレンジしてみてください。

うまくチャンネルを拡大すれば収益が発生するため、収入の柱を増やすこともできますよ。

うーご

以上が動画編集の勉強方法です!

1ヶ月ほど集中して学べば基本的なスキルは身につくと思うので、最後に案件を獲得してみましょう!

ステップ③:初案件を獲得する

ステップ③:初案件を獲得する

1ヶ月くらい全力で勉強して基本的な動画編集スキルを身につけたら、いよいよ案件を獲得していきます。

初案件を獲得するまでの流れは、以下の通りです。

初案件を獲得するまでの流れ

  • ポートフォリオを作成する
  • クラウドソーシングで案件を探す
  • 仕事が取れる提案文で営業する

それぞれ解説します。

①:ポートフォリオを作成する

ポートフォリオとは、あなたの実績やスキルをクライアントに伝えるものです。クライアントはポートフォリオを見て仕事を依頼するか判断するため、案件を獲得するためには重要なものとなります。

しかし、ここで問題が発生します。それは、「初心者の方には載せる実績がない」ということです。

そのため、まずは動画を自作して、あなたについて分かりやすく伝えるポートフォリオを作成しましょう。作成時は、以下の3つを内容に含めるのがおすすめです。

初ポートフォリオに含める内容

  • プロフィール
  • 使用可能なソフト
  • 得意とする編集の雰囲気

ポイントは、作成した動画からもあなたの持つスキルが伝わる内容にすることです。

あなたの人柄やスキルをクライアントに分かりやすく伝えることができれば、実績がなくても案件を獲得することができるでしょう。

うーご

僕も最初は実績がなかったので、上記のポートフォリオを作成して仕事を取りました。

②:クラウドソーシングで案件を探す

次に、案件を探していきます。探し方は色々ありますが、最初はクラウドソーシングを活用するのがおすすめです。

例えば、日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」では、以下のような求人が公開されています。

クラウドワークスの案件例

crowdworks-youtube

初案件を探す時は、以下の2つに注意してください。

初案件を探す時の注意ポイント

  • マニュアルありの案件を探す
  • 報酬にこだわらない

初心者の方はマニュアルありの案件を選びましょう。マニュアル完備している仕事は書かれた通りに仕事をすればOKなので、採用してもらえる可能性が高くなります。

また、初案件では報酬にこだわらず、とりあえずやってみるのがおすすめです。案件の獲得そのものが実績となるため、まずは2、3件の実績を積み上げた後で高単価の案件を狙いましょう。

③:仕事が取れる提案文で営業する

募集したい案件が見つかったら、実際に応募していきましょう。

その時に大切なのが提案文です。良い提案文を書くことによって、プロジェクトの承認率は格段に上げります。

良い提案文・悪い提案文の違いは以下の通りです。

良い提案文・悪い提案文の違い

  • 良い提案:相手の視点に立っている
  • 悪い提案:相手の希望や要望からずれている

少し分かりにくいかもなので、それぞれの例を紹介します。

良い提案文の例

  • 実績やスキルをたくさん記載している
  • 申請時にサンプル動画を作成して送信する
  • TwitterやYouTubeのリンクを貼る

悪い提案分の例

  • 成果やスキルの記載がない
  • ポートフォリオがない
  • 人となりが分からない

また、僕は提案文のフォーマットを作成して、それを案件に合わせてカスタマイズしながら活用しました。下記は、そのフォーマットとなりますので、ぜひ活用してみてください。

うーご

もちろんコピペOKです。自分なりのカスタマイズをしてみましょう。

提案文例(コピペOK)

はじめまして。〇〇(あなたの名前)と申します。

ご依頼内容を拝見し、応募いたします。

【私のスキル・実績】

動画編集歴◯年です。主にYouTube編集や結婚式の動画作成を得意としています。

過去に受注した案件の動画は以下の通りです。

(URL1)

(URL2)

(URL3)

【ご要望事項について】

ご要望事項を2つ拝見したため、回答します。

・納期を守れる方

→2営業日以内に納品します。

・継続的に発注できる方

→フリーランスとして活動しているため、柔軟な対応が可能です。

【ご依頼内容のサンプル動画】

ご依頼内容について、以下のサンプル動画を作成しました。

(URL)

【自己PR】

以下のTwitterやYoutubeにて発信活動を行なっています。

作成動画も掲載しているため、ご確認いただけますと幸いです。

(TwitterアカウントURL)

(YouTubeアカウントURL)

以上が動画編集を始める方法〜初案件の獲得方法です。

以下の記事では、クラウドソーシング以外の仕事の取り方や、単価アップの方法について解説していますので、何件か仕事をした後に読んでみてください。

参考記事>>動画編集の仕事の取り方は?誰でもできる案件の探し方〜獲得方法を解説

うーご

お疲れ様でした!これから頑張っていきましょう!

動画編集者に1番大切なマインドは”決して諦めない”こと

動画編集者に1番大切なマインドは”決して諦めない”こと

最後に精神論になりますが、動画編集者に1番大切なのは、決して諦めない心です。

これから動画編集を始めるあなたは、おそらく何度も挫折しそうになると思います。

  • 案件が取れなかったり
  • 低賃金でこき使われたり
  • 学習のモチベーションが下がったり

などなど、多くの理想と現実のギャップに直面するでしょう。

そんな時に大切にして欲しいマインドが、決して諦めないことです。

最初から結果を出せる人はいません。しかし、決して諦めず、今日の自分が昨日より成長できるよう改善すれば、少しずつ目標達成に近づけます。

うーご

常に前向きでいれることは、それだけでも大きな武器になります!

まとめ:動画編集の副業を始めて収入の柱を増やそう

まとめ:動画編集の副業を始めて収入の柱を増やそう

本記事では、動画編集の副業を始める方法について解説してきました。

動画編集の副業を始める方法〜案件を獲得する方法

  • PC・編集ソフトを用意する
  • 動画編集を勉強する
  • 初案件を獲得する

動画編集の副業を始めることで、あなたの収入の柱は1本増えたことになります。得たスキルをYouTubeやブログで活かせば、何本もの柱を増やすことができるでしょう。

今の時代、会社員にも100%の安定はありません。つまり、もし明日会社をクビになったとしても自分や家族の身を守れるよう、たくさんの収入の柱を用意することが大切です。

そのためにも、まずは動画編集スキルを磨いてください。地道な努力が活きる仕事なので、コツコツ頑張っていきましょう。

今回は以上です。

-動画編集の始め方
-, ,