Adobe Premiere Pro

【Premiere Pro】ミディアンエフェクトで映像のノイズを除去する方法2つ

【Premiere Pro】ミディアンエフェクトで映像のノイズを除去する方法2つ

この記事で解決できる悩み

  • 動画がガサガサしている…
  • 映像全体のノイズを除去したい
  • 被写体を除く背景のノイズを除去したい

本記事の信頼性

当ブログでは「お金・時間・場所に自由を」をコンセプトに、動画編集やブログの始め方・ノウハウを発信します。僕のプロフィールはこちら

映像にノイズが発生する時ってありますよね。撮影環境が悪かったり、暗い動画をむりやり明るくしたりと理由はさまざまですが、ノイズを放置すると視聴者にとって見にくい動画になってしまいます。

そこで、この記事ではPremiere Proの「ミディアン(レガシー)」というエフェクトを使って、映像のノイズを除去する方法を2つ紹介します。状況によって使い分ければさらにクオリティの高い動画を作れるようになりますので、参考にしてみてください。

Adobe CCを安く購入する方法

参考記事>>【完全版】Adobe CCを安く購入できる方法を徹底比較【ほぼ半額】

Premiere Proでクリップにミディアンエフェクトを適用させる方法

ミディアン(レガシー)とは?

隣接するピクセルを繋げるようなイメージのエフェクト。映像のノイズを目立たなくすることができる。

まずは、ノイズを除去したい映像のクリップに、ミディアンエフェクトを適用させましょう。

Premiere Proの編集画面の上部にある、「エフェクト」をクリックしてください。(ショートカット:「Shift + 7」)

すると、エフェクトの選択画面が開かれます。

そこにある検索バーに「ミディアン」と打ち込んでください。すると、「ミディアン(レガシー)」のエフェクトが表示されますので、ドラッグ&ドロップで対象のクリップに適用させましょう。

以上でミディアンエフェクトを設定することができました。

次に、ミディアンエフェクトでよく使う設定を2つ紹介します。

Premiere Proのミディアンエフェクトで映像のノイズを除去する方法2つ

ここからは、ミディアンエフェクトで映像のノイズを除去する方法を2つ紹介します。

ミディアンエフェクトによる映像のノイズ除去方法

  • 映像全体のノイズを除去する方法
  • 被写体の背景のノイズだけを除去する方法

詳しく解説します。

①映像全体のノイズを除去する方法

まずは映像全体のノイズを除去する方法を解説します。

先ほど解説したミディアンエフェクトをクリップに反映した状態で、エフェクトコントロールのパネルを開いてください。

その後、「半径」の値を調整しましょう。ここで設定する数値を大きくすれば大きくするほどノイズ除去のエフェクトを強く反映させることが可能です。

ただし、数値を上げすぎると映像がぼやけてしまうため注意が必要です。そのため、半径の値は最大でも2~8程度にとどめてください。

うーご

少しずつ調整して違和感のない映像にしましょう!

上記の時点では映像全体のノイズが除去されています。しかし、このままでは人物などの被写体にまでミディアンエフェクトが反映されているため、ぼんやりとした印象の動画になってしまいます。

②被写体の背景のノイズだけを除去する方法

被写体の背景だけのノイズを除去したい時は、ミディアンエフェクトのマスクを作成します。

まず、エフェクトコントロール画面のミディアン(レガシー)」の項目にある鉛筆マークをクリックしてください。

すると、カーソルが鉛筆マークに変わるため、被写体の周りをクリックして点と線で囲んでいきましょう。この作業が完了した段階では、被写体だけにミディアンエフェクトがかかった状態になります。

そのため、エフェクトコントロール画面にある「反転」にチェックを入れてください。これによって、被写体だけにかかっていたミディアンエフェクトが反転して、背景だけにエフェクトをかけることが可能です。

ちなみに、「Shift+@」のショートカットキーを押すとプログラムモニターが全画面表示されますので、大画面で細かいところまで編集するのがおすすめです。

うーご

メディアンエフェクトの強さは①の解説と同じように、「半径」の値を2〜8に設定しましょう!

【補足】被写体が動く時はどうすればいいの?

被写体が動かない場合は、先ほど設定したマスクで背景だけのノイズを除去することができます。しかし、たとえば人物などの被写体が動く場合は、キーフレームを作成する必要があります。

やり方は簡単です。まず、エフェクトコントロール画面の「マスク(1)」の項目を探してください。その中にあるマスクパス左側のストップウォッチマークを左クリックすれば、キーフレームを作成することができます。

その後、被写体が動いてマスクからずれた時点で、マスクをドラッグして動かて位置を調整しましょう。

この作業を繰り返し行い、被写体とマスクの位置がずれるたびに位置を調整します。必要に応じてマスクの点を増やしてみてください。

最後に再生して、被写体とマスクの位置がずれていなければOKです。

うーご

地味な作業ですが、これだけで動画が見やすくなりますよ。

Premiere Proではカラー補正によって映像のノイズを除去することが可能

ここまで、ミディアンエフェクトを活用することで映像のノイズを除去する方法を紹介してきました。しかし、映像のノイズ除去はカラー補正によって行うこともできます。

うーご

正確には「除去」ではなく、ノイズを「見づらく」するイメージです。

まず、エフェクトパネルの検索バーで「Lumetri」と検索してください。そして、「Lumetriカラー」のエフェクトを探して、対象の帯にドラッグ&ドロップで反映させましょう。

すると、エフェクトコントロールにLumetriカラーの項目が現れます。そこにある色彩/彩度カーブを調整しましょう。

ほとんどの動画は「カーブの左下を右方法へ動かす」、もしくは「真ん中を上方向に動かす」ことでノイズを除去できます。

ノイズによる違和感がなくなれば、編集は完了です。

まとめ:Premiere Proで映像のノイズを除去して違和感のない動画を作ろう

まとめ:Premiere Proで映像のノイズを除去して違和感のない動画を作ろう

この記事では、Premiere Proの「ミディアン(レガシー)」エフェクトを活用して、映像のノイズを除去する方法を紹介しました。

ミディアンエフェクトによる映像のノイズ除去方法

  • 映像全体のノイズを除去する方法
  • 被写体の背景のノイズだけを除去する方法

さらに、Premiere Proではカラー補正によってノイズを見づらくすることも可能です。上記のやり方を実践して、状況にあった方法を選べるようになりましょう。

ノイズだらけの映像は視聴者に違和感を与えます。人によっては「見づらい」「不快」などと感じることもあるため、ぜひ視聴者の見やすさを意識して動画を作ってみてください。

今回は以上です。

-Adobe Premiere Pro
-, ,