動画編集スクール

【徹底比較】Adobe講座「デジハリ」「たのまな」はどっちがおすすめ?【共通点・違いまとめ】

【徹底比較】Adobe講座「デジハリ」「たのまな」はどっちがおすすめ?【共通点・違いまとめ】

この記事で解決できる悩み

本記事の信頼性

当ブログでは「お金・時間・場所に自由を」をコンセプトに、副業(動画編集やブログ)の始め方・ノウハウを発信します。僕のプロフィールはこちら

デジハリ(デジハリONLINE)」と「たのまな(ヒューマンアカデミーたのまな)」は、両スクールともにAdobe社公認の数少ない『プラチナスクールパートナー』です。

「Adobe CC(1年分)+Adobeソフトの使い方講座」のセットを39,980円で購入できます。

公式サイトなら年間72,336円のAdobe CCをほぼ半額で買えるうえ、基本的なソフトの使い方まで学べるため、多くの初心者Webデザイナー・動画クリエイターに大人気です。

とはいえ、料金は同じ39,980円なので、どちらを選ぶか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

そこで、今回は「デジハリ」「たのまな」を両方使った僕が、両スクールの違いを徹底比較します。共通点・違いのほか、両者の口コミ・評判まで調査したので、参考にしてみてくださいね。

うーご

それでは本題に入ります!

【結論】Adobe講座を買うならデジハリがおすすめ!

デジハリオンラインAdobeマスター講座

結論、当サイトではAdobe講座を買うなら「デジハリ」をおすすめします。

詳細は後述しますが、デジハリはたのまなと比べて下記のメリットがあるからです。

デジハリの方がおすすめな理由

  • すぐに使える
  • 教材がわかりやすい
  • 管理画面が使いやすい
  • 課題を添削してもらえる

個人的な最大のメリットは「すぐに使える」こと。支払い後すぐにAdobe CCのライセンスが届くため、必要になったタイミングで申し込めばすぐに利用スタートできます。

また、たのまなと比べてAdobeソフトの使い方講座がわかりやすい点も大きな魅力です。管理画面も使いやすく、ストレスを感じることなく一流のクリエイターを目指せるでしょう。

他にも、学習後の課題をプロ講師に添削してもらえる点も、初心者にとっては嬉しいポイントですね。

\ ほぼ半額!年間72,336円→39,980円! /

デジハリAdobeマスター講座を購入する

※最短10分で受講開始できます

Adobe講座「デジハリ」「たのまな」の比較表

稼げない動画編集者は負のスパイラルを生み出している

それでは、具体的に「デジハリ」「たのまな」のAdobe講座を比較してみましょう。

各講座の比較表を作成したので、お忙しい方はこちらのみ確認すればOKですよ。

「デジハリ」「たのまな」の比較表

講座名デジハリ Adobeマスター講座たのまな Adobeベーシック講座
認定プラチナスクールパートナー(最上)
料金(税込)39,800円39,800円
講座内容・Adobe CC(1年分)ライセンス
・動画教材(Adobeソフトの使い方)
・Adobe CC(1年分)ライセンス
・動画教材(Adobeソフトの使い方)
納品速度・クレカ決済:即時
・コンビニ決済:約3時間
・銀行振込:30分〜翌朝9時過ぎ
1〜3営業日後
学べるソフト・Photoshop
・Illustrator
・Premiere Pro
・After Effects
・Dreamweaver
・InDesign
・Photoshop
・Illustrator
・Premiere Pro
・After Effects
・Adobe XD
教材閲覧期間1ヶ月1ヶ月
※3ヶ月&12ヶ月プランもあり(追加料金)
サポート期間2ヶ月3ヶ月
サポート内容課題添削サポート回数無制限のメールサポート
オプション-・課題添削(追加料金)
・DTP用語集・Web用語集配布
法人利用××
支払い方法・クレジットカード(一括・分割)
・コンビニ決済(一括)
・銀行振込(一括)
・クレジットカード(一括・分割)
・オリコ教育ローン(分割)
・銀行振込(一括)
・NP後払い(一括)
・代金引換(一括)
・Amazon Pay
公式サイトデジハリ公式サイトたのまな公式サイト

ちなみに、「デジハリ」「たのまな」の詳細について、詳しくは下記記事をご覧ください。

>>デジハリオンラインAdobeマスター講座の口コミ・評判やデメリット!

>>【裏技】Adobe CCが安い!たのまなadobeの特徴や口コミ・評判は?

うーご

ここからは、「デジハリ」「たのまな」の共通点や違いを比較します!

Adobe講座「デジハリ」「たのまな」の共通点

デイトラ動画編集コースはこんな人におすすめ!

それでは、「デジハリ」「たのまな」のAdobe講座を詳しく比較しましょう。

まずは、両者の共通点を紹介します。

「デジハリ」「たのまな」の共通点

  • 料金は39,800円
  • 2年目も継続購入OK
  • Adobeソフトの使い方講座が付属
  • Adobe CC アカデミック版が付属(1年分)
  • 法人は購入できない
  • 個人は商用利用OK

デジハリとたのまなでは、「Adobe CCアカデミック版(1年分)+Adobeソフトの使い方講座」をセットで購入できます。どちらも法人の購入はできませんが、個人であれば商用利用もOKです。

ちなみに、「アカデミック版」とはAdobeが提供する学生・教職員向けのプランのこと。通常版と同じくすべてのAdobeソフトを利用可能、機能の違いもないので気にする必要はありません。

うーご

デジハリとたのまなの「生徒」になって、学割価格で購入するイメージですね。

また、両スクールともに、2年目以降も継続利用できます。ずっとお得な39,980円で購入できるため、Adobe CCのライセンスを更新せず、改めてAdobe講座を買うのを忘れないようにしましょう!

Adobe講座「デジハリ」「たのまな」の違い6つ

Premiere Proのショートカットキーの確認・設定方法

続いて、「デジハリ」「たのまな」のAdobe講座の違いを解説します。

「デジハリ」「たのまな」の違い

  • Adobe CCが使えるまでの時間
  • 教材の充実度(ソフト数&わかりやすさ)
  • 教材の管理画面の使いやすさ
  • サポート内容・期間
  • 選べるコースの有無
  • 支払い方法

1つずつ順番に解説します。

①Adobe CCを使えるまでの時間

項目デジハリたのまな
Adobe CCを
使えるまでの時間
・クレカ決済:即時
・コンビニ決済:約3時間
・銀行振込:30分〜翌朝9時過ぎ
1〜3営業日後

Adobe CCを使えるまでの時間は、デジハリの方が圧倒的に速いです。

うーご

「Adobe CCを使えるまでの時間=申し込み〜シリアルコード到着の時間」です!

デジハリでは、ほとんどの購入方法で当日からAdobe CCを利用できます。しかし、たのまなは購入から1〜3営業日の処理期間があるため、すぐにAdobe CCを利用できません。

期間に差がある理由は、デジハリでは処理を全自動化しているから。たのまなでは手作業による確認をしているため、どうしても処理完了まで時間がかかってしまうんですよね。

具体的に、デジハリとたのまなに申し込むと、下記の流れでAdobe CCのコードが届きます。

申し込み〜コードが届くまでの流れ(メール)

デジハリ
(コンビニ決済をした場合)
たのまな
(銀行振込をした場合)
①注文受付/支払い案内
(すぐに届く)
①注文受付
(すぐに届く)
②決済完了確認
(すぐに届く)
②支払い案内
(当日or翌営業日)
③コード到着
(②とほぼ同時)
③入金確認
(当日or翌営業日)
④コード到着
(入金から1〜3営業日後)

上記のイメージです。

すぐにAdobe CCが必要なクリエイターや、モチベーションの高いままAdobe CCを触りたい初心者にとって、すぐに利用スタートできるデジハリの仕組みは大きなメリットといえるでしょう。

②教材の充実度(ソフト数&わかりやすさ)

項目デジハリたのまな
学べるソフトPhotoshop / Illustrator
Premiere Pro / AfterEffects
Dreamweaver / InDesign
(計6種)
Photoshop / Illustrator
Premiere Pro / AfterEffects
Adobe XD
(計5種)
教材ボリューム計46時間非公開
わかりやすさ
(個人的な感想)

デジハリでは計6種、たのまなでは計5種のAdobeソフトの使い方を動画教材で学べます。

各ソフトの役割は下記のとおりです。

学べるAdobeソフトの役割

ソフト名用途デジハリたのまな
Photoshop画像加工(Web・DTP)
Illustratorグラフィック・DTPデザイン
Premiere Pro動画編集(カット・BGM挿入など)
AfterEffects動画編集(アニメーション制作など)
DreamweaverWebデザイン(コーディング)×
InDesignDTP・エディトリアルデザイン×
XDWebデザイン(ワイヤーフレーム・UX/UI)×

Webデザイナーのよく使う「Photoshop・Illustrator」や、動画クリエイターのよく使う「Premiere Pro・AfterEffects」は両スクールともに学習可能です。

教材内容もほぼ同じなので、1番気になるのは教材の「わかりやすさ」でしょう。

うーご

両方の教材を見た感想として、僕はデジハリの方がわかりやすかったです!

デジハリの動画教材では、人気講師が顔を出してわかりやすくAdobeソフトの使い方を解説します。そのため、実際に講義を受けているような感覚で、集中して学習できました。

デジハリの実際の講義画面

デジハリの講義画面

対して、たのまなではナレーターが淡々とAdobeソフトの使い方を解説します。機械的に教科書を朗読されるようなイメージで、正直僕はすぐに眠くなりましたw

そのため、わかりやすい教材で学びたい方は、たのまなよりデジハリがおすすめといえるでしょう。

実際に動画教材を確認したい方は、それぞれ公式サイトにサンプル動画がアップされているので、購入前にチェックしてみてくださいね。

>>デジハリ公式サイトはこちら

>>たのまな公式サイトはこちら

③教材の管理画面の使いやすさ

項目デジハリたのまな
管理画面の使いやすさ
(個人的な感想)

(シンプルにまとめられている)

(やや複雑でわかりにくい)

デジハリとたのまなに申し込むと、支払い確認後に会員専用ページのURLとパスワードが届きます。教材の動画コンテンツは、どちらも専用ページの管理画面から視聴可能です。

この管理画面の使いやすさ、個人的にはデジハリの圧勝だったなと。

デジハリの管理画面

デジハリの管理画面

デジハリの管理画面では、学べるAdobeソフトがシンプルにまとめられています。まったく使いにくい要素はなく、迷わずに学習をスタートできました。

対して、たのまなの管理画面は少しクセがあり、個人的には使いにくかったです。

たのまなの管理画面

たのまなの管理画面

たのまなの管理画面では、Adobe CCのバージョンごとに項目が用意されています。しかし、Adobeソフトの使い方は、最新版さえ勉強すればまったく問題ないんですよね…

うーご

僕自身、最初は「どれを選べばいいの?」と、めちゃくちゃ困惑しましたw

小さなストレスですが、管理画面は何十回も見るものです。そのため、より快適な環境で学習したいのであれば、デジハリの方がおすすめといえるでしょう。

④サポート内容・期間

項目デジハリたのまな
サポート内容課題を添削してもらえるわからない部分をメールで質問できる
サポート期間2ヶ月3ヶ月

サポート内容・期間については、どちらも優劣つけがたいです。

デジハリでは、プロ講師が課題を添削してくれます。自分の作品に対するフィードバックを受けることで、自分ですら気づけなかった改善点などを発見して、効率的にスキルアップすることが可能です。

また、副業で稼ぎたい場合は、課題をそのままポートフォリオにして案件を獲得できるでしょう。

対して、たのまなには回数無制限のメールサポートがあります。わからない部分を何回も質問できるため、使い方をググって解決する手間を省いたり、解決を諦めて挫折するリスクを減らせるはずです。

うーご

試しにメールしてみたところ、30分〜1時間程度で返信をもらえました!

上記をまとめると、デジハリは「1→100」のため、たのまなは「0→1」のためのサポートといったイメージですね。どちらも初心者クリエイターに嬉しいサポートなので、ぜひ活用してください。

※たのまなで課題添削を受けたい場合、別途32,000円(8回分)が必要となります。

⑤選べるコースの有無

項目デジハリたのまな
選べるコースの有無×
(コースは1つだけ)

(3つのコースを選べる)

たのまなでは3つのコースを選択できます。

下記は、各コースの特徴をまとめた表です。

たのまなの選べるコース3つ

項目1ヶ月コース3ヶ月コース12ヶ月コース
料金(税込)39,980円45,800円76,800円
教材閲覧期間1ヶ月3ヶ月12ヶ月
サポート期間3ヶ月13ヶ月25ヶ月
Adobe CC1年分1年分1年分

上記のように、追加料金を支払うことで、教材閲覧期間とサポート期間を延長できるイメージですね。(Adobe CCのライセンスは1年分で変わらないので注意してください)

対して、デジハリには選べるコースがありません。1ヶ月の教材閲覧期間と2ヶ月のサポート期間で学習する必要があるため、長期間マイペースに学びたい方はたのまなの3ヶ月〜コースを選びましょう。

うーご

とはいえ、1・2つのAdobeソフトを学ぶだけなら、39,980円のコースで充分です。

⑥支払い方法

項目デジハリたのまな
支払い方法・クレジットカード(一括・分割)
・コンビニ決済(一括)
・銀行振込(一括)
・クレジットカード(一括・分割)
・オリコ教育ローン(分割)
・銀行振込(一括)
・NP後払い(一括)
・代金引換(一括)
・Amazon Pay
キャンセル不可不可

支払い方法の違いは、デジハリでは「コンビニ決済」、たのまなでは「オリコ教育ローン」「Amazon pay」などを利用できること。選べる支払い方法は、たのまなの方が多いです。

Adobe CCを利用するまでの時間は、クレジットカード決済が最速となります。とはいえ、人によって好みや環境の違いがあるので、あなたに最適な方法を選んでくださいね。

うーご

以上、「デジハリ」「たのまな」の違いでした!

Adobe講座「デジハリ」「たのまな」の口コミ・評判を比較!

動画編集の副業を始めるデメリットは?

続いて、「デジハリ」「たのまな」の口コミ・評判を比較します。

それぞれの口コミ・評判をまとめると下記のとおりです。

「デジハリ」「たのまな」の口コミ・評判まとめ

項目デジハリたのまな
口コミ・評判・Adobe CCが安い
・コードの発行が速い
・ソフトの基本操作を学べる
・教材がわかりやすい
・課題添削が勉強になる
・Adobe CCが安い
・ソフトの基本操作を学べる
・少し凝った操作まで学べる

具体的に見ていきましょう!

①デジハリの口コミ・評判

デジハリの口コミ・評判は下記のとおりです。

\ ほぼ半額!年間72,336円→39,980円! /

デジハリAdobeマスター講座を購入する

※最短10分で受講開始できます

②たのまなの口コミ・評判

たのまなの口コミ・評判は下記のとおりです。

\ Adobe CCが最安値!39,980円! /

たのまなadobe講座の申し込みはこちら

※キャンペーンは突然終了する可能性があります

うーご

両スクールともに「安い」という評判がほとんどでした。

ただし、一部サービス内容に対する口コミも集まっていましたね。

Adobe講座「デジハリ」「たのまな」はこんな人におすすめ!

社会人におすすめの動画編集スクール10選

紹介した「デジハリ」「たのまな」の違いをもとに、それぞれどんな人におすすめか紹介します!

①デジハリはこんな人におすすめ!

デジハリは下記のような人におすすめです。

デジハリはこんな人におすすめ!

  • 最安値でAdobe CCを購入したい人
  • 最速でAdobe CCを利用開始したい人
  • わかりやすい教材で学習を進めたい人
  • プロ講師に課題添削をしてほしい人
  • 使いやすい管理画面を利用したい人
  • Dreamweaver / InDesignを学びたい人

上記にあてはまる方は、デジハリの受講を検討してみてください。

>>デジハリ公式サイトはこちら

②たのまなはこんな人におすすめ!

たのまなは下記のような人におすすめです。

たのまなはこんな人におすすめ!

  • 最安値でAdobe CCを購入したい人
  • 1ヶ月以上の学習コースを選びたい人
  • わからない部分をメール質問したい人
  • Adobe XDの学習教材がほしい人
  • デジハリを購入したことがある人

上記にあてはまる人は、たのまなの受講を検討してみてください。

>>たのまな公式サイトはこちら

うーご

総合的に見て、個人的にはデジハリがおすすめです!とはいえ、たのまなにもメールサポートなどの魅力があるので、最適なAdobe講座を利用しましょう!

まとめ:最適なAdobe講座で一流のクリエイターを目指そう!

まとめ:Premiere Proで動画に最適なテロップを挿入しよう

今回は、「デジハリ」「たのまな」の特徴や口コミ・評判を比較しました。

まとめると、両スクールの違いは下記のとおりです。

「デジハリ」「たのまな」の違い

  • Adobe CCが使えるまでの時間
  • 教材の充実度(ソフト数&わかりやすさ)
  • 教材の管理画面の使いやすさ
  • サポート内容・期間
  • 選べるコースの有無
  • 支払い方法

正直、Adobe CCを安く買いたいだけなら、どちらの講座を購入してもOKです。

しかし、講座でAdobeソフトの使い方まで学びたいのであれば、本記事を参考にそれぞれの違いをしっかりと比較しましょう。

ちなみに、Adobe講座には他にも「アドバンスクール」があります。セール時であれば「デジハリ」「たのまな」と同じ39,980円(通常は51,700円)で購入できるので、ぜひ検討してみてください。

あわせて読みたい
Adobe CCが格安!アドバンスクールAdobe講座の口コミ・評判は?
Adobe CCが安い!アドバンスクールの特徴や口コミ・評判を徹底解説!

また、その他のAdobe CCを安く方法(1番安いのはデジハリとたのまなですが)やプラチナスクールパートナーの講座が安い理由について、詳しくは下記記事で解説しています。

あわせて読みたい
【完全版】Adobe CCを安く購入できる方法を徹底比較【ほぼ半額】
【2022年7月】Adobe CCを安く買う方法【アカデミック版で格安購入】

今回は以上です。

-動画編集スクール