Adobe Premiere Pro

動画編集に必須!Adobe Premiere Proの使い方を40記事で深掘り!

【完全版】40記事で深掘り!Premiere Proの使い方をわかりやすく解説!

この記事で解決できる悩み

  • Adobe Premiere Proの使い方は?
  • 初心者向けにわかりやすく教えて!
  • 基本的な使い方の深掘りも聞きたい!

本記事の信頼性

当ブログでは「お金・時間・場所に自由を」をコンセプトに、動画編集やブログの始め方・ノウハウを発信します。僕のプロフィールはこちら

Premiere Proは初心者でも質の高い動画編集ができる、超おすすめの動画編集ソフトです。

しかし、最近Premiere Proを使い始めた人の中には、「できることが多すぎて何をすればいいのかわからない」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

そこで、この記事ではPremiere Proの使い方を動画編集の流れに沿ってわかりやすく解説します。計40記事を使って深掘りするので、1歩先の技術まで身につけたい人は参考にしてみてください。

うーご

それでは本題に入ります!

【ちょっと待って!】Adobe Premiere Proは安く購入してる?

【ちょっと待って!】Adobe Premiere Proは安く購入してる?

いきなり別の話になりますが、大切なことなので確認させてください。あなたはPremiere Proを安く買えていますか?

Premiere Pro単品の利用料金は28,776円/年ですが、動画クリエイターはPremiere Pro以外にも

  • After Effects
  • Photoshop
  • Illustrator

などの動画・画像編集ツールを使用するため、すべてのAdobeソフトが利用できるAdobe CCの購入がおすすめです。

しかし、Adobe CCは公式サイトだと72,336円/年と高額なのが悩みのタネ…

うーご

そんな方に朗報です!

実は、Adobe CCには公式サイトのほぼ半額の39,980円/年で購入する方法があります。

すでにPremiere Proを購入したあなたでも今からなら切り替えられるので、ぜひ下記の記事から安く購入してみてください。

あわせて読みたい
【完全版】Adobe CCを安く購入できる方法を徹底比較【ほぼ半額】
【完全版】Adobe CCを安く購入できる方法を徹底比較【ほぼ半額】
うーご

下げられる固定費は下げておきましょう!

Adobe Premiere Proの使い方7ステップ

e Premiere Proの使い方7ステップ

それでは早速、Premiere Proの使い方を動画編集の流れに沿って解説します。

Adobe Premiere Proの使い方①準備

1ステップ目は、Premiere Proで動画編集をする準備です。

Premiere Pro起動後に開かれる画面で、「新規プロジェクトを開く」をクリックしてください。

premiere pro 使い方1

すると、新規プロジェクトの設定画面が開かれます。

今回はファイル名と保存場所だけ指定して、「OK」をクリックしましょう。

premiere pro 使い方2

これで、Premiere Proで動画編集をする準備が整いました!

Adobe Premiere Proの使い方②読み込み

2ステップ目は、読み込みです。

編集したい動画素材をプロジェクトパネルにドラッグ&ドロップしてください。

premiere pro 使い方3

プロジェクトパネルに動画素材が配置されたら、Premiere Proへの読み込みは完了です!

Adobe Premiere Proの使い方③シーケンス作成

3ステップ目は、シーケンスの作成です。

シーケンスとは、料理にたとえると「まな板」のようなもので、動画・テロップ・BGM・音声などを並べて切ったり貼ったりといった編集ができる部分を表します。

今回は、自動的にシーケンスを作成できる方法を使用します。プロジェクトパネル内の動画素材を下記のようにドラッグ&ドロップしてください。

premiere pro 使い方4

すると、下記のようにシーケンスが自動生成されました!

premiere pro 使い方5

以上でシーケンスの作成は完了ですが、異なるサイズの動画素材を複数編集する時などは手動でシーケンスを作成するのがおすすめです。

詳しいやり方は下記で解説しているので、参考にしてみてください。

シーケンスについて詳しく知りたい!

シーケンスとは?作成方法やおすすめ設定を徹底解説【Premiere Pro】
シーケンスとは?作成方法やおすすめ設定を徹底解説【Premiere Pro】

Adobe Premiere Proの使い方④カット編集

4ステップ目は、カット編集です。

Premiere Proでは、キーボードの「スペースキー」を押すと動画の再生/停止ができるので、まずはカットしたい部分の始点に再生ヘッド(青色の縦線)を合わせましょう。

うーご

再生ヘッドの微調整は「←」「→」でできます!

カットの始点が定まったら、「編集点」を追加します。Macは「Command + K」、Windowsは「Ctrl + K」のショートカットキーで追加することも可能です。

premiere pro 使い方6

編集点を追加すると下記のようにクリップが分割されます。

premiere pro 使い方7

次に、カットしたい部分の終点を決めます。先ほどと同じように動画を再生したり微調整しながら、終点に再生ヘッドを合わせてください。

そして、キーボードの「Q」を押すと…

premiere pro 使い方8

不要な部分をカットすることができました!

premiere pro 使い方9

以上でPremiere Proによるカット編集は完了です。さらに深い知識については、下記の記事を参考にしてみてください。

カット編集を効率化したい!

さらばマウス!ショートカットキーだけでカット編集する方法【Premiere Pro】
さらばマウス!ショートカットキーだけでカット編集する方法【Premiere Pro】
Premiere Proでカットと同時にすき間を詰める爆速術【リップル削除】
Premiere Proでカットと同時にすき間を詰める爆速術【リップル削除】
誰でもできる!Premiere Proでカットしたクリップを結合させる方法
誰でもできる!Premiere Proでカットしたクリップを結合させる方法

カット編集で操作を間違えた…

【裏技】Premiere Proでカットしたクリップを元に戻す方法3つ
【裏技】Premiere Proでカットしたクリップを元に戻す方法3つ

Adobe Premiere Proの使い方⑤テロップ挿入

5ステップ目は、テロップ挿入です。

まずは、タイムライン横にある「文字ツール(T)」をクリックして、プログラムモニターのテロップを配置したい箇所をクリックしましょう。

premiere pro 使い方10

テロップを入力したら、見た目を整えていきます。

「編集」→「エフェクトコントロール」→「テキスト」の順で進むと色や文字サイズ、フォントが変更できるので、お好みで調整してみてください。

premiere pro 使い方11

最後に、テロップを表示させる長さを調整します。

タイムラインパネルにあるテロップの端を、表示させる長さに合わせてドラッグ&ドロップしてください。

premiere pro 使い方12

以上で、Premiere Proによるテロップの挿入は完了です!

さらにテロップ挿入について詳しく知りたい方は、以下の記事が参考になります。

効率的にテロップを入れる方法が知りたい!

【爆速術】Premiere Proの効率的なテロップの入れ方4選を徹底解説
【爆速術】Premiere Proの効率的なテロップの入れ方4選を徹底解説
Premiere Proの自動文字起こし機能がやばい!【Vrewと比較してみた】
Premiere Proの自動文字起こし機能がやばい!【Vrewと比較してみた】

おしゃれなテロップを挿入したい!

【誰でも簡単】Premiere Proでテロップ背景をつける3つの方法
【誰でも簡単】Premiere Proでテロップ背景をつける3つの方法
Premiere Proでおしゃれなテロップを入れる方法【エッセンシャルグラフィックス】
Premiere Proでおしゃれなテロップを入れる方法【エッセンシャルグラフィックス】

おしゃれなテロップ素材を探したい!

【無料あり】Premiere Proのテロップテンプレート22選を徹底紹介!
【無料あり】Premiere Proのテロップテンプレート22選を徹底紹介!

Adobe Premiere Proの使い方⑥BGM・効果音挿入

6ステップ目は、BGM・効果音の挿入です。

まずは、BGM・効果音素材をPremiere Proに読み込みます。

フォルダからプロジェクトパネルにBGM・効果音素材をドラッグ&ドロップしてください。

premiere pro 使い方13

次に、BGM・効果音素材をタイムラインパネルに配置します。

プロジェクトパネルからタイムラインパネルの「A1」「A2」に、BGM・効果音素材をドラッグ&ドロップしましょう。

premiere pro 使い方14

以上で、Premiere ProによるBGM・効果音の挿入は完了です!

ちなみに、「オーディオ」→「オーディオクリップミキサー」の順で進むと、動画やBGM・効果音の音量を調整できますよ。

premiere pro 使い方15

さらに詳しくBGM・効果音の編集方法について知りたい方は、下記の記事を参考にしてみてください。

無料BGMがあるサイトが知りたい!

【無料】動画編集におすすめ!フリーBGMサイト12選!【素材の選び方】
【無料】動画編集におすすめのフリーBGMサイト12選!【素材の選び方】

効率的にBGM・効果音の音量調整をしたい!

たったの3ステップ!Premiere ProでBGMの音量調整をする方法【ダッキング】
たったの3ステップ!Premiere ProでBGMの音量調整をする方法【ダッキング】

BGM・効果音編集スキルを磨きたい!

誰でも簡単!音声のノイズ・雑音を除去する方法【Premiere Pro】
誰でも簡単!音声のノイズ・雑音を除去する方法【Premiere Pro】
【簡単】Premiere ProでBGMをフェードアウト/フェードインさせる方法
【簡単】Premiere ProでBGMをフェードアウト/フェードインさせる方法
【Audition】Premiere ProでBGMのループや長さ調整をする方法2つ
【Audition】Premiere ProでBGMのループや長さ調整する2つの方法

Adobe Premiere Proの使い方⑦書き出し

7ステップ目は、書き出しです。

編集が完了した動画をクライアントに納品したり、YouTubeにアップロードできる形にしていきます。

まず、「ファイル」→「書き出し」→「メディア…」の順で進んでください。

premiere pro 使い方16

すると、書き出し設定画面が開かれます。ちなみに、この画面はmacOSなら「Command + M」Windowsなら「Ctrl + M」のショートカットキーで開くことも可能です。

次に、動画の用途にあわせて「形式」「プリセット」「出力先」「出力名」を設定しましょう。(※用途別の設定方法はこの後関連記事を紹介します。)

うーご

形式は基本的に「H.264」を選べばOK!

設定が完了したら「書き出し」をクリックすると、書き出しがスタートします。

premiere pro 使い方17

以上で、Premiere Proによる書き出しは完了です。

うーご

書き出しには時間がかかるので、コーヒーでも飲みながら気長に待ちましょう!

書き出し設定や書き出しに関する悩みは、以下の記事を参考にしてみてください。

書き出し設定が知りたい!

【高画質】Premiere ProでYouTube用動画を書き出し!設定・納品方法も紹介
【高画質】Premiere ProでYouTube用動画を書き出し!設定・納品方法も紹介
【Premiere Pro】5つのSNSにおすすめの書き出し設定とやり方を紹介
【Premiere Pro】5つのSNSにおすすめの書き出し設定とやり方を紹介

書き出しに関する悩みを解決したい!

【簡単】Premiere Proで書き出しができない!5つの原因と対処法を解説
【簡単】Premiere Proで書き出しができない!5つの原因と対処法を解説
Premiere Proで書き出した動画の画質が悪い!【7つの対策&テクニック】
Premiere Proで書き出した動画の画質が悪い!【7つの対策&テクニック】
レンダリングで高速化!Premiere Proの書き出しが遅い時の対処法
レンダリングで高速化!Premiere Proの書き出しが遅い時の対処法
【Premiere Pro】書き出した動画のデータ容量を小さくする5ステップ
【Premiere Pro】書き出した動画のデータ容量を小さくする5ステップ

Adobe Premiere Proのおすすめショートカットキー

premiere-pro-shortcut

Premiere Proでは、動画編集を爆速にするショートカットキーを使えます。

自分の使いやすいボタンにショートカットキーを割り振ることもできるため、最適な設定ができればさらに編集速度を上げることも可能です。

急に言われてもそんなに覚えられない…

悩む人
うーご

特におすすめの3つを紹介するから、今日はそれだけ覚えればOK!

下記は、実際に僕がカスタマイズしたショートカットキーです。カット編集が爆速になるので、ぜひ使ってみてください。

  • Q:前の編集点までリップルトリミング
  • W:次の編集点までリップルトリミング
  • E:編集点を追加

ちなみに、ショートカットキーの設定方法は下記の記事で紹介しています。

あわせて読みたい
【最新版】Premiere Proのおすすめショートカットキー|設定方法も解説
【最新版】Premiere Proのおすすめショートカットキー|設定方法も解説
うーご

動画編集は効率が命です。収入アップにもつながるので、少しずつ身につけていきましょう!

Adobe Premiere Proの使い方を学ぶならスクールがおすすめ

Adobe Premiere Proの使い方を学ぶならスクールがおすすめ

この記事ではPremiere Proの使い方を解説しましたが、紹介できたのはほんの一部です。

Premiere Proはできることが膨大なので、しっかりとスキルを身につけるためには時間と労力が必要となります。

そのため、特に忙しいサラリーマンや主婦の方は、スクールでの学習を検討しましょう。動画編集を体系的に、手厚いサポートのもとで学べるため、最速で動画クリエイターを目指せますよ。

うーご

実際に僕はヒューマンアカデミーで動画編集を学びましたが、独学していたらきっと挫折していました。

下記は10万円以下で安くPremiere Proの使い方を学べる4校なので、ぜひ検討してみてください!

安くPremiere Proの使い方を学べる4校

その他のおすすめ動画編集スクール・講座は下記の通りです。

あわせて読みたい
【最新版】社会人におすすめの動画編集スクール・講座15選を徹底比較【口コミあり】
【徹底比較】社会人におすすめの動画編集・映像制作スクール・講座17選【口コミ・評判】
公式サイトおすすめ度詳細特徴価格(税込)期間受講形態
human academy

 

ヒューマンアカデミー動画

解説記事
  • 動画見放題&質問回数無制限!
  • 手厚い転職・就職サポートあり!
  • Adobe CCが安く購入できる
193,270円〜6ヶ月
  • オンライン
  • オフライン
クリエイターズジャパン

 

クリエイターズジャパン

解説記事
  • 初心者目線の分かりやすい講義
  • オンラインサロンで人脈が作れる
  • オリジナルテンプレート配布
79,800円1ヶ月〜オンライン
MOOCRES

 

MOOCRE

解説記事
  • プロ監修の超実践的カリキュラム
  • 1クラス15名の少人数体制
  • かけがえのない仲間ができる
660,000円5ヶ月
  • オンライン
  • オフライン
MOVA

 

MOVA

解説記事
  • 起業/独立・フリーランス特化
  • 課題動画制作やチーム撮影が中心
  • 少人数の実践的カリキュラム
660,000円12ヶ月
  • オンライン
  • オフライン
デジタルハリウッドSTUDIO by LIG

 

デジハリ STUDIO by LIG

解説記事
  • 3ヶ月で映像の基礎が身につく
  • 企画やシナリオスキルが学べる
  • 月に一度LIVE授業が行われる
330,000円3ヶ月
  • オンライン
  • オフライン
moviehacks

 

MovieHacks

解説記事
  • YouTubeの動画編集に特化
  • 24時間LINE@で質問できる
  • スタイルテンプレートの配布あり
69,800円無期限オンライン
レバレッジエディット

 

レバレッジエディット

解説記事
  • 高単価の案件獲得サポートあり
  • 会員限定グループに参加できる
  • エフェクト素材や課題の添削あり
59,980円無期限オンライン
テックアカデミー

 

TechAcademy 動画コース

解説記事
  • 週2回のマンツーマンメンタリング
  • 毎日のチャットサポートあり
  • 回数無制限の課題サポートあり
  • 4週間 174,900円
  • 8週間 229,900円
  • 12週間 284,900円
  • 4週間
  • 8週間
  • 12週間
オンライン
studio US

 

studio US

解説記事
  • 未経験からでも動画編集を学べる
  • チャットでいつでも質問可能
  • フリーランスとして独立えきる
55,000円〜無期限オンライン
OneSe Class
OneSe Class
解説記事
  • 動画クリエイターの思考法が学べる
  • グループワークで仲間とつながれる
  • アーカイブ動画でいつでも復習できる
125,000円3ヶ月オンライン
デイトラ|ロゴ-01

 

デイトラ

解説記事
  • 副業動画クリエイターを目指せる
  • 実案件を意識したカリキュラム
  • 実案件で使えるプレゼント付き
79,800円1年オンライン
セカジョブ!

 

セカジョブ

※準備中
  • 副業で動画編集者を目指せる
  • オンラインで受講を完結できる
  • 挫折させないサポート体制が充実
  • 3ヶ月 250,800円
  • 6ヶ月 283,800円
  • 3ヶ月
  • 6ヶ月
オンライン
SHElikes

 

SHElikes

※準備中
  • 女性限定の動画編集スクール
  • Vlog/Web・SNS広告/YouTubeを学ぶ
  • ワーク形式で手を動かして学べる
  • 1ヶ月 16,280円
  • 6ヶ月 93,280円
  • 12ヶ月 162,800円
  • 1ヶ月
  • 6ヶ月
  • 12ヶ月
  • オンライン
  • オフライン
デジハリオンライン

 

デジハリオンライン

解説記事
  • Adobe CCが安い
  • 最短10分でAdobeが使える
  • 専用ストアが利用できる
  • 2ヶ月の課題添削期間
  • 充実のサポート体制
39,980円3ヶ月オンライン
たのまな

 

たのまな

解説記事
  • Adobe CCが安い
  • 質問回数無制限
  • 動画×テキストで学べる
アドバンスクールオンライン

 

アドバンスクール

解説記事
  • Adobe CCが安い
  • 質問回数無制限
  • 受講期間が1年
51,700円(税込)〜
※セール時39,980円〜
1年オンライン
Udemy
Udemy
動画による※準備中
  • 世界最大級のプラットフォームで動画が豊富
  • いつでも・どこでも・なんどでも学べる
  • 最大90%オフのセールが頻繁に行われる
1,000円〜無期限オンライン
スクール記事

まとめ:まずはAdobe Premiere Proの基本を極めよう!

まとめ:Adobe Premiere Proの使い方を覚えて動画編集ライフをスタートしよう!

この記事では、Premiere Proの使い方を初心者向けに解説してきました。

Premiere Proの使い方7ステップ

  • 準備
  • 読み込み
  • シーケンス作成
  • カット編集
  • テロップ挿入
  • BGM・効果音挿入
  • 書き出し

Premiere Proでは、1つのソフトとは思えないほど幅広い編集ができます。そのため、これから動画編集を極めるあなたは、きっとさまざまな技術と出会えるハズです。

しかし、この記事で紹介した技術は動画編集の地盤なので、まずは新しい技術より基本をくり返し練習してみてください。

慣れて編集スピードが上がれば、自然に動画クリエイターとしての収入も増やせますよ!

今回は以上です。

-Adobe Premiere Pro
-,