Adobe Premiere Pro

【高画質】Premiere ProでYouTube用動画を書き出し!設定・納品方法も紹介

【高画質】Premiere ProでYouTube用動画を書き出し!設定・納品方法も紹介

この記事で解決できる悩み

  • Premiere ProでYouTube用の動画を書き出す方法は?
  • 高画質で動画を書き出したい!
  • 書き出した動画を納品する方法は?

本記事の信頼性

当ブログでは「お金・時間・場所に自由を」をコンセプトに、動画編集やブログの始め方・ノウハウを発信します。僕のプロフィールはこちら

「書き出し」とは、編集した動画をPC・スマートフォンで再生するために必須の作業です。

ボタン1つで簡単にできると思うかもしれませんが、やり方によって動画のクオリティを大きく左右します。もちろん、動画編集初心者の多くが最初にが受注する、「YouTubeの動画編集案件」にも適した書き出し設定が必要です。

しかし、中には「”最適な書き出し”って言われてもよく分からない」と悩む方もいるでしょう。

そこで、本記事ではPremiere Proで高画質のYouTube用動画を書き出す方法を解説します。設定方法や初案件を獲得した方向けに書き出した動画を納品する方法も紹介しますので、参考にしてみてください。

うーご

継続案件を獲得するために、「納品方法」のような細かいポイントまで気を配りましょう!

Adobe CCを安く購入する方法

参考記事>>【完全版】Adobe CCを安く購入できる方法を徹底比較【ほぼ半額】

【高画質】Premiere ProによるYouTube用動画の書き出し方法

【高画質】Premiere ProによるYouTube用動画の書き出し方法

Premiere Proでは、誰でも簡単にYouTubeに最適な書き出しをすることができます。主な流れは以下の5ステップです。

YouTubeに適した書き出し方法

  • 書き出す動画を選択する
  • 書き出し設定画面を開く
  • YouTube用に書き出し設定する
  • 書き出しを実行する
  • 書き出した動画を確認する

詳しく見ていきましょう。

①書き出す動画を選択する

Premiere Proでは、1つのプロジェクトで多くの動画を扱えます。そのため、書き出しをする時には対象の動画を選択しなくてはなりません。

まずは書き出したい動画を選択しましょう。以下の3つのいずれかをクリックすればOKです。

  1. タイムライン
  2. シーケンス
  3. プログラム画面

タイムラインに青い枠が表示されたら、選択されている状態となります。

②書き出し設定画面を開く

次に、書き出しの設定画面を開きます。

画面上部のバーから、「ファイル」→「書き出し」→「メディア」の順に選択をしてください。

これで、書き出しの設定画面を開くことができました。

ちなみに、この操作はショートカットキー「Command + M」でも実行可能です。

③YouTube用の書き出し方法を設定する

それでは、YouTubeに適した書き出し設定をしましょう。

書き出し設定画面のタブから、以下の2つを選択してください。

YouTubeに適した書き出し設定

  • 形式:H.264
  • プリセット:YouTube 1080p フル HD

これで、YouTubeに最適なフルHDの書き出し設定ができました。

ちなみに、さらに高画質の動画を書き出したい場合は、プリセット「YouTube 2160p 4K Ultra HD」を選択してください。

ただし、この設定は高画質で書き出せる反面、書き出し時間やファイルのサイズも大きくなります。

うーご

ほとんどの案件では、「YouTube 1080p フル HD」を選択すればOK!

④書き出しを実行する

設定が完了したら、「書き出し」をクリックすれば動画を書き出すことができます。

書き出した動画の保存先・ファイル名を変更したい場合は、出力名に青色で表示されているファイル名をクリックしてください。

以上で書き出しは完了です。使用する端末によって書き出しにかかる時間は異なるため、時間とPCの充電には余裕を持ちましょう。

うーご

長い動画の書き出しは特に時間がかかるため、書き出し前の修正チェックは必須です。

⑤書き出した動画を確認する

最後に、書き出した動画の確認をします。

  • 指定の保存先に動画があるか
  • 問題なく再生されるか
  • ミス・修正点はないか

上記をチェックしてみてください。

問題がなければ、クライアントへの納品やYouTubeへのアップロードをしていきましょう。

YouTubeの動画編集案件で書き出した動画を納品する方法

YouTubeの動画編集案件で書き出した動画を納品する方法

YouTubeの動画編集案件において、「Premiere Proで書き出したけど、クライアントへの納品方法が分からない」と悩む方も多いでしょう。

うーご

僕も最初は迷って色々と調べていました。

動画の納品方法として王道なのは、以下の3つです。

書き出した動画の納品方法

  • ギガファイル便などデータ送信サービスを活用する
  • Googleドライブなどで共有する
  • YouTubeに限定公開でアップロードする

おすすめはYouTubeに限定公開でアップロードする方法です。

この方法なら、以下の流れで簡単に納品することができます。

YouTubeに限定公開して納品する方法

  • クライアントから共同編集者の権限を付与してもらう
  • 動画を”限定公開”でアップロード
  • クライアントへ確認依頼
  • 指摘があれば修正後、再アップロード
  • OKならクライアントが管理者権限で動画を再生リスト追加
  • クライアントが”限定公開”→”公開”へ変更
  • 修正前の動画の削除

上記のイメージです。

あなたとクライアント双方の仕事が楽になるので、ぜひ提案してみてください。

ちなみに、Premiere ProにはYouTubeへの自動アップロード機能も搭載されています。

Premiere ProでYouTube動画を自動アップロードする方法

Premiere Proは、書き出し設定画面からYouTubeへのアップロード設定も可能です。

「パブリッシュ」というタブを選択しYouTubeにチェックを入れます。ここでアップロードするチャンネル等の設定をしましょう。

あとは、「書き出し」をクリックすれば完了です。

うーご

簡単ですね!保存したファイルをアップロードする手間がなくなりました。

さらに高画質にこだわるならカメラやシーケンス設定を見直そう

さらに高画質にこだわるならカメラやシーケンス設定を見直そう

さらに高画質にこだわるなら、以下の2つの設定を見直してみましょう。

  • カメラ
  • シーケンス

カメラの設定がフルHDになっている場合、Premiere Proで4Kの書き出しを行ってもフルHDの動画しか書き出せません。そのため、4Kの動画を書き出すためには、カメラの設定を見直す必要があります。

また、動画編集前のシーケンス設定も重要です。シーケンスでは1秒あたりの画面書き換え回数を示すフレームレートを設定できます。そのため、60コマ/秒で撮影した動画でも、フレームレート30のシーケンスを選んでしまうと画質が落ちてしまいます。

うーご

高画質の動画を求められたら、見直してみてください。

まとめ:Premiere ProでYouTube用動画を書き出す方法【設定〜納品方法まで解説】

まとめ:Premiere ProでYouTube用動画を書き出す方法【設定〜納品方法まで解説】

本記事ではPremiere ProでYouTube用の動画を書き出す方法を解説しました。

YouTubeに適した書き出し方法

  • 書き出す動画を選択する
  • 書き出し設定画面を開く
  • YouTube用に書き出し設定する
  • 書き出しを実行する
  • 書き出した動画を確認する

クライアントから継続的に案件を獲得するためには、書き出し設定・納品方法などの細かい部分に気を配ることが重要です。

小さなことの積み重ねですが、それがあなたの信頼を蓄積します。

特に、YouTubeにアップロードする納品方法はあなたとクライアントの負担を軽減することができるため、ぜひ実践してみてください。

今回は以上です。

-Adobe Premiere Pro
-, ,