動画編集の始め方

【2022年9月】Adobe CCを安く買う方法【アカデミック版で格安購入】

【完全版】Adobe CCを安く購入できる方法を徹底比較【ほぼ半額】

この記事で解決できる悩み

本記事の信頼性

当ブログでは「お金・時間・場所に自由を」をコンセプトに、副業(動画編集やブログ)の始め方・ノウハウを発信します。僕のプロフィールはこちら

Adobe CC(Adobe Creative Cloud)とは、すべてのAdobeソフトを利用できるサブスクリプションサービスのこと。Webデザイナーや動画編集者など、ほとんどのクリエイターに利用されています。

しかし、Adobe CCを公式サイトで買うと、年間72,336円と高価なのが悩みどころ…。クリエイティブ職の必須ツールとはいえ、「Adobe税」なんて言葉もあるくらい苦しんでいるユーザーは多いです。

しかし実は、Adobe CCには公式サイトのほぼ半額の39,980円で買う裏技があります。

とはいえ、いきなり「安く買う方法があるよ!」と言われても、「本当に安く買えるの?」「デメリットがあるのでは?」といった疑問を抱える方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、現役クリエイターの僕が、Adobe CCを安く買う方法を詳しく解説します。安くなる背景やおすすめの購入方法まで全網羅するので、さっそく格安でAdobe CCをゲットしましょう!

うーご

知っているだけで毎年32,356円お得になるので、ぜひ最後までご覧ください!

【結論】Adobe CCを安く買うならデジハリAdobeマスター講座一択

デジハリオンラインAdobeマスター講座

結論、Adobe CCを安く買うならデジハリAdobeマスター講座がおすすめです。

「1年分のAdobe CCライセンス」「Adobeソフトの基本的な使い方教材」がセットになっており、39,980円の学割価格(最安値)でAdobe CCを購入できます。

デジハリAdobeマスター講座のメリットは下記のとおりです。

デジハリAdobeマスター講座のメリット

  • Adobe CCを39,980円で買える
  • 最短10分でAdobe CCを使える
  • お得な専用ストアを利用できる
  • サポート体制が充実している
  • 2ヶ月の課題添削期間がある

他にもAdobe CCを公式より安く買う方法はあります。しかし、デジハリAdobeマスター講座は最安値&高品質サポートなので、とりあえず選んでおけば間違いありません。

\ ほぼ半額!年間72,336円→39,980円! /

デジハリAdobeマスター講座を購入する

※最短10分で受講開始できます

うーご

ここからは、デジハリを含む、Adobe CCを安く買う方法を紹介します!

Adobe CCを安く買う方法は3つある【ほぼ半額】

Adobe CCを安く購入する方法を徹底比較【価格比較表あり】

まず前提として、Adobe CCを買う方法は3つあります。

Adobe CCを買う方法3つ

  • Adobe認定スクールで買う
  • Amazonで買う
  • Adobe公式で買う

そして、この中でも最安値なのが、「Adobe認定スクールで買う」です。

下記は、購入方法別のAdobe CC価格表となります。

購入方法別Adobe CC価格表

購入方法価格(年)
Adobe認定スクール39,980円〜
Amazon(セール時)42,768円
Amazon(通常)65,102円
Adobe公式(年間プラン 一括払い)72,336円
Adobe公式(年間プラン 月々払い)74,976円
Adobe公式(月間プラン 月々払い)118,536円
うーご

何も知らないと年間72,336円の「Adobe公式(年間プラン 一括払い)」を購入しがちですが、年間39,980円のAdobe認定スクールを買うとほぼ半額になりますね!

それぞれの購入方法について詳しく解説します。

①Adobe認定スクールで購入する(学割価格)

Adobe認定スクールでAdobe CCを購入する

1番おすすめの購入方法です。Adobe認定スクールでは、「1年分のAdobe CCライセンス」「基本的な使い方が学べる講座」のセットをAdobe公式のほぼ半額(39,980円〜)で買えます。

Adobe認定スクールとは?

Adobe社に「Adobe CCアカデミック版(1年分)+Adobeソフトの使い方講座」の販売を認められたスクールのこと(※アカデミック版:学生・教職員用のプランのこと)

2022年10月現在、日本国内には6つのAdobe認定スクールが存在します。

Adobe認定スクール6校

※パソコンスクールISA・バンタングループ・WinスクールではAdobe CC付講座を販売していません

①〜③の3つなら、どの講座を選んでもAdobe CCを安く買えます。もちろんAdobe CCは正規品。購入ソフトは学生・教職員向けのアカデミック版ですが、社会人でも問題なく利用可能です。

うーご

簡単にいうと、デメリットなしでAdobe CCを安く買える講座ってことですね!

各講座の特徴は後述しているため、気になる方はこちらからジャンプしてください。

②Amazonで購入する(狙いはセール時)

AmazonでAdobe CCを安く購入する

Amazonでは、Adobe公式より少しだけ安い65,097円でAdobe CCを購入できます。

年3、4回のセールでは42,768円まで値下がりするため、Amazonで買うならサイバーマンデーセールやブラックマンデーセールなどの大型セールを待ちましょう。

うーご

割引率は公式サイトとほぼ同じですが、税金分Amaozonのほうがお得です!

\ 現在の価格をチェックする!/

Adobe CC(Amazon)はこちら

③Adobe公式で購入する(狙いはセール時)

Adobe公式でAdobe CCを購入する

Adobe公式サイトでは、もっともコスパの良い年間プランで72,336円となります。

年に何回かセールを実施していますが、最安値は52,000円です。そのため、「安くAdobe CCを買いたい!」と考えている方が利用するメリットはほとんどありません。

ただし、詳しくは後述しますが、公式サイトからAdobe CCを買うと「購入14日以内なら返品・キャンセルOK」のサポートがあります。他の購入方法にはない魅力なので、安心感はありますね。

うーご

Adobe公式は「安く買いたい<安心したい」といった方向けの購入方法です。

とはいえ、最安値のAdobe認定スクールの講座も国内有数の大手スクールが提供しているので、安心して利用できないわけではないですよ。

\ 現在の価格をチェックする! /

Adobe公式サイトはこちら

【補足】職業訓練校で買うのが1番安い

余談ですが、実はAdobe CCを1番安く買えるのは職業訓練校です。

3ヶ月以上通うと26,136円/年でAdobe CCを購入できるため、業界最安値となります。

うーご

ただし、前提として職業訓練校に通わなければならないため、今回は割愛します!

ここからは、Adobe CCを最安値の39,980円〜で買える講座を、詳しく深掘りします。

【最安値】Adobe CCを安く買える講座3校

それでは、Adobe CCが安く購入できる講座を比較してみましょう。

現在、Adobe CCとセットで講座を販売しているのは、以下の3つのスクールです。

Adobe CCが安いスクールの比較表

スクール名おすすめ度料金(税込)特徴サポート期間受講形式
デジハリオンライン ロゴ
デジハリAdobeマスター講座
¥39,980・最短10分でAdobe CCを利用できる
・受講生専用ストアを利用できる
3ヶ月 オンライン
たのまな ロゴ
たのまなadobe講座
¥39,980・回数無制限の質問サポートあり
・動画×テキストで自由に学習できる
3ヶ月オンライン
アドバンスクール ロゴ
アドバンスクール
¥51,700・受講期間1年でマイペースに学べる
・セール時は39,980円で購入できる
1年オンライン

1つずつ順番に解説します。

①デジハリAdobeマスター講座

デジハリオンラインAdobeマスター講座
スクール名デジハリAdobeマスター講座
おすすめ度
料金(税込)39,980円
教材閲覧期間1ヶ月
サポート期間2ヶ月
サポート内容課題添削サポート
学べること・Photoshop
・Illustrator
・Premiere Pro
・After Effects
・Dreamweaver
・InDesign
学習スタイルオンライン動画
備考申し込みから最短5分で受講開始

デジハリは、日本でもトップクラスに有名なWeb・ITスクールです。そして、同社の提供するAdobeマスター講座は、Adobe CCを安く買えるもっともおすすめの講座となります。

特徴は下記のとおりです。

デジハリAdobeマスター講座の特徴

  • Adobe CCを39,980円で買える
  • 最短10分でAdobe CCを使える
  • お得な専用ストアを利用できる
  • サポート体制が充実している
  • 2ヶ月の課題添削期間がある

最大の魅力は、申込から最短10分でAdobe CCを利用できること。「すぐにAdobe CCがないと困る」「学習意欲のあるうちにAdobe CCに触りたい」と考えている方に即ライセンスを届けてくれます。

うーご

後述しますが、他講座では納品まで1〜3営業日かかります。

課題添削サポートもあるので、「スキルを高めたい」と考えている方にもぴったりです。第三者のアドバイスをもらうことで、学習後はポートフォリオとして案件獲得をねらえるでしょう。

また、デジハリAdobeマスター講座を購入すると、受講者専用の「デジハリストア」で買い物ができます。モリサワフォントやPC周辺機器など、クリエイターが欲しがるツールを安くそろえられますよ。

うーご

僕は3つのAdobe講座すべての購入経験がありますが、Adobeソフト使い方講座の動画コンテンツがわかりやすいのもイチオシする理由です!

デジハリAdobeマスター講座はこんな人におすすめ

  • 最安値でAdobe CCを購入したい
  • Adobeソフトの使い方を学びたい
  • プロ講師に課題添削をしてほしい
  • 今すぐAdobe CCを利用したい
  • お得なストアで買い物をしたい

>>デジハリでAdobe CCを格安購入する

デジハリAdobeマスター講座の口コミ・評判

\ ほぼ半額!年間72,336円→39,980円! /

デジハリAdobeマスター講座を購入する

※最短10分で受講開始できます

あわせて読みたい
Adobe CCが安い!デジハリAdobeマスター講座の口コミ・評判は?
【評判は?】デジハリでAdobe CCを格安購入!口コミやデメリット!

②たのまなadobe講座

たのまなadobe講座
スクール名たのまなadobe講座
おすすめ度
料金(税込)39,980円
教材閲覧期間1ヶ月
サポート期間3ヶ月
サポート内容回数無制限のメールサポート
学べること・Photoshop
・Illustrator
・Premiere Pro
・After Effects
・Adobe XD
学習スタイル動画+テキスト
備考・課題添削(追加料金)
・DTP用語集・Web用語集配布

「たのまな」は、資格取得スクール最大手・ヒューマンアカデミーが運営しています。そして、たのまなの「adobe講座」は、Adobe CCを安く買える講座で2番目におすすめです。

特徴は下記のとおりです。

たのまなadobe講座の特徴

  • Adobe CCを39,980円で買える
  • 自由に質問できる環境がある
  • 動画×テキストで学べる

料金は、デジハリAdobeマスター講座と同じ最安値の39,980円です。追加料金はかかりますが、プロによる課題添削を受けながら制作動画のクオリティも高められます。

また、たのまなには回数無制限の質問サポートがあります。Adobeソフトの使い方の勉強中にわからない部分をメールで質問できるため、解決を諦めて挫折するリスクを軽減できるでしょう。

うーご

個人的にはデジハリのほうが動画講座がわかりやすかったので「2番手」としましたが、間違いなくどちらを選んでも満足できますよ!

たのまなadobe講座はこんな人におすすめ

  • 最安値でAdobe CCを購入したい
  • Adobeソフトの使い方を学びたい
  • メールで質問しながら学習したい
  • オプションで課題添削してほしい
  • DTP用語集・Web用語集配布がほしい

>>たのまなでAdobe CCを格安購入する

たのまなadobe講座の口コミ・評判

\ Adobe CCが最安値!39,980円! /

たのまなadobe講座の申し込みはこちら

※キャンペーンは突然終了する可能性があります

あわせて読みたい
Adobe CCが格安!たのまなadobeの口コミ・評判は?【継続方法も紹介】
【リアルな評判】たのまなadobe講座の口コミや料金を徹底レビュー!

③アドバンスクール

アドバンスクールオンライン トップ
スクール名アドバンスクール
おすすめ度
料金(税込)51,700円(税込)〜
※セール時39,980円〜
教材閲覧期間1年
サポート期間1年
サポート内容回数無制限のメールサポート
学べること・Photoshop
・Illustrator
・Premiere Pro
・After Effects
・Dreamweaver
・InDesign
・Adobe XD
・HTML5%CSS3
・Fresco
・Dimension
・Aero
学習スタイルテキスト(動画追加中)
備考ニッチなソフトも学べる

アドバンスクールは、九州・四国を中心に展開するパソコンスクールのオンライン講座です。当サイトのおすすめ度は3番目ですが、アドバンスクールならではの魅力もたくさんあります。

特徴は下記のとおりです。

アドバンスクールの特徴

  • セール時は39,980円で購入できる
  • 学べるAdobeソフトの数がNo.1
  • 1年の教材視聴&サポートがある
  • 自由に質問できる環境がある
  • 教材が毎年アップデートされる

最大の魅力は、学べるAdobeソフトの数が多いこと。Dimension・Aero・Frescoといった他講座にはないソフトの講座が用意されているため、さまざまなソフトに触れながら学習を進められます。

教材閲覧期間・サポート期間は全講座で最長の1年間です。メールで質問しながら時間をかけてスキルを習得できるため、なかなか学習時間を取れない方にはぴったりの講座といえるでしょう。

ただし、アドバンスクールの通常料金は51,700円となります。Adobe CCの最安値「39,980円」で購入できるのはセール時のみなので、購入前に公式サイトをチェックしてくださいね。

アドバンスクールはこんな人におすすめ

  • 複数のAdobeソフトに触りたい
  • 1年かけてじっくり学習したい
  • メールで質問しながら学習したい
  • Dimension・Aero・Frescoを勉強したい

>>アドバンスクール公式サイトはこちら

アドバンスクールの口コミ・評判

\ 全11種のAdobeソフトを学べる! /

アドバンスクールの講座を購入する

※定期的にセールが実施されています

あわせて読みたい
Adobe CCが格安!アドバンスクールAdobe講座の口コミ・評判は?
【ガチ評判】Adobe CCが安い!アドバンスクールの口コミを徹底解説!
うーご

以上がAdobe CCを安く買える講座の特徴です。

ぜひ自分に合うものを選んでみてくださいね。

Adobe CCを安く買える講座3校を徹底比較

Adobe CCを安く買える講座3校を徹底比較

続いて、Adobe CCを安く買える講座を比較します。

下記は比較表なので、お忙しい方はこちらからチェックしてみてください。

Adobe認定スクール比較表

講座名デジハリ Adobeマスター講座たのまな Adobeベーシック講座アドバンスクール
認定プラチナスクールパートナー(最上)
料金(税込)39,800円39,800円51,700円
※セール時39,980円
講座内容・Adobe CC(1年分)ライセンス
・動画教材(Adobeソフトの使い方)
・Adobe CC(1年分)ライセンス
・動画教材(Adobeソフトの使い方)
・Adobe CC(1年分)ライセンス
・動画教材(Adobeソフトの使い方)
納品速度・クレカ決済:即時
・コンビニ決済:約3時間
・銀行振込:30分〜翌朝9時過ぎ
1〜3営業日後3営業日以内
学べるソフト・Photoshop
・Illustrator
・Premiere Pro
・After Effects
・Dreamweaver
・InDesign
・Photoshop
・Illustrator
・Premiere Pro
・After Effects
・Adobe XD
・Photoshop
・Illustrator
・Premiere Pro
・After Effects
・Dreamweaver
・InDesign
・Adobe XD
・HTML5%CSS3
・Fresco
・Dimension
・Aero
教材閲覧期間1ヶ月1ヶ月
※3ヶ月&12ヶ月プランもあり(追加料金)
1年
サポート期間2ヶ月3ヶ月1年
サポート内容課題添削サポート回数無制限のメールサポート回数無制限のメールサポート
オプション-・課題添削(追加料金)
・DTP用語集・Web用語集配布
-
法人利用×××
支払い方法・クレジットカード(一括・分割)
・コンビニ決済(一括)
・銀行振込(一括)
・クレジットカード(一括・分割)
・オリコ教育ローン(分割)
・銀行振込(一括)
・NP後払い(一括)
・代金引換(一括)
・Amazon Pay
・クレジットカード(一括・分割)
・コンビニ決済(一括)
・代金引換(一括)
公式サイトデジハリ公式サイトたのまな公式サイトアドバンスクール公式サイト

ここからは、特に重要なポイントを項目別に比較します。

①値段の比較

講座名値段(税込)
デジハリAdobeマスター講座39,980円
たのまなadobe講座39,980円
アドバンスクール51,700円
※セール時39,980円

もっとも安く購入できるのは、デジハリAdobeマスター講座とたのまなadobe講座です。

ただし、アドバンスクールもセール時は最安値(39,980円)なので、公式サイトをチェックしましょう。

うーご

ちなみに、常時最安値で人気のある2校は下記記事で詳しく比較しています!

あわせて読みたい
【徹底比較】Adobe講座「デジハリ」「たのまな」はどっちがおすすめ?【共通点・違いまとめ】
【徹底比較】Adobe講座「デジハリ」「たのまな」はどっちがおすすめ?【共通点・違いまとめ】

②納品速度の比較

講座名いつから使えるか
デジハリAdobeマスター講座最短10分
たのまなadobe講座1〜3日営業日
アドバンスクール3営業日以内

納品速度(Adobe CCを利用できるまでの時間)が最速なのはデジハリAdobeマスター講座です。

うーご

「Adobe CCを使えるまでの時間=申し込み〜シリアルコード到着の時間」です!

デジハリでは、ほとんどの購入方法で当日からAdobe CCを利用できます。しかし、たのまなとアドバンスクールでは1〜3営業日の処理期間が必要なので、すぐにAdobe CCを利用できません。

そのため、すぐにAdobe CCが必要な現役クリエイターや、モチベーションが高い状態でAdobeソフトの使い方を勉強したい方には、デジハリAdobeマスター講座を強くおすすめします。

③教材の充実度の比較

講座名講座内容ボリュームわかりやすさ
(個人的な感想)
デジハリAdobeマスター講座・Photoshop
・Illustrator
・Premiere Pro
・After Effects
・Dreamweaver
・InDesign
(計6種)
約46時間
たのまなadobe講座・Photoshop
・Illustrator
・Premiere Pro
・After Effects
・Adobe XD
(計5種)
非公開
アドバンスクール・Premiere Pro
・After Effects
・Photoshop
・Illustrator
・Dreamweaver
・InDesign
・Adobe XD
・Fresco
・Dimension
・Aero
・HTML5&CSS3
(計11種)
約150時間

もっとも学べるソフト数が多いのはアドバンスクールです。他2校にはない「Fresco」「Dimention」「Aero」が講座内容に含まれるため、こちらの使い方を勉強したい方におすすめとなります。

ちなみに、各講座で学べるソフトの役割は下記のとおりです。

各講座で学べるソフトの役割

ソフト名学習時間(計)ソフトの役割
Photoshop9時間32分画像の色調補正や合成できる画像編集ソフト
Illustrator9時間46分チラシやポスターに適したデザインソフト
Adobe XD4時間30分専門知識なしで手軽に使えるデザインソフト
Premiere Pro9時間32分カット・BGM挿入など基本的な動画編集ソフト
AfterEffects12時間23分複雑なエフェクトなどができる動画編集ソフト
In Design9時間30分雑誌などページレイアウトに使用するソフト
HTML5 & CSS34時間30分Webページを制作するための言語
Dreamweaver約21時間HTMLやCSSを用いたホームページ制作ソフト
Fresco約21時間自由に絵を描けるペインティング&描画ソフト
Dimension約21時間作成した2Dデザインを3D化する編集ソフト
Aero約21時間2DデザインにAR(拡張現実)を反映するソフト

そして、気になる「わかりやすさ」について、個人的にはデジハリAdobeマスター講座の圧勝です。

デジハリの動画教材では、人気講師が顔を出してわかりやすくAdobeソフトの使い方を解説してくれます。そのため、実際に講義を受けているような感覚で、集中して学習できました。

デジハリの実際の講義画面

デジハリの講義画面

対して、たのまなadobe講座やアドバンスクールでは、ナレーターが淡々とAdobeソフトの使い方を解説します。機械的に教科書を朗読されるみたいで、正直僕はすぐに眠くなりましたね笑

なので、講座のわかりやすさを重視するなら、デジハリAdobeマスター講座を選びましょう。

ちなみに、デジハリ・たのまなはそれぞれ公式サイトに講義サンプル動画をアップしているので、気になる方はチェックしてみてくださいね。(アドバンスクールはなし)

>>デジハリ公式サイトはこちら

>>たのまな公式サイトはこちら

④サポート内容・期間の比較

講座名期間サポート内容
デジハリAdobeマスター講座2ヶ月課題添削
たのまなadobe講座3ヶ月メール質問サポート
アドバンスクール1年間メール質問サポート

サポート内容は、正直3校とも優劣つけがたいです。

デジハリAdobeマスター講座では、プロ講師が課題添削をしてくれます。客観的なフィードバックを受けることで、自分では気づけない改善点を発見して、効率的にスキルアップすることが可能です。

案件を獲得して稼ぎたいなら、添削後の課題をそのままポートフォリオにできるでしょう。

対して、たのまなadobe講座とアドバンスクールでは、回数無制限のメール質問サポートがあります。わからない部分をすぐに質問できるため、挫折するリスクを軽減できるはずです。

うーご

試しに質問してみたところ、30分〜1時間程度で回答をもらえました!

まとめると、デジハリは「1→100」・たのまなとアドバンスクールは「0→1」のためのサポートといったイメージですね。どちらも有益なので、あなた自身にぴったりのサポートを選びましょう。

⑤学習スタイルの比較

講座名学習スタイル
デジハリAdobeマスター講座動画
たのまなadobe講座動画+テキスト
アドバンスクール動画+テキスト

学習スタイルは、たのまなadobe講座とアドバンスクールが幅広いです。

ただし、2022年10月現在すべてのAdobe講座がオンライン動画教材への変更を実施しています。テキスト教材はあっても情報が古い可能性が高いので、あまり大きな魅力とはいえません。

⑥選べるコースの比較

講座名選べるコースの有無
デジハリAdobeマスター講座×
(コースは1つだけ)
たのまなadobe講座
(3つのコースを選べる)
アドバンスクール
(3つのコースを選べる)

たのまなadobe講座とアドバンスクールには、選べる3つのコースが用意されています。

下記は、各コースの特徴をまとめた表です。

たのまなの選べるコース3つ

項目1ヶ月コース3ヶ月コース12ヶ月コース
値段(税込)39,980円45,800円76,800円
教材閲覧期間1ヶ月3ヶ月12ヶ月
サポート期間3ヶ月13ヶ月25ヶ月
Adobe CC1年分1年分1年分

アドバンスクールの選べるコース3つ

項目1年コース2年コース3年コース
値段(税込)51,700 円99,800 円145,200 円
教材閲覧期間1年1年1年
サポート期間1年1年1年
Adobe CC1年分2年分3年分

たのまなadobe講座はサポート期間が長くなるにつれて値段が高くなり、アドバンスクールはAdobe CCの利用期間が長くなるにつれて値段が高くなるイメージですね。

基本的には、デジハリAdobeマスター講座を含む最安値のコースで充分です。しかし、「時間をかけて学びたい」「Adobe CCをまとめ買いしたい」という方は、長期プランを検討しましょう。

⑦支払い方法の比較

講座名選べるコースの有無
デジハリAdobeマスター講座・クレジットカード(一括・分割)
・コンビニ決済(一括)
・銀行振込(一括)
たのまなadobe講座・クレジットカード(一括・分割)
・オリコ教育ローン(分割)
・銀行振込(一括)
・NP後払い(一括)
・代金引換(一括)
・Amazon Pay
アドバンスクール・クレジットカード(一括・分割)
・コンビニ決済(一括)
・代金引換(一括)

支払い方法の選択肢は、たのまなadobe講座がもっとも豊富です。

Adobe CCを利用するまでの時間は、クレジットカード決済が最速となります。とはいえ、人によって好みや環境の違いがあるので、あなたに最適な方法を選んでくださいね。

うーご

以上、Adobe CCを安く買える講座の比較でした!

Adobe認定スクールでAdobe CCが安い理由は?【結論:アカデミック版】

Adobe認定スクールでAdobe CCが安く購入できる理由【学割価格だから】

Adobe認定スクールは、学生・教職員向けの”アカデミック版”を提供しているからAdobe CCを安く購入できます。

では、なぜAdobe認定スクールはアカデミック版を提供できるのか、具体的な背景を見ていきましょう。

①Adobeプラチナスクールパートナーは特別価格でAdobe CCを販売できる

Adobe認定スクールの正式名称は”Adobeプラチナスクールパートナー”です。

Adobeプラチナスクールパートナーは、Adobe社から「指定する教育コース」「特別価格」で提供することを認められています。

「指定する教育コース」「特別価格」とは?

  • 指定する教育コース
    →「Adobe CC」「Adobeソフトの使い方」のセット
  • 特別価格
    →通常より安い教職員・学生向けのアカデミック版の価格

つまり、Adobeプラチナスクールパートナーは、「Adobe CC」「Adobeソフトの使い方講座」をセット販売することで、Adobe CCアカデミック版を安く提供できているわけですね。

②プラチナスクールパートナーになる難易度は高い

先述のとおり、日本には6校のプラチナスクールパートナーが存在します。

Adobe認定スクール6校

※パソコンスクールISA・バンタングループ・WinスクールではAdobe CC付講座を販売していません

プラチナスクールパートナーなるためには、厳しい審査に通過しなくてはなりません。しかし、通常のスクールパートナーになるだけでも、4つの厳しい条件をクリアする必要があります。

Adobeスクールパートナーの審査基準

■ 対面式のトレーニングサービスが、事業のメインであること

■ 対面式クラスにて3カ月間で15時間以上のコースを実施できること

■ アドビからの要求に応じて、すべてのテキスト、カリキュラム、学習コンテンツをご提出いただく場合がございます*1

■ ACAの取得を目的としたコースを有し、公式な試験開催が可能であること*2

参考:アドビスクールパートナープログラム

そしてプラチナスクールパートナーになるためには、さらに厳しい下記条件のクリアが必須です。

プラチナスクールパートナーになる条件

項目条件
コース形態通信 / 教室
保有ライセンス(スクール設備用)250
提供形態コース+ライセンス
アドビ認定プロフェッショナル資格保有者5名
アドビ認定プロフェッショナル対策講座必須
アドビ認定プロフェッショナル試験会場必須
アカデミック版の年間販売目標数1000
月次レポート(販売実績、ACA関連)必須
参照:アドビスクールパートナープログラム
うーご

上記をクリアした6校は、Adobe社から認められた信頼できるスクールです!

③もちろんAdobe社にもメリットがある

プラチナスクールパートナーが単にAdobe公式サイトより安くAdobe CCを販売するだけでは、Adobe社にデメリットがないように見えますよね。

しかし、その裏にはAdobe社のねらいがいくつかあります。

Adobe社のねらい

  • 気軽にAdobe CCを導入してもらう
  • 2年目に継続・更新してもらう
  • 結果的に売り上げアップになる

簡単にまとめると、上記のイメージですね。

スクール経由でAdobe CCを安くすればシェア拡大につながるため、結果的にAdobe社のメリットにつながります。あくまでAdobe社のための格安価格なので、「安すぎて不安」と感じる必要はありません。

うーご

これらの背景を知っていれば、安心して安くAdobe CCを購入できますね!

Adobe CCとは?購入後にできることは?

まとめ:Premiere Proで動画に最適なテロップを挿入しよう

「そもそも、Adobe CCって何?」という方向けに、簡単にサービス内容を紹介します。

①Adobe CCとは?

Adobe CCの正式名称は「Adobe Creative Cloud」です。

月額料金を支払うことで、Adobe社が提供するクリエイティブソフトを利用できます。

②Adobe CCを購入してできる作業

Adobe CCを購入すると、下記のような作業ができるようになります。

Adobe CCを購入してできる作業

  • 画像編集・加工
  • 動画編集・加工
  • 3D素材作成・編集
  • デザイン作成・編集
  • Webサイト作成・編集
  • …etc

上記ができることで、クラウドソーシングなどを活用して個人で仕事を取ることも可能です。PCさえあれば場所を問わずに働けるため、最近はPC・Adobe CCだけで稼ぐクリエイターがたくさんいます。

③Adobe CCを購入して使えるソフト

Adobe CCを購入すると、下記のすべてのソフトが使い放題になります。

写真・画像編集ソフト

ソフト名主な使用用途
Photoshop CC万能の画像加工ソフト
Photoshop Lightroom CC写真管理(クラウド)
Photoshop Lightroom Classic写真管理(ローカル)
Photoshop Elements初心者向け編集ソフト
Adobe Frescoペイントアプリ
Adobe Camera RawRAW画像処理プラグイン

デザインソフト

ソフト名特徴・機能
Illustrator CC多機能デザインソフト
InDesign CCページ系デザインソフト
InCopy CC編集用の閲覧・校正ソフト

動画編集ソフト

ソフト名主な使用用途
Premiere Pro CC動画編集のメインソフト
Premiere Rush CC簡易的な動画編集ソフト
Premiere Elements初心者向けの編集ソフト
After Effects CC高度なエフェクトソフト
Audition CC音声・音楽編集ソフト
Animate CCアニメーション作成ソフト
Character Animator CCキャラクターを動かすソフト
Prelude CC動画ファイル管理・ラフ作成

3D・ARソフト

ソフト名主な用途
Adobe Dimension CC3Dグラフィックソフト
Adobe AeroAR(拡張現実)ソフト

Web・UI制作ソフト

ソフト名主な用途
Adobe Dreamweaver CCコーディング
(html/css/JavaScriptなど)
Adobe XD CCデザイン
(UI/レイアウト/ワイヤーフレームなど)
Adobe Creative Cloud Expressテンプレートで簡単にデザイン作成
うーご

モバイル版を合わせれば、上記でもほんの一部です!

④職業別に必要なAdobe CCのソフト

上記のとおり、Adobe CCにはたくさんのソフトがあり、使えるだけで就ける職業が山ほどあります。

代表的な職業の”Webデザイナー””動画クリエイター”に必要なAdobeソフトをご覧ください。

Webデザイナーに必要なソフト

  • Photoshop
  • Illustrator
  • Adobe XD
  • Dreamweaver

動画クリエイターに必要なソフト

  • Premiere Pro
  • After Effects
  • Photoshop
  • Illustrator

「Webデザイナー」「動画クリエイター」とひとまとめにしましたが、業務内容によって使用ソフトは異なります。なので、まずは自分のなりたい姿を思い描き、それに応じたソフトの勉強をしてください。

ちなみに、動画クリエイターを目指す方はスクールに通うのがおすすめです。僕も元スクール受講生ですが、実績豊富な講師から実践的な指導や手厚いサポートを受けて、効率的にキャリアを進められました。

おすすめの動画編集スクールは『【評判あり】社会人向け!おすすめ動画編集スクール・講座20選を比較!【口コミ】』で紹介しているので、興味のある方はぜひご覧ください。

あわせて読みたい
【最新版】社会人におすすめの動画編集スクール・講座15選を徹底比較【口コミあり】
【評判あり】社会人向け!おすすめ動画編集スクール・講座20選を比較!【口コミ】

⑤その他、Adobe CC購入後にできること

Adobe CCは、単にソフトを利用できるだけのサービスではありません。

その他、Adobe CC購入後にできること

  • 学習動画を閲覧できる
    →ソフトの使い方・テクニック講座を閲覧可能。
  • Adobeフォントが使い放題
    Adobe Fontsに登録された15,000を超えるフォントを利用可能。
  • ファイルストレージを利用できる
    →約100GBのファイルストレージを利用可能。(容量は契約プラン別)

正直、学習動画はAdobe認定スクールの講座のほうがわかりやすいので、あまり利用機会はありません。

しかし、Adobeフォントは使い道がたくさんあります。商用利用もできるので、Webデザイナーや動画クリエイターなどの仕事で納品物クオリティを高めることが可能です。

また、専用のストレージを利用できるのも大きな魅力。PhotoshopやPremiere Proを使っていると、保存容量の少ないPCではすぐに足りなくなってしまいますが、外部に保存先があれば安心ですよね。

うーご

まとめると、Adobe CCはクリエイターを総合的に支えるサービスです!

Adobe CCを講座で安く買う注意点5つ

Adobe CCを講座で安く購入する時の注意点

Adobe CCを講座で安く買うときは、以下の5つに注意しましょう。

Adobe CCを安く購入する時の注意点

  • 同時使用できるPCは2台まで
  • 法人利用はできない(商用利用は可)
  • 料金は年間払いが基本
  • 公式から切り替えた方がお得なことがある
  • キャンペーンは突然終了する可能性がある

それぞれ解説します。

①同時使用できるPCは2台まで

Adobe CCは、同時に使用できるPCが2台までと定められています。

そのため、もし3台以上のPCで利用したい場合は注意しましょう。

うーご

同時接続が2台なので、一旦ログアウトすれば3台以上も利用できます!

②法人利用はできない(商用利用は可)

法人の場合は、講座でAdobe CCを購入できません。必ず通常版を購入しましょう。

逆に、副業やフリーランスとしてAdobe CCを利用するなら、講座で買わない理由はありません。

③料金は年間払いが基本

Adobe CCが安い講座は、「Adobe◯年ライセンス◯◯円」といった形で年間払いをするのが基本です。公式のような月額制プランはありません。

39,980円を一括で支払う必要があるため、お財布の状況を確認しておきましょう。

④公式から切り替えた方がお得なことがある

すでに公式でAdobe CCを購入していても、講座に切り替えた方がお得なケースがあります。

デジハリAdobeマスター講座を例に見てみましょう。

Adobe公式(年間プラン 月々払い)の場合

  • Adobe公式(6,248円/月)の場合:74,976円/年
  • Adobe公式(5ヶ月)+デジハリAdobeマスター講座の場合:31,240円+39,980円=71,220円

つまり、たとえAdobe CCを公式で購入しても、5ヶ月以内ならデジハリAdobeマスター講座に切り替えた方が安くなるわけですね。

うーご

ちなみに、公式サイトからAdobe CCを購入すると、14日以内なら無料で返品・キャンセルできるため、契約状況を確認してみてください。

⑤キャンペーンは突然終了する可能性がある

現在のAdobe CCが安い講座の価格は、あくまでキャンペーン価格です。そのため、突然キャンペーンが終了する可能性は充分にあります。

うーご

事実、パソコンスクールISAのAdobe付講座は2021年7月に販売を終了しました。

たのまなadobe講座も、「29,980円→39,980円」と値上げした過去があります。

そのため、Adobe CCの導入を考えている方は、早めに購入しておきましょう。

もっともおすすめなのは、デジハリAdobeマスター講座です。

\ ほぼ半額!年間72,336円→39,980円! /

デジハリAdobeマスター講座を購入する

※最短10分で受講開始できます

Adobe CCが安い講座を2年目以降も継続・更新する方法は?

Adobe CCを安く購入できる講座を2年目以降も継続・更新する方法は?

Adobe CCを安く購入できる講座は、2年目以降も同じ価格で継続・更新できます。

改めて講座を購入すればOKですが、いくつか注意点があります。

Adobe CC継続・更新の注意点

  • Adobeライセンスの更新日を把握する
  • Adobeライセンスが失効してから更新する
  • ライセンス失効前に新しいライセンスを用意する
  • Adobe公式サイトで「支払い情報」の入力をしない
  • 前回とは別のAdobe CCが安い講座を検討する

特に、動画編集者やデザイナーなど、Adobeソフトがないと仕事にならない方は、必ず事前に講座を購入してAdobeライセンスを用意しておきましょう。

FAQ(よくある質問)

最後に、「Adobe CCを安く購入したい」「けど公式以外で買うのが少し怖い」といった方の悩みを解決するFAQを作ってみました。

①フリーソフトじゃダメなの?

最初はフリーソフトや安いソフトじゃダメ?

悩む人
うーご

クリエイターを目指すなら、必ずAdobe CCを利用してください。

業務で使うのはAdobe CCなので、他ソフトを触る時間・手間が無駄になります。

②通常版とアカデミック版の違いは?

講座で購入できるのはアカデミック版って聞いたけど通常版と何が違うの?

悩む人
うーご

内容はまったく同じです。

もちろんすべてのAdobeソフトを利用できます。

③受講期間はどれくらい必要?

講座でAdobe CCの基礎を学ぶなら、どれくらいの期間かかるかな?

悩む人
うーご

ソフト1つなら1ヶ月、2つなら3ヶ月が目安です。

すべてのソフトを学ぶなら1年でも足りないかもしれません。

④講座の受講期間が終わってもAdobe CCは使える?

講座の受講期間が終わったらAdobe CCが使えなくなる、なんてことはないよね…?

悩む人
うーご

使えます。講座を購入する時にAdobeライセンスの期間を選べるので、その期間は使い放題です。

⑤Adobe公認スクールで購入するデメリットは?

Adobe公認スクールで講座を購入するデメリットは?

悩む人
うーご

唯一のデメリットはキャンセル・返品ができないことです。

公式なら14日以内はキャンセル・返品ができますが、講座ではそれができません。

⑥単品購入とどっちがおすすめ?

Adobe公式でソフトを単品購入すれば39,980円より安いから迷う…

悩む人
うーご

ほとんどのケースでAdobe CCがおすすめです。

動画編集者やデザイナーなどの多くは、最低でも2つ以上のAdobeソフトを利用します。

⑦2ソフトしか使わないけどAdobe CCは必要?

2つしかAdobeソフトを使わないからもったいない気が…

悩む人
うーご

先ほどと同様、ほとんどのケースでAdobe CCを購入したほうがお得です。

基本的に2つAdobeソフトを契約すると、最安値の39,980円を超えてしまいます。

⑧Adobeライセンスはどうやって届くの?

Adobeライセンスはどんな形で手元に届くの?

悩む人
うーご

支払いが確認されたら一定期間内にメールで届きます。

  • デジハリAdobeマスター講座:最短10分
  • たのまなadobe講座:1〜3営業日以内
  • アドバンスクール:1〜3営業日以内

⑨基礎だけでなくプロを目指して学びたい

講座はAdobeソフトの基礎を学べるみたいだけど、どうせならプロを目指せるカリキュラムで学びたいなあ。

悩む人
うーご

同じくAdobe CCが格安のヒューマンアカデミー動画クリエイター講座がおすすめです。

または、Adobe CCが安い講座+他のスクールを検討しましょう。

ちなみに、僕はたのまなadobe講座を提供する「ヒューマンアカデミー」で動画編集を勉強しました。Adobe CCも格安購入できたので、合わせてスクールに通いたい方は下記記事をご覧ください。

参考記事>>【元受講生が語る】ヒューマンアカデミー動画クリエイター講座の口コミ・評判は?

まとめ:Adobe CCを安く買うならデジハリAdobeマスター講座がおすすめ

とめ:Adobe CCを安く購入するならデジハリオンラインがおすすめ

今回は、Adobe CCを安く買う方法を紹介しました。

Adobe公式やAmazonなど購入方法はさまざまですが、Adobe認定スクールが最安値です。

中でも、デジハリAdobeマスター講座は「料金・講座内容・サポート」などすべてがNo.1なので、初めてAdobe CCを安く買うなら必ず利用しましょう。

ぜひAdobe税を抑えて、余剰資金で自身のスキルを高めてくださいね。

今回は以上です。

\ ほぼ半額!年間72,336円→39,980円! /

デジハリAdobeマスター講座を購入する

※最短10分で受講開始できます

-動画編集の始め方