Adobe Premiere Pro

【Premiere Pro】書き出した動画のデータ容量を小さくする5ステップ

【Premiere Pro】書き出した動画のデータ容量を小さくする5ステップ

この記事で解決できる悩み

  • 書き出した動画の容量を小さくしたい
  • Webサイトに載せる動画を軽量化したい

本記事の信頼性

当ブログでは「お金・時間・場所に自由を」をコンセプトに、動画編集やブログの始め方・ノウハウを発信します。僕のプロフィールはこちら

容量の大きい動画ファイルには、「書き出しに時間がかかる」「Webサイトに載せるとページ全体が重くなる」などさまざまなデメリットがあります。

そのため、「もっと動画ファイルを軽量化したい」と悩んでいる方も多いことでしょう。

この記事ではPremiere Proで書き出した動画のデータ容量を小さくする方法を解説します。ちょっとした設定をするだけでOKなので、ぜひ実践してみてください。

うーご

それでは本題に入ります。

Adobe CCを安く購入する方法

参考記事>>【完全版】Adobe CCを安く購入できる方法を徹底比較【ほぼ半額】

Premiere Proで書き出した動画の容量を小さくする5ステップ

Premiere Proで書き出した動画の容量を小さくする方法は以下の5ステップです。

動画のデータ容量を小さくする方法

  • 書き出し設定画面を開く
  • プリセットを中速ビットレートにする
  • 大きさを変更する
  • ターゲットビットレートを指定する
  • 書き出し後のデータ容量を確認して書き出す

今回は、軽量化前のサイズが51MBの動画ファイルを例に解説します。

①書き出し設定画面を開く

まずは、書き出し設定画面を開きます。

書き出したいタイムラインを選択した状態で、「ファイル」→「書き出し」→「メディア」の順で進んでください。(ショートカット:Command + M)

これで書き出し設定画面を開くことができました。

②プリセットを中速ビットレートにする

書き出し設定画面を開いたら、形式の項目を「H.264」に設定してください。この設定は、ほぼすべての動画に適用できるため、覚えておいて損はありません。

次に、プリセットの項目を「ソースの一致 - 中速ビットレート」に変更しましょう。

ビットレートとは?

1秒間に処理されるデータ量のこと。「ソースの一致 - 高速ビットレート」を選択するとファイルサイズが大きく、「ソースの一致 - 中速ビットレート」を選択すると小さくなる

※動きの多い動画はビットレートを下げるとノイズが目立つため注意。

参考記事>>【Premiere Pro】ミディアンエフェクトで映像のノイズを除去する方法2つ

③大きさを変更する

画面の大きさを変更します。

まずは「ビデオ」のタブにある基本ビデオ設定から、幅・高さの項目のチェックを外してください。すると、大きさの変更ができるようになるため、現状の値よりも小さく設定しましょう。

ちなみに、幅・高さの右側には鎖マークのボタンがあります。このマークをクリックすると動画の縦横比をキープしてくれるため、基本的には有効にしてから数値を変更するのがおすすめです。

④ターゲットビットレートを調整する

「ビデオ」のタブから、ターゲットビットレートを調整できます。

これは、先ほどプリセットで「高速」「中速」の選択をしたビットレートをさらに自由に調整できる機能で、数値を低くすることで1秒あたりのデータ容量を小さくできます。

ただし、数値が低すぎるとノイズが目立ってしまうため、やりすぎには注意が必要です。

⑤書き出し後のデータ容量を確認して書き出す

最後にデータ容量がどれくらい小さくなったのか確認します。

書き出し設定の下に「予測ファイルサイズ」という項目があるため、ここで書き出す動画のデータ容量が確認できます。

今回は51MB→11MBになったので、約5分の1に軽量化できましたね。

あとは「書き出し」ボタンをクリックすれば完了です。

うーご

Webサイトでもサクサク動く動画になりました!

Premiere Proで書き出した動画の画質が悪い時の対処法は?

書き出した動画の画質が悪い時の対処法は?

書き出した動画の容量を小さくできたはいいものの、

  • 画面サイズの小さくしすぎ
  • ビットレートの数値を低くしすぎ

などの理由により画質が悪くなることは多々あります。

そんな時は、以下の3つのポイントを確認してください。

画質が悪い時のチェックポイント

  • シーケンス設定
  • スケールの変更
  • プロキシの解除
  • 書き出し設定

上記を最適化することで、ある程度書き出し後の画質をよくすることが可能です。

また、下記の3つのエフェクトを活用すれば動画を綺麗に見せられるため、合わせて覚えておきましょう。

動画を綺麗に見せるエフェクト

  • ブラー
  • シャープ
  • ミディアン

詳しくは以下の記事で解説していますので、参考にしてみてください。

参考記事>>Premiere Proで書き出した動画の画質が悪い!【7つの対策&テクニック】

まとめ:Premiere Proで動画のデータ容量をできる限り小さくしよう

まとめ:Premiere Proで動画のデータ容量をできる限り小さくしよう

この記事では、Premiere Proを使って動画のデータ容量を小さくする方法を紹介しました。

動画のデータ容量を小さくする方法

  • 書き出し設定画面を開く
  • プリセットを中速ビットレートにする
  • 大きさを変更する
  • ターゲットビットレートを指定する
  • 書き出し後のデータ容量を確認して書き出す

動画のデータ容量はできる限り小さくするのがおすすめです。

容量の大きい動画ファイルは、

  • Webサイトが重くなる
  • 書き出しが遅い
  • アップロードが長い

などのデメリットがあります。

ただし、小さくしすぎは動画のクオリティを下げてしまう恐れがあるため、その点は注意しましょう。

今回は以上です。

-Adobe Premiere Pro
-, ,