Adobe Premiere Pro

【誰でも簡単】Premiere Proでテロップ背景をつける3つの方法

【誰でも簡単】Premiere Proでテロップ背景をつける3つの方法

この記事で解決できる悩み

  • 挿入したテロップが見づらい
  • テロップに背景を設定したい
  • 見やすい背景にしたいなあ

本記事の信頼性

当ブログでは「お金・時間・場所に自由を」をコンセプトに、動画編集やブログの始め方・ノウハウを発信します。僕のプロフィールはこちら

Premiere Proで挿入したテロップが見にくいと感じたことはありませんか?

テキストのみを挿入した場合、背景の映像・画像によっては視認性が悪くなることがあります。

そんな時は、テロップの背景を設定しましょう。

動画の色味やシチュエーションに合った背景を設定することで、視聴者にとって見やすいクオリティの高い動画を作成することが可能です。

この記事では、Premiere Proでテロップに背景をつける方法を分かりやすく解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

うーご

それでは本題に入ります。

Adobe CCを安く購入する方法

参考記事>>【完全版】Adobe CCを安く購入できる方法を徹底比較【ほぼ半額】

Premiere Proでテロップに背景をつける方法3つ

Premiere Proでテロップに背景を入れる方法は、主に3つあります。

テロップに背景をつける方法3つ

  • アピアランスの背景を設定する
  • 長方形ツールを活用する
  • カラーマットを挿入する

今回紹介するのは、エッセンシャルグラフィックスでテロップを挿入して背景をつける方法です。そのため、まずは映像にテロップを挿入しましょう。

やり方は簡単です。まず、ツールパネルの「テキストツール」をクリックしてください。

あとは任意のテキストを入力すればOKです。

それでは、上記のテロップに背景をつける方法を3つ紹介します。

①アピアランスの「背景」を設定する

1つ目は、アピアランスの「背景」を設定して、テロップに背景をつける方法です。

まずは、先ほど使用した「テキストツール」と同じツールパネルにある「選択ツール」をクリックしてください。

そして、プログラムパネル内のテキストを左クリックすると、「エッセンシャルグラフィックス」のウインドウが開かれます。

ウィンドウが開かれない時は?

エッセンシャルグラフィックスのウインドウが表示されない場合は、メニューバーの「ウインドウ」からチェックを入れてください。

エッセンシャルグラフィックスを下にスクロールすると、「アピアランス」の項目があります。

その中にある「背景」のチェックボックスをクリックしてください。

「背景」の項目では、3つの設定が可能です。

  • 透明度
  • 大きさ

たとえば、「背景」の色はデフォルトではグレーに設定されています。

しかし、四角くグレーに表示された部分をクリックすると、カラーピッカーで好みの色に調整することが可能です。

上記のように背景の色・透明度・大きさを設定したら、アピアランスから背景をつけることができました。

②長方形ツールを活用する

2つ目は、長方形ツールを活用する方法です。

まずは、ツールパネルにある「ペンツール」を長押ししてください。すると、ツールを選択できるウィンドウが表示されるため、「長方形ツール」をクリックしましょう。

「長方形ツール」を選択後、プログラムパネル内でドラッグ&ドロップすると、下記のようにグレーの長方形が表示されます。

この時、タイムラインパネルの表示順が上から順に優先されるため、注意してください。必ず長方形(背景)がテロップと映像の間になるように、ドラッグ&ドロップで調整しましょう。

また、エッセンシャルグラフィックスのウインドウを確認すると、テキストと共に「シェイプ」の項目が追加されていることが分かります。

「シェイプ」をクリックすると、「アピアランス」の項目から、

  • ストローク
  • シャドウ

などの設定が可能です。

あとはお好みで設定を変更すれば、長方形ツールを活用して背景をつけることができました。

③カラーマットを挿入する

3つ目は、カラーマットを挿入してテロップに背景をつける方法です。

まず、メニューバーから「ファイル」→「新規」→「カラーマット」の順で進んでください。

すると、下記のウインドウが開かれるため、「OK」をクリックしましょう。

カラーピッカーや名称を設定するウインドウが開かれるため、お好みで設定します。

すると、プロジェクトパネル内に作成したカラーマットが追加されるため、ドラッグ&ドロップでタイムラインパネルに挿入してください。

この時、タイムラインパネルの配置は上から順に優先して表示されるようになっているため、注意が必要です。カラーマットは必ず映像とテキストの間に表示されるように調整しましょう。

カラーマットの編集は、「エフェクトコントロール」から行います。

背景の大きさは、「モーション」の項目の中にある「スケール」から調整可能です。デフォルトでは変更できませんが、「縦横比を固定」のチェックを外せば自由に大きさを変更できるようになります。

また、透明度は「不透明度」の数値を調整することで変更可能です。

このようにカラーマットの設定を変更したら、テロップの背景設定は完了です。

うーご

以上がテロップに背景をつける3つの方法です!

【Premiere Pro】映像に背景をつける時は”ユーザーファースト”が重要

Premiere Proでテロップに背景をつけるのは、さほど難しくありません。しかし、視聴者にとって見やすい動画を作成するためには、常に”ユーザーファースト”の意識を持つ必要があります。

たとえば、下記映像のテロップにグレーの背景をつけたとします。

このままでもテロップを読むことは可能ですが、映像に対して浮いていると感じる方が多いでしょう。

うーご

楽しい雰囲気の映像に対して、テロップからは淡々とした印象を受けますね。

このようにテロップの背景デザインは、視聴者の印象に大きな影響を与えます。

そのため、テロップの背景をつける時は常にユーザーファーストを意識して、動画のシチュエーションに合った設定をすることが重要です。

まとめ:Premiere Proで背景を設定して視聴者が見やすい動画を作成しよう

まとめ:Premiere Proで背景を設定して視聴者が見やすい動画を作成しよう

この記事では、Premiere Proでテロップに背景をつける方法を解説しました。

テロップに背景をつける方法3つ

  • アピアランスの背景を設定する
  • 長方形ツールを活用する
  • カラーマットを挿入する

映像において、テロップは重要な役割を果たします。「動画だけでは伝わらない内容を伝える」「動画をさらに分かりやすくする」などの効果があるため、視認性の高さは必須です。

ぜひこの記事で紹介した方法を活かして、視聴者に伝えたいことを伝えられるようなテロップ編集をしてみてください。

今回は以上です。

-Adobe Premiere Pro
-, ,