動画編集の仕事

【断言】動画編集は間違いなくキツい仕事です【それでも僕が続ける理由】

【断言】動画編集は間違いなくキツい仕事です【それでも僕が続ける理由】

この記事で解決できる悩み

  • 動画編集ってキツい仕事なの?
  • キツくても始める価値はあるの?
  • 動画編集者になる方法を教えて!

本記事の信頼性

当ブログでは「お金・時間・場所に自由を」をコンセプトに、動画編集やブログの始め方・ノウハウを発信します。僕のプロフィールはこちら

結論から言うと、動画編集は間違いなくキツい仕事です。会社員・フリーランス・副業など働き方は色々ありますが、それぞれに違ったキツさがあります。

これを聞いたあなたは、「動画編集を始めるのはやめよう」と思うかもしれません。しかし、僕はたとえキツくても始めるべき理由が、動画編集の仕事にはあると考えています。

本記事では動画編集の仕事がキツい理由を会社員・フリーランスの視点から解説します。それでも僕が動画編集を続ける理由も体験談を交えて紹介しますので、参考にしてみてください。

うーご

早速、本題に入りましょう。

動画編集の仕事がキツい理由3つ〜会社員編〜

動画編集の仕事がキツい理由3つ〜会社員編〜

まずは、会社員として働く動画編集者が特にキツいと感じるポイントを3つ紹介します。

動画編集の仕事がキツい理由〜会社員編〜

  • 労働時間が長い
  • 給料が安い
  • クセのある人が多い

映像制作会社で働く友人にインタビューできましたので、生の声をお届けします。

①労働時間が長い

動画編集に限らず、クリエイティブ系の仕事では長時間労働が当たり前の風潮があります。

その最大の理由は、仕事を受注しすぎることです。例えば、「プロデューサーが社内の人手が足りないにも関わらず、どんどん仕事を取ってしまう」なんて光景が、映像制作系の会社ではよく見られます。

仕事には納期があるため、間に合わない仕事は労働時間を伸ばして対応します。その結果、基本的に深夜まで作業をすることになる上、休日がなくなることも少なくありません。

うーご

ほぼ家に帰れず、会社に寝泊まりする生活が1ヶ月近く続くこともあるようです。

②給料が安い

映像制作会社のほとんどは、みなし残業制度を導入しています。

みなし残業制度とは?

あらかじめ給料に一定時間分の残業代を含める制度。固定残業制度とも呼ばれる。

例えば、「みなし残業60時間」と規定されている場合、支払われる残業代は60時間分です。それ以上の残業代が支払われることはありません。

そして、先述のとおり映像制作会社は長時間労働が基本です。友人は月150時間近く残業したこともありますが、手にした残業代は60時間分のみでした。

このように、映像制作会社での仕事は、労働時間のわりにほとんど稼げない仕事となっています。

うーご

どんなに頑張っても給料が増えないのは、キツいですね…

③クセのある人が多い

僕も周りの人を見ていて感じますが、動画編集関係の仕事をする人は良くも悪くもこだわりが強く、クセのある人が多いです。

そのせいか、映像制作系の会社では他の業界の会社と比べて人間関係のトラブルが多発します。

うーご

個人のセンスや感性が前面に出る仕事なので、衝突は避けられないのかもしれません。

フリーランスは、一緒に働く人を選べるので問題ありません。

しかし、会社員は共に働く人を選べず、なおかつ社内で長い時間を過ごすことになるため、自分と合わない人と働くのがストレスに感じる方も多いでしょう。

動画編集の仕事がキツい理由3つ〜フリーランス編〜

動画編集の仕事がキツい理由3つ〜フリーランス編〜

次に、フリーランスの動画編集がキツいと感じるポイント3つを見ていきましょう。

動画編集の仕事がキツい理由〜フリーランス編〜

  • 継続案件がないと営業が大変
  • 動画編集スキルだけでは稼げない
  • クライアントの一声で仕事が増える

会社員とはまた違ったキツさがありますので、参考にしてみてください。

①継続案件がないと営業が大変

フリーランスの動画編集者は、基本的に営業活動をしなければ仕事をもらうことができません。

その後、継続的に仕事を依頼してくれるパートナーと出会えればOKですが、単発の仕事しかもらえない場合はいつまでも営業活動を続けることになります。

営業活動をしていると、

  • 理不尽な要望
  • 報酬の未払い
  • ブラック案件

このような案件と出会って消耗します。

そのため、フリーランスの動画編集者は継続案件が見つかるまでの間、精神的にキツいと感じることが多いでしょう。

うーご

さらに、継続案件がないと収入が安定しないのもデメリットの1つですね。

動画編集の案件獲得方法については以下の記事で解説しているため、参考にしてみてください。

参考記事>>動画編集の仕事の取り方は?誰でもできる案件の探し方〜獲得方法を解説

②動画編集スキルだけでは稼げない

フリーランスの動画編集者が稼ぐためには、様々なスキルが必要です。

  • 営業
  • 撮影
  • YouTube運営
  • ディレクション
  • Webマーケティング

上記の他にも色々なスキルが求められます。

もちろん、動画編集スキルだけを極めて大きく稼ぐことも可能です。しかし、多くの人が参入している競争率も高い市場であるため、イバラの道であることは間違いありません。

そのため、「動画編集だけに集中したい」と考えている方にとって、フリーランスの動画編集者はキツい仕事だといえるでしょう。

③クライアントの一声で仕事が増える

先述の通り、継続案件を持たないフリーランス動画編集者は営業活動が必須であることに加え、安定した収入を得ることもできません。

そのため、何とかしてクライアントから継続的に仕事を依頼してもらおうと、絶対服従のように言いなりになってしまう編集者の方も少なくありません。

その結果、まともな報酬を得られずに、急な方針の見直しや制作物の作り直しなどの被害にあう初心者の方は本当に多いです。

うーご

僕も昔、編集した動画がクライアントの都合で使えなくなり、すべての編集をやり直した経験があります。

追加報酬もなかったため、時給50円くらいしか貰えなかった記憶が…

この課題は、あなたが”クライアントを選ぶ立場であること”を認識すればクリアできます。しかし、フリーランスになりたての方にとって、簡単なことではないでしょう。

【体験談】それでも僕が動画編集の仕事を続ける理由5つ

【体験談】それでも僕が動画編集の仕事を続ける理由5つ

ここまで動画編集者がキツい理由を紹介してきました。正直、「動画編集者になるのはやめよう」と思った方も少なくないかもしれません。

しかし、僕はそれでも続ける価値が動画編集の仕事にはあると考えています。その理由は5つです。

僕が動画編集を続ける理由

  • 仕事が楽しいから
  • 将来性があるから
  • 仕事をする人を選べるから
  • スキルさえあれば稼げるから
  • 時間・場所の自由が手に入るから

体験談を交えつつ紹介しますので、参考にしてみてくだください。

①仕事が楽しいから

動画編集楽しい。これ以上の動画編集を続ける理由はありません。

自分の感性やセンスで笑いや感動を生み出し、ユーザーを動かすことができる動画編集の仕事は、本当に楽しいです。

ブログなどでも似たようなことは可能ですが、動画編集の仕事はよりユーザーの声を聞きやすいのもポイント。

例えば、YouTubeで「編集がすごい!」といったコメントをいただけると、本当に幸せな気持ちになれます。

②将来性があるから

動画編集の仕事は将来性があり、今後も需要が伸び続けると考えられています。

以下は、動画市場規模の推移を表したグラフです。2015年〜2021年にかけて約3倍に市場規模が拡大していることが分かります。

動画市場規模の推移

さらに、5Gや在宅勤務の広まることによって、今後もさらに動画を視聴する人は増え続ける見込みです。

このように将来性のある業界でスキルを身につけることによって、例えば明日会社をクビになったとしても生活できるだけの力を手にすることができます。

「終身雇用制度が崩壊する」と言われている日本において、このような個人スキルが必須となる時代はすぐそこでしょう。

③仕事をする人を選べるから

一緒に仕事をする人を選べるのは、動画編集の仕事の大きなメリットです。

僕は現在、自分と性格や価値観が合うクライアントだけと仕事をしています。

最初の営業では苦労しましたが、色々なクライアントの依頼を受けて、相性の良い方の仕事だけを残した結果、今の環境を手にすることができました。

うーご

好き嫌いもですが、自分のキャリアなど色々な観点から仕事相手を選ぶのがポイント。

そのため、「好きな人に囲まれて働きたい」「嫌いな人と無理して話したくない」と考える僕のようなタイプの方は、動画編集の仕事が向いているといえるでしょう。

④スキルさえあれば稼げるから

先述の通り、動画編集のスキルだけでは稼ぐことは難しいです。しかし、それは裏を返せば動画編集以外のスキルを身につけさえすれば稼げるということ。

先ほど、動画編集以外のスキル例として、以下の5つを紹介しました。

  • 営業
  • 撮影
  • YouTube運営
  • ディレクション
  • Webマーケティング

幸い、僕はディレクションやWebマーケティングが好きだったので、勉強して、学んだことを活かすことで稼ぐことができています。

まだまだ動画編集以外のスキルを持った編集者は少ないので、今のうちにスキルの幅を広げておけば、長い間求められ続ける動画編集者になることができます。

うーご

ブログなどで学んだことを発信するのもおすすめですよ!

ライティングやWebマーケティングスキルが磨かれるので、稼ぐ選択肢を増やすことができます。

⑤時間・場所の自由が手に入るから

動画編集の仕事は、時間や場所を自由に選ぶことが可能です。

例えば、クライアントの案件を獲得した場合、納期さえ守ればいつ・どこで仕事をしても問題ありません。

在宅で働けることはもちろん、海外旅行をしながら働くこともできるため、「時間・場所を縛られずに生きたい!」と考えている方にぴったりの仕事だといえます。

うーご

実際に、友人は海外を転々としながら動画編集者をしています!

中には、半年間は死ぬほど働いて、残り半年はバカンスをしている人もいるくらいです。

動画編集を始めるなら副業から始めよう【キツくない】

動画編集を始めるなら副業から始めよう【キツくない】

本サイトでは、まずは副業から動画編集を始めるのを推奨しています。

その理由は3つあります。

  • 経済的に余裕ができる
  • 簡単にスキルが身につくから
  • キャリアの幅が広がるから

最大の理由は、経済的に余裕ができることです。本業で安定した基盤を作ることによって、副業の動画編集に集中できます。

生活がかかっているわけではないため、ブラック案件で消耗する必要もなく、本当に自分が求めている報酬や学びのために仕事を選ぶことができるわけです。

また、動画編集の基本スキルは1ヶ月もあれば習得できます。そのため、すぐに副業で稼ぎながら将来的に独立を視野に入れた資金集め・スキルアップが可能となります。

うーご

フリーランスになるなら、最初に副業で稼ぐ力を身につけましょう!

副業からなら軽い気持ちで参入できますので、まずは行動してみるのがおすすめです。

動画編集の仕事はどれくらい稼げるの?

動画編集の仕事はどれくらい稼げるの?

先述のとおり、動画編集の仕事はワーカーのスキルによって稼げる金額がまったく異なります。

動画編集の仕事で稼げる金額

  • YouTubeの編集代行:5,000円/1本
  • ウェディングムービー作成:15,000円/1本
  • Web広告作成:10,000円/1本〜100,000円/1本
  • YouTubeのディレクション:200,000円/月

簡単な作業は報酬が低く、必要なスキルが幅広くなるほど報酬が高くなるイメージですね。

ただし、地道な努力とスキルアップさえすれば誰でも稼げるようになるため、他の職業よりもかなり稼ぎやすい部類かと思います。

動画編集者の収入については以下の記事で詳しく解説していますので、参考にしてみてください。

参考記事>>動画編集の副業は儲からない?平均収入や単価を上げるコツを徹底解説

完全未経験から副業で動画編集を始める3ステップ

完全未経験から副業で動画編集を始める3ステップ

副業の動画編集は、以下の3ステップで始めることができます。

動画編集を始める3ステップ

  • PC・編集ソフトを用意する
  • 動画編集を勉強する
  • 初案件を獲得する

それぞれ見ていきましょう。

①PC・編集ソフトを用意する

動画編集は、最低でもPCと編集ソフトが初期投資として必要となります。

気になる投資金額は、

  • PC:20万円
  • 編集ソフト:3000円/月

と安くはありません。

しかし、案件を獲得すれば簡単に取り戻せる金額なので、まずはコストを気にせずに動画編集に集中できる設備を整えましょう。

うーご

ちなみに、僕はPCがMacbook Pro、編集ソフトはAdobe Premiere Proを使っています!

どちらも動画編集の王道のPC・ソフトなので、ノンストレスで編集に力を入れらますよ。

②動画編集を勉強する

環境が整ったら、動画編集の学習を始めましょう。

おすすめの勉強方法は、オンラインスクールに通うことです。スクールでは必要な知識を体系的に学べるため、素早く稼ぐステップに移ることができます。

安い買い物ではありませんが、稼ぐ時期が早まることを考えると、実質的なコストはあまり高くありません。

うーご

実際に僕もスクールで動画編集を学びました。

③初案件を獲得する

基本的なスキルが身についたら初案件を獲得していきましょう。

最初はクラウドソーシングサービスを活用して、YouTubeの動画編集案件を探すのがおすすめです。

クラウドソーシングサービスとは?

「仕事を探している人」と「仕事を依頼する人」を一致させるプラットフォームのこと。

YouTubeの動画編集案件は基本的なスキルさえあればできるため、比較的受注しやすい案件だといえます。

この3ステップは以下の記事で詳しく解説しています。実際に行動してみようと考えた方は、ぜひ参考にしてみてください。

参考>>動画編集の副業を始める方法は?たったの1ヶ月で仕事が取れる3ステップ

まとめ:動画編集の仕事はキツくても始める価値がある

まとめ:動画編集の仕事はキツくても始める価値がある

本記事では、動画編集の仕事がキツい理由を会社員・フリーランスの視点で解説した上で、それでも僕が続ける理由を解説しました。

本記事のまとめ

  • 動画編集の仕事がキツい理由〜会社員編〜
    • 労働時間が長い
    • 給料が安い
    • クセのある人が多い
  • 動画編集の仕事がキツい理由〜フリーランス編〜
    • 継続案件がないと営業が大変
    • 動画編集スキルだけでは稼げない
    • クライアントの一声で仕事が増える
  • それでも僕が動画編集の仕事を続ける理由
    • 仕事が楽しいから
    • 将来性があるから
    • 仕事をする人を選べるから
    • スキルさえあれば稼げるから
    • 時間・場所の自由が手に入るから

動画編集は確かにキツい仕事です。しかし、それでも始めるだけの価値があると僕は考えています。

とはいえ、人には合う合わないがあります。実際にやってみなくては分からないので、まずは行動してみてください。

本記事を読んで一歩踏み出したあなたが、生涯をかけて楽しめる仕事と出会えることを、心より願います。

今回は以上です。

-動画編集の仕事
-,