動画編集の始め方

【初心者向け】動画編集のおすすめ勉強本18選を紹介【2022年最新版】

【初心者向け】動画編集のおすすめ勉強本18選を紹介【2022年最新版】

この記事で解決できる悩み

本記事の信頼性

当ブログでは「お金・時間・場所に自由を」をコンセプトに、副業(動画編集やブログ)の始め方・ノウハウを発信します。僕のプロフィールはこちら

これから動画編集を学ぶなら、本は王道の勉強方法です。必要な知識を体系的に学べるため、0から動画編集の全体像を把握したり、細かなテクニックを習得することに適しています。

しかし、動画編集の勉強本は無数にあるので、どれを選ぶか悩んでいる方も多いでしょう。

そこで今回は、下記の6つの分野別に動画編集のおすすめ勉強本を紹介します。

本記事で紹介する本の分野

※青字をクリックすると、読みたい項目に移動できます。

動画編集本の選び方や本で勉強するメリット・デメリットも解説するので、最後まで読めばあなたに最適な本を選んで動画編集の学習をスタートできますよ。

効率的に学ぶならスクール一択!

未経験から最速で動画クリエイターを目指すなら、動画編集スクールがおすすめです。現役クリエイターの実践指導や手厚いサポートを受けて、初心者でも効率的にスキルを習得できます。

僕が受講したヒューマンアカデミー動画クリエイター講座は、実践的なカリキュラムやサポート体制で大人気のスクールなので、興味のある方は無料説明会に参加してみてください。

あわせて読みたい
【元受講生が語る】ヒューマンアカデミー動画クリエイター講座の口コミ・評判は?
【実体験】僕がヒューマンアカデミー動画クリエイター講座に通った感想【評判・口コミ】

動画編集の勉強本を選ぶポイント

デイトラ動画編集コースはこんな人におすすめ!

最初に、動画編集の勉強本を選ぶポイントを紹介しています。

動画編集の勉強本を選ぶポイント

  • 内容が古くなっていないか
  • 自分のレベルに合っているか
  • 使用する動画編集ソフトを学べるか

1つずつ順番に解説します。

①内容が古くなっていないか

まずは本の出版年から、内容が古くなっていないか確認しましょう。

動画編集ソフトは、日々アップデートをくり返しています。新しい機能がどんどん追加されるため、古い動画編集本だと「求めている内容がない」「知らない機能がある」なんてことになりかねません。

Adobeソフトなどは毎年アップデートされるため、常に最新情報を求めるのは厳しい面もあります。自身でGoogle検索をする手間は必須ですが、できる限り新しい本のほうが効率的に学べますね。

②自分のレベルに合っているか

本によって内容の難易度は異なるため、自身のレベルに合う本を選ぶことが大切です。

自身の動画編集に対する知識や理解度に合わない本を選ぶと、意味がわからず挫折する可能性が高まります。せっかくお金と時間をかけて勉強しても、すべて無駄になってしまうでしょう。

特に初心者の方は、基本的な内容を手厚く解説してくれる本を選んでください。背伸びして応用的な内容を扱う本を選ぶよりも、効率的に動画編集スキルを習得できますよ。

③使用する動画編集ソフトを学べるか

動画編集ソフトにはさまざまな種類があるので、扱うソフトを学べる本を選びましょう。

特に、Premiere ProやAfter EffectsなどAdobe製の動画編集ソフトはおすすめです。使いやすいうえ、ほとんどの案件はAdobeソフトを前提にされているため、仕事を取りやすくなります。

動画クリエイターは複数ソフトを利用するため、すべてのAdobeソフトを利用できる「Adobe CC」を購入してください。料金は年72,336円と高価ですが、それだけの価値は間違いなくあります。

しかし、実はAdobe CCは公式のほぼ半額で買う方法があります。Adobe社の認定講座はAdobe CCとソフトの使い方講座のセットを39,980円で購入できるので、動画編集の勉強にもおすすめですよ。

詳しくは下記記事で解説しているので、興味のある方はぜひご覧ください。

あわせて読みたい
【完全版】Adobe CCを安く購入できる方法を徹底比較【ほぼ半額】
【2022年8月】Adobe CCを安く買う方法【アカデミック版で格安購入】

動画編集の基礎学習におすすめの勉強本3選

最初に、動画編集の基礎学習におすすめの勉強本を紹介します。

①映像制作ハンドブック

①映像制作ハンドブック
著者名トムソン・カノープス
発売日2014/6/11
ページ数129ページ
Kindle版×

本書は、動画編集・映像制作に携わるなら手元に置いておきたい一冊です。映像制作の全体像〜具体的な技術、細かなテクニックまで実績豊富なプロがわかりやすく解説しています。

具体的な内容は下記のとおりです。

本書の内容

  • 基本情報
    映像制作の流れ、企画、オリエンテーション、シナリオの表現、コンテ
  • 撮影
    レンズの特性、画面サイズ、カメラの高さとアングル、カメラワーク、撮影機材、撮影方法
  • 照明
    照明の役割、色彩表現、ライトポジション、照明機材、人物照明
  • 素材制作
    コンピュータ・グラフィックス、画像合成、音素材
  • 録音
    録音の基礎、音声の物理、録音機材、スタジオ録音の実際、ロケでの録音実技
  • 編集
    編集の役割、編集の実際、技法、音によるカッティング
  • ポストプロダクション
    モニタリング、カラーコレクション、MA、納品
  • 関連知識
    ビデオフォーマット、データ圧縮、著作権、ロケハン

初版は2009年と古めですが、コンテンツの質の高さから今でも売れ続けています。まだ動画編集・映像制作の基本の”キ”すら知らない方が、最初に読むべき一冊といえるでしょう。

②図解だからわかりやすい映像編集の教科書

②図解だからわかりやすい映像編集の教科書
著者名井上 秀明
発売日2007/5/16
ページ数151ページ
Kindle版×

本書は、豊富なイラストで、初心者でも動画編集を基礎から勉強できる一冊です。

著者の井上 秀明氏は、2005年度日本映画テレビ技術協会・映像技術賞ほか、多数の受賞歴を持つ現役動画クリエイター。現在は、ドキュメンタリーを中心に映画・ドラマ・CMなどに携わっています。

出版年は2007年と古めですが、普遍的な動画編集ノウハウが紹介されているので気にする必要はなし。実践的な編集技法をたくさん学べるため、教科書のような形で利用してくださいね。

③事例で学ぶ 1分間PR動画ラクラク作成ハンドブック

③事例で学ぶ 1分間PR動画ラクラク作成ハンドブック
著者名小西 イサオ・渡川 修一
発売日2016/6/11
ページ数208ページ
Kindle版

本書は、初心者でも1分間の自己PR動画を作れるようになる一冊です。

著者の渡川 修一氏はプロの映画監督。これまでに1,000人近くの初心者に指導してきた実績があり、本書に書かれたとおりに進めれば3日間で実践的なノウハウを習得できます。

制作動画は、そのまま案件を獲得するためのポートフォリオとして活用できるため、副業・フリーランスの動画クリエイターを目指す方にぴったりの一冊といえるでしょう。

うーご

限定のBGM素材もダウンロードできますよ!

Premiere Proの使い方を学べるおすすめ勉強本3選

続いて、王道の動画編集ソフト”Adobe Premiere Pro”のおすすめ勉強本を紹介します。

①Premiere Pro よくばり入門 CC対応

①Premiere Pro よくばり入門 CC対応
著者名金泉 太一
発売日2020/9/18
ページ数272ページ
Kindle版

本書は、Premiere Proの使い方の入門書。Amazonのベストセラー本にも選ばれており、動画編集初心者がとりあえず読むべき一冊として人気を集めています。

具体的には、Premiere Proの基本的な使い方のほか、アニメーション・エフェクトの活用方法や細かなテクニックを学習可能。練習に使える”動画素材”や勉強用の”解説動画”も付属しています。

発売日は2020年と比較的新しいため、Premiere ProやYouTube編集の最新技術を学びたい方は、とりあえず選んでおけば間違いありません。

②プロが教える!Premiere Pro デジタル映像編集講座

②プロが教える!Premiere Pro デジタル映像 編集講座
著者名SHIN-YU・川原 健太郎
発売日2018/3/27
ページ数296ページ
Kindle版

本書は、大人気シリーズ「プロが教える!」のPremiere Pro編です。

イメージ合成やエフェクト、トリック動画まで幅広い動画制作のやり方をわかりやすく解説しています。

練習用のプロジェクトや静止画・動画素材データも利用可能。動画マーケティングや映像制作の実績豊富な著者が書いているため、信頼性の高い本で勉強したい方におすすめです。

③Premiere Pro 演出テクニック100 すぐに役立つ!動画表現の幅が広がるアイデア集

③Premiere Pro 演出テクニック100 すぐに役立つ!動画表現の幅が広がるアイデア集
著者名井坂光博
発売日2021/3/23
ページ数256ページ
Kindle版

本書は、Premiere Proの基本的な使い方を学んだ初心者が、テクニックを勉強できる本です。

かっこいい演出方法や効率的に動画編集をする時短テクニックが盛りだくさん。場面ごとに使える実践的なテクニックをわかりやすく解説してくれるため、アイデア帳としても重宝します。

作中の動画素材はダウンロード可能。ある程度動画編集に慣れてきたら持っておきたい一冊です。

AfterEffectsの使い方を学べるおすすめ勉強本3選

続いて、王道の動画編集ソフト”Adobe After Effects”のおすすめ勉強本を紹介します。

①一気にビギナー卒業!動画でわかるAfter Effects教室

①一気にビギナー卒業!動画でわかるAfter Effects教室
著者名和田 光司
発売日2021/10/23
ページ数304ページ
Kindle版

本書は、Amazonでも購入数・レビューが高く、大人気のAfter Effects勉強本です。

最大の魅力は「動画×書籍」でAfter Effectsの使い方を学べること。動画でざっくりと全体像を把握したあと、書籍で細かな操作方法などを学ぶことで、初心者でもスムーズに実践技術を習得できます。

ひと通りの基礎学習が完了したら、オリジナル動画も制作可能です。作品づくりのヒントもたくさん書かれているため、0からAfter Effectsで自分だけの動画をつくれるようになるでしょう。

②プロが教える!After Effectsモーショングラフィックス入門講座

②プロが教える!After Effects モーショングラフィックス入門講座
著者名川原 健太郎
発売日2019/9/20
ページ数416ページ
Kindle版

本書は、大人気シリーズ「プロが教える!」のAfter Effects編です。実績豊富な著者の、After Effectsを使ったモーショングラフィックス技術を学べます。

具体的には、基本的な操作方法からイメージ合成・各種エフェクト、3Dアニメーションまで学習可能。ロゴやテキスト、イラストを動画で自由自在に動かす技法を習得できます。

「基礎編→初級編→中級編→応用編→上級編」というステップ形式で勉強できるため、初心者でも0から100までスキルを身につけられる内容です。

③After Effects 演出テクニック100 すぐに役立つ! 動画表現のひきだしが増えるアイデア集

③After Effects 演出テクニック100 すぐに役立つ! 動画表現のひきだしが増えるアイデア集
著者名ムラカミ ヨシユキ
発売日2021/9/15
ページ数264ページ
Kindle版

本書は、After Effectsの基本的な使い方を学んだ初心者が、テクニックを勉強できる本です。

魅力的な動画制作するためのテクニックが100パターン書かれており、目的別(テキスト・フィルター・修正・カット…etc)で探せるため、場面ごとに求める情報を入手できます。

「After Effectsの使い方はわかったけど、具体的な活用方法がわからない」「動画制作にチャレンジしたけど、煮詰まってアイデアが出てこない」という方は、ぜひ持っておきたい一冊です。

YouTube動画編集を学べるおすすめ勉強本3選

続いて、YouTube動画編集を学びたい方におすすめの勉強本を紹介します。

①【30事例で学ぶ】YouTubeサムネイル制作改善ガイド

①【30事例で学ぶ】YouTubeサムネイル制作改善ガイド
著者名おもち
発売日2020/12/19
ページ数96ページ
Kindle版

本書は、登録者万単位のYouTuberを多数手がけたサムネイルデザイナーの書いた本です。

かっこいい系・かわいい系などの系統別に計30作品を事例として扱っており、人を惹きつけるサムネイルのレイアウトや配色などを幅広く学べます。

YouTube編集を学ぶなら、サムネイル制作は必須知識です。自身がYouTuberになるなら動画の使用されやすさが、案件を獲得するなら報酬単価が大きく変わるため、必ず勉強しておきましょう。

>>「【30事例で学ぶ】YouTubeサムネイル制作改善ガイドは」こちら(Amazon)

②iPhoneで撮影・編集・投稿 YouTube動画編集 養成講座

②iPhoneで撮影・編集・投稿 YouTube動画編集 養成講座
著者名SHIN-YU
発売日2016/2/20
ページ数240ページ
Kindle版

本書は、iPhoneの撮影映像を高品質なYouTube動画として編集・投稿する方法を学べる本です。

たとえば、企業の広報担当がスマホの撮影動画で自社商品を紹介する動画や、スマホだからこそ制作できる縦動画など、高価な撮影機材なしで動画制作ができる「動画レシピ」を用意しています。

一般的に、映像制作というと「一眼レフで撮影→有料ソフトで編集」といったイメージを持つかもしれませんが、本書に書かれた技術をマスターすればお金をかけずに見られる動画をつくれるでしょう。

うーご

ただし、案件獲得には不向きなので、自身でYouTube運営をしたい方向けです!

③売り上げ・集客に繋がる動画マーケティング トーク術&撮影・制作テクニック

③動画マーケティング トーク術&撮影・制作テクニック
著者名久松 慎一
発売日2020/7/31
ページ数175ページ
Kindle版

本書は、自社商品・サービスをPRしたい初心者向けに、魅力が伝わる動画制作を解説する一冊です。

制作動画の企画・脚本のつくり方や撮影機材などの準備方法、撮影時のトーク方法、撮影後の編集技術など幅広く語られており、0からYouTube動画を投稿するところまでたどり着けます。

基本的には企業向けの内容ですが、これからYouTuberを目指す方も手に取りたい一冊です。

動画広告を学べるおすすめ勉強本3選

続いて、動画広告制作を学べるおすすめ勉強本を紹介します。

動画広告をつくるためには、編集技術はもちろん高度なマーケティング力は必須です。そこで、ここでは主に動画マーケティングについて書かれた良書を見ていきましょう。

①動画広告“打ち手”大全 ネット広告の新時代を勝ち抜く施策設計 最強の戦略74

①動画広告“打ち手”大全 ネット広告の新時代を勝ち抜く施策設計 最強の戦略74
著者名鈴木 雄翔
発売日2020/3/6
ページ数288ページ
Kindle版

本書は、5G時代の新しい動画マーケティングについて学べる勉強本です。

各広告媒体の特徴や動画広告が適したシチュエーション、施策を成功に導く戦略設計・運用方法などを幅広く解説。はじめて動画広告に取り組む方でも正しい”打ち手”を見つけられます。

各項目は3ページ程度でまとまっているため、初心者が読みやすい一冊といえるでしょう。

②アクセス、登録が劇的に増える! 「動画制作」プロの仕掛け52

②アクセス、登録が劇的に増える! 「動画制作」プロの仕掛け52
著者名鎮目 博道
発売日2021/1/29
ページ数228ページ
Kindle版

本書は、SNSやYouTube動画のアクセス数を増やす”仕掛け”が紹介された一冊です。

著者は、長らく映像に携わってきた元テレビ朝日のプロデューサー。バラエディやグルメなど多様なジャンルの撮影・編集方法について、豊富な写真や図でわかりやすく解説してくれます。

広告に特化した本ではありませんが、動画広告で成果を伸ばすためのヒントも散りばめられているため、初心者の方がとりあえず読むべき勉強本といえるでしょう。

③デジタルブランディング 動画広告の最前線

③デジタルブランディング 動画広告の最前線
著者名岩本 香織
発売日2019/3/1
ページ数56ページ
Kindle版

本書は、「これだけは押さえたい」ノウハウや動画広告市場の動向を学べる勉強本です。やや応用的な内容も含むため、さらに動画広告に関する知識を深めたい方向けとなります。

第1章の「”とりあえずYouTube/Facebook”になってない?」から始まり、知っておきたい”広告価値毀損”や動画広告の最重要指標など、動画広告を運用するうえで大切なポイントを学習可能。

補足として「Amazonが広告界最強の存在になる3つの理由」なども書かれているため、単に編集技術を学ぶだけでなく、マーケター視点も手に入れたい方にぴったりの一冊といえるでしょう。

その他の動画編集ソフトのおすすめ勉強本3選

最後に、王道のAdobe Premiere Pro・Adobe After Effects以外の動画編集ソフトの使い方を学びたい方におすすめの勉強本を紹介します。

①Final Cut Pro X ガイドブック【Final Cut Pro X】

①Final Cut Pro X ガイドブック【Final Cut Pro X】
著者名加納 真
発売日2018/11/16
ページ数328ページ
Kindle版

本書は、Final Cut Pro Xの基本的な使い方から実践的なノウハウまで学べる一冊です。

Final Cut Pro Xの環境設定のやり方や、関連ソフトとの連携方法なども学習可能。効率的に動画編集を進めるための細かなテクニックまで解説されています。

練習用の素材データも付いているので、0からFinal Cut Pro Xを学びたい方にぴったりです。

②AviUtl動画編集実践ガイドブック【AviUtl】

②AviUtl動画編集実践ガイドブック【AviUtl】
著者名オンサイト
発売日2018/3/17
ページ数193ページ
Kindle版

本書は、AviUtlの基本的な使い方から実践ノウハウまで学べる一冊です。

内容は応用的ではなく、初心者向けのコンテンツに終始しています。いきなり難しい情報に触れると途中で挫折する可能性があるため、情報を絞ってもらえるのは嬉しいポイント。

本の後半では、ゲーム実況動画の作り方やYoutubeでのライブ配信などにも使うOBS Studioの使い方も解説してくれており、ゲーム実況者を目指している方にもおすすめといえるでしょう。

created by Rinker
¥2,618 (2022/08/17 06:26:51時点 楽天市場調べ-詳細)

③DaVinci Resolve 17 デジタル映像編集 パーフェクトマニュアル【DAVINCI RESOLVE】

③DaVinci Resolve 17 デジタル映像編集 パーフェクトマニュアル【DAVINCI RESOLVE】
著者名阿部信行
発売日2021/4/21
ページ数464ページ
Kindle版

本書は、DaVinci Resolveの使い方をわかりやすく解説している一冊です。

内容は、おもにDaVinci Resolveの基本的な操作方法や、便利なショートカットキーなどについて。他にも、用語の意味やノード・キーフレームの使い方などを、フレームワーク形式で学習できます。

初心者でもわかりやすく図解も豊富なので、DaVinci Resolveを学ぶなら間違いのない本でしょう。

動画編集を本で勉強するメリット・デメリット

【補足】社会人でもAdobe CCを安く購入できる講座3選

最後に、本では動画編集を勉強するメリット・デメリットを解説します。

①動画編集を本で勉強するメリット

動画編集を本で勉強するメリットは下記のとおりです。

動画編集を本で勉強するメリット

  • コストが安い
  • 効率的に学習できる
  • 信頼性のある情報を得られる

最大のメリットは「安さ」です。1冊3,000円程度で信頼性のある情報を入手できるため、お金をかけずにスキルを習得したい方に適した勉強方法といえます。

また、動画編集を学んだことのない方は、まず何から勉強すべきかわからないもの。しかし、自分に合う本を選べばしっかりと指針を示してくれるため、効率的に学べる点も魅力でしょう。

②動画編集を本で勉強するデメリット

ただし、本で学ぶことにはデメリットもあるため注意が必要です。

本書の内容

  • 疑問点を質問できない
  • 情報が古い可能性がある
  • 実践しなくては身につかない

本で勉強する場合、わからないことがあっても誰かに質問できません。自己解決しなくてはならないため、Google検索をする手間と時間がかかります。

さらに、動画編集のノウハウは変化が激しく、数年前の本がまったく役立たない可能性も。そのため、本当にその本で学んで最新技術を身につけられるのか、事前リサーチは必須です。

本当の意味でも動画編集スキルは、実践しなければ身につきません。なので、本で動画編集を勉強するなら、合わせてアウトプットする方法を考えておきましょう。

独学に不安を感じている方は、動画編集スクール受講するのがおすすめです現役動画クリエイター講師のサポートを受けながら実践スキルを磨けるため、効率的に勉強を進められますよ。

下記は当サイトで特に人気のあるスクール3校です。各校では無料相談会が実施されているため、とりあえず話だけ聞いてみるのもありですね。

特におすすめの動画編集スクール3選

その他、おすすめの動画編集スクールは下記記事で紹介しています。

あわせて読みたい
【最新版】社会人におすすめの動画編集スクール・講座15選を徹底比較【口コミあり】
【評判あり】社会人向け!おすすめ動画編集スクール・講座20選を比較!【口コミ】

まとめ:最適な勉強方法で動画編集スキルを身につけよう!

まとめ:Premiere Proを学ぶならオンラインスクール・講座がおすすめ!

今回は、動画編集を学べるおすすめ勉強本を紹介しました。

本は、動画編集の勉強方法として王道中の王道です。低コストで体系的にスキルを習得できるため、お金をかけずに動画編集を学びたい方に適しています。

とはいえ、動画編集の勉強方法は本だけではありません。人によって自分に合う勉強方法は異なるので、ぜひ下記記事を参考に最適なやり方を選んでくださいね。

あわせて読みたい
【独学あり】実践してわかった!動画編集のおすすめ勉強方法5選!
【独学あり】実践してわかった!動画編集のおすすめ勉強方法6選!

今回は以上です。

-動画編集の始め方