Adobe Premiere Pro

誰でもできる!Premiere Proでカットしたクリップを結合させる方法

誰でもできる!Premiere Proでカットしたクリップを結合させる方法

この記事で解決できる悩み

  • 誤ってカットしたクリップを結合させたい
  • バラバラのクリップをまとめて編集したい

本記事の信頼性

当ブログでは「お金・時間・場所に自由を」をコンセプトに、動画編集やブログの始め方・ノウハウを発信します。僕のプロフィールはこちら

Premiere Proには、カットしたクリップを結合させる機能が搭載されています。この機能を使いこなせばクリップをくっつけて編集できるため、かなり効率的に作業をすることが可能です。

そこで、本記事では初心者でも分かるようにPremiere Proでカットしたクリップを結合させる方法を2つ紹介します。誤ってカットしたクリップを元に戻す方法も紹介しますので、参考にしてみてください。

うーご

本題に入りましょう。

Adobe CCを安く購入する方法

参考記事>>【完全版】Adobe CCを安く購入できる方法を徹底比較【ほぼ半額】

Premiere Proでカットしたクリップを結合させる方法は2つ

Premiere Proでカットしたクリップを結合させる方法は2つ

Premiere Proでクリップをカットすると、独立したクリップが複数生じます。

しかし、このままでは挿入したBGMがクリップの合間で切れたり、クリップごとにエフェクト編集や音量調整をする必要があるため、効率的に作業をすることができません。

そのため、カットしたクリップは結合させる必要があります。主なやり方は2つです。

クリップを結合させる方法2つ

  • 結合させたいクリップの区切りを削除する
  • 片方のクリップを削除して、もう片方を伸ばす

カットされているクリップを結合させることによって作業効率がアップしたり、作成した動画全体に一体感が出やすくなります。

ハイレベルな動画編集者を目指す上で避けては通れないスキルなので、この機会に習得しましょう。

方法①:結合させたいクリップの区切りを削除する

方法①:結合させたいクリップの区切りを削除する

1つ目は、結合させたいクリップの区切りを削除することで、クリップを結合させる方法です。

以下の流れで簡単に実施することができます。

結合させたいクリップの区切りを削除する方法

  • マウスポインターを「選択ツール」にする
  • 結合させたい部分を選択する
  • クリップを結合させる

詳しく見ていきましょう。

①マウスポインターを選択ツールにする

Premiere Proでは、目的に合わせてマウスポインターを選ぶことができます。

そして今回、カットしたクリップの結合に使うマウスポインターは、「選択ツール」です。

赤枠をクリックすれば変更できるため、マウスポインターが矢印のマークに変わるのを確認してください。(ショートカット:V)

次に、結合させたいクリップを選んでいきます。

②結合させたい部分を選択する

結合したいクリップとクリップの間にある縦線にマウスポインターを合わせると、マウスポインターの色が黒から赤に変わります。

そのまま、キーボードの「Command」を押しながら結合したいクリップの間にある縦線をクリックしましょう。

すると、縦線の色も黒→赤に変わります。

以上で、結合させたい部分を選択することができました。

③クリップを結合させる

あとは、結合したいクリップの間にある縦線が赤くなっている状態で「Delete」キーを押すだけです。

すると、以下のように縦線が消えてクリップが結合されます。

以上がPremiere Proでカットしたクリップを結合させる方法となります。

補足:同時に複数のクリップを結合させることも可能

ここまで、2つのクリップを結合させる方法を解説してきましたが、Premiere Proでは複数のクリップをまとめて結合させることもできます。

「Command + Shift」を同時に押しながら、結合させたい複数のクリップにある縦線を選択してください。すると、今度は複数の縦線の色が黒→赤へ変更されたことが分かります。

あとは、先ほどのやり方と同じです。

「Delete」キーを押すと赤い縦線が消えて、すべてのクリップが結合されます。

以上が複数のクリップを一括で結合させる方法です。

作業時間がかなり短縮できますので、ぜひ習得してみてください。

方法②:クリップの片方を削除して、もう片方を伸ばす

方法②:クリップの片方を削除して、もう片方を伸ばす

2つ目は、結合させたい2つのクリップの片方を削除し、もう片方を伸ばす方法です。

やり方は簡単です。まず結合したいクリップのうち一つを削除します。

次に、残したクリップの一番端に選択ツールを合わせてください。すると、マウスポインターが赤い矢印になっていることが分かるかと思います。

そのまま、削除したクリップの方向へカーソルを引っ張るとクリップが伸び、削除したクリップの部分を補うことができます。

あとは長さを調整し、BGMや合成する動画の長さに合わせれば完了です。

誤ってカットしたクリップを直後に結合させるなら「Command + Z」

誤ってカットしたクリップを直後に結合させるなら「Command + Z」

Premiere Proで動画編集をする人の中には、「誤ってカットしたクリップをくっつけたい」といった悩みを抱える方も多いでしょう。

そんな方におすすめなのが、「Command + Z(Mac)」「Ctrl + Z(Windows)」のショートカットキーです。

「Command、Ctrl + Z」の意味

元に戻す

もちろん、ここまでに紹介してきた方法でクリップを結合させることも可能ですが、直前の操作をなかったことにしたい場合は、「Command、Ctrl + Z」のショートカットキーが最速でしょう。

ただし、このショートカットキーは1つ前の操作にしか戻れないため、その点は気をつけてください。

うーご

ほとんどの操作を元に戻せるため、習得必須のショートカットキーです!

その他、初心者におすすめのショートカットキーは以下の記事でまとめていますので、参考にしてみてください。

参考記事>>【最新版】Premiere Proのおすすめショートカットキー|設定方法も解説

まとめ:Premiere Proでカットしたクリップを結合させる方法

まとめ:Premiere Proでカットしたクリップを結合させる方法

本記事では、Premiere Proでカットしたクリップを結合させる方法を2つ紹介しました。

クリップを結合させる方法2つ

  • 結合させたいクリップの区切りを削除する
  • 片方のクリップを削除して、もう片方を伸ばす

クリップを結合させることで、複数のクリップにまとめてエフェクトをかけたり、BGMを調整することが可能です。

これによって、動画編集のスピードは圧倒的に速くなります。作業効率は動画編集で稼ぐ力につながるため、超重要項目といえるでしょう。

本記事の内容が、少しでもあなたの動画編集で稼ぐ力に貢献できれば幸いです。

今回は以上です。

-Adobe Premiere Pro
-, ,