Adobe Premiere Pro

【無料あり】Premiere Proのテロップテンプレート22選を徹底紹介!

【無料あり】Premiere Proのテロップテンプレート22選を徹底紹介!

この記事で解決できる悩み

本記事の信頼性

当ブログでは「お金・時間・場所に自由を」をコンセプトに、副業(動画編集やブログ)の始め方・ノウハウを発信します。僕のプロフィールはこちら

映像において、テロップが視聴者に与える影響は絶大です。Premiere Proはテンプレートを利用してテロップを挿入できるため、動画の雰囲気に合わせて最適なテロップを選べます。

しかし世の中にテンプレートは膨大にあるので、どれを選べばいいのかわからない方も多いでしょう。

そこで今回は、Premiere Proのおすすめテロップテンプレートを目的別に紹介します。テンプレートを探せるサイトやダウンロード後の挿入方法もまとめたので、ぜひ最後までご覧ください。

LINE登録で6日間の無料講座をGET!

本格的にPremiere Proを極めるなら、コスパ最強のクリエイターズジャパン(79,800円)がおすすめ。

今ならLINE登録するだけでもらえる「6日間の動画クリエイター講座」を配布中。もらうだけでも損はないため、Premiere Proを勉強している方は視聴してみてください。

\ LINE登録で6日間の無料講座をGET! /

クリエイターズジャパン公式はこちら

※無理な勧誘はないので安心してご利用ください。

【Premiere Pro】字幕におすすめのテロップテンプレート8選

まずは、字幕におすすめのテロップテンプレートを紹介します。

①ローワーサード(Lower Thirds)

「ローワーサード」は、シンプルなテロップテンプレートです。

ビジネス系で利用されることも多く、少しかための印象がある動画にぴったりのテロップとなります。

Premiere Proにデフォルトで用意されているので、エッセンシャルグラフィックスから使用してください。

②テロップ

「テロップ」は、Adobe Stockからダウンロードできるテロップテンプレートです。

シンプルですが元気を与えるような雰囲気もあり、エンタメ系のYouTuberなどによく使用されています。

>>「テロップ」を使ってみる

③Fashion Electro

「Fashion Electro」は、MotionElementsからダウンロードできるテロップテンプレートです。

シンプルかつおしゃれなデザインが特徴的で、よく海外系の動画で使用されています。

>>「Fashion Electro」を使ってみる

④Hearts Lower Third

Hearts Lower Third」は、Adobe Stockからダウンロードできるテロップテンプレートです。

かわいらしい見た目で、映像の切り替わりや動画の最後で使用するのがおすすめとなります。

>>「Hearts Lower Third」を使ってみる

⑤テロップ - リング

「テロップ - リング」は、Adobe Stockでダウンロードできるテロップテンプレートです。

輝かしいデザインとエフェクトで現れるリングが特徴。強調したいキーワードがある時に使用するのがおすすめです。

>>「テロップ - リング」を使ってみる

⑥縦書きの人物紹介テロップ

「縦書きの人物紹介テロップ」は、Adobe Stockからダウンロードできるテロップテンプレートです。

テロップと言うと横書きをイメージするかもしれませんが、動画のシチュエーションによっては縦書きのテロップもしっくりきます。特に和風なイメージの動画にぴったりですよ。

>>「縦書きの人物紹介テロップ」を使ってみる

⑦Twitter Right Lower-third

「Twitter Right Lower-third」は、mixkitからダウンロードできるテロップテンプレートです。

Twitterのロゴ+テロップを表示できるのが特徴。動画内でTwitterをPRする時などに利用してみてください。

>>「Twitter Right Lower-third」を使ってみる

⑧Valentine's Neon Heart Lower Third

「Valentine's Neon Heart Lower Third」は、Adobe Stookからダウンロードできるテロップテンプレートです。

かわいらしいハートと矢が特徴。自社のロゴ・アイコンとセットで表示させればオリジナル感を演出できるでしょう。

>>「Valentine's Neon Heart Lower Third」を使ってみる

【Premiere Pro】効果音におすすめのテロップテンプレート6選

ここでは、動画内容を強調したりオチを演出したりするときに便利な、効果音と共にテロップを表示できるおすすめのテロップテンプレートを紹介します。

①嬉しい・楽しい雰囲気のタイトル

「嬉しい・楽しい雰囲気のタイトル」は、動画制作会社のRemote Studioが無料配布しているテロップテンプレートです。

丸いにくまるフォントに光沢がかかったデザインで、明るい・かわいらしいイメージを与えられます。

>>「嬉しい・楽しい雰囲気のタイトル」を使ってみる

②衝撃・怒り・ショックな感じのタイトル

「衝撃・怒り・ショックな感じのタイトル」は、Remote Studioが無料配布しているテロップテンプレートです。

深刻さを強く伝えるデザインが特徴で、エンタメ系動画の罰ゲーム決定シーンなどでよく見られます。

>>「衝撃・怒り・ショックな感じのタイトル」を使ってみる

③哀・怖い感じのタイトル

「哀・怖い感じのタイトル」は、Remote Studioで無料ダウンロードできるテロップテンプレートです。

暗いカラーのグラデーションが強さを演出しており、ホラー系の動画などでよく利用されます。

>>「哀・怖い感じのタイトル」を使ってみる

④吹き出し文字

「吹き出し文字」は、Adobe Stockでダウンロードできるテロップテンプレートです。

誰が話しているのかを強調可能。人の会話や、モノや動物が話すギャグシーンまで幅広く使われます。

>>「吹き出し文字」を使ってみる

⑤Cartoon Text Lower-third

「Cartoon Text Lower-third」は、mixkitでダウンロードできるテロップテンプレートです。

動画のシーンを切り替えるタイミングなどで使用するのがおすすめとなります。

>>「Cartoon Text Lower-third」を使ってみる

⑥アメコミ風テロップ

「アメコミ風テロップ」は、MotionElementsでダウンロードできるテロップテンプレートです。

良い意味でくだけた印象なので、親しみやすさやテンポの良さを演出したい時に利用してみてください。

>>「アメコミ風テロップ」を使ってみる

【Premiere Pro】タイトルにおすすめのテロップテンプレート8選

最後に、タイトルに使用するのがおすすめのテロップテンプレートを紹介します。

①Champagne Title

「Champagne Title」は、mixkitでダウンロードできるテロップテンプレートです。

高級感のあるデザインが特徴で、キャンペーンのタイトルなどによく利用されます。

>>「Champagne Title」を使ってみる

②Cool full screen title

「Cool full screen title」は、mixkitでダウンロードできるテロップテンプレートです。

動きのありつつもシンプルな見た目で、視聴者にスタイリッシュな印象を与えられます。

>>「Cool full screen title」を使ってみる

③イントロ(スポーツ)

「イントロ(スポーツ)」は、Premiere Proのエッセンシャルグラフィックスから利用できるテロップテンプレートです。

イントロ系のテンプレートはたくさんの種類があるため、利用シーンに応じて使い分けることで狙いどおりの印象を視聴者に与えられますよ。

④版ずれデザインの自動追従テキストボックス

「版ずれデザインの自動追従テキストボックス」は、MotionElementsでダウンロードできるテロップテンプレートです。

ボックス系のおしゃれなエフェクトがかかっていて、人物や商品をかわいらしく紹介できます。

>>「版ずれデザインの自動追従テキストボックス」を使ってみる

⑤Reverse Spin Logo

「Reverse Spin Logo」は、mixkitでダウンロードできるテロップテンプレートです。

タイトルやロゴを回転させて表示できるため、視聴者の注意を引きつけたい時に使いましょう。

>>「Reverse Spin Logo」を使ってみる

⑥Golden Floral Title

「Golden Floral Title」は、mixkitでダウンロードできるテロップテンプレートです。

ゴージャス感のあるデザインが特徴で、キャバクラやクラブなど夜の雰囲気の動画に使われます。

>>「Golden Floral Title」を使ってみる

⑦Fabric Hearts Logo

「Fabric Hearts Logo」は、mixkitでダウンロードできるテロップテンプレートです。

ハートが目立つかわいらしいデザインが特徴で、バレンタインのPR動画などで使用されています。

>>「Fabric Hearts Logo」を使ってみる

⑧Halloween

「Halloween」は、MotionElementsでダウンロードできるテロップテンプレートです。

ハロウィンをテーマに作成されているため、シーズン系の動画を作成するときは活用してみてください。

>>「Halloween」を使ってみる

うーご

以上、おすすめのテロップテンプレートでした!

【Premiere Pro】テロップテンプレートを探せるおすすめサイト5選

【Premiere Pro】テロップテンプレートを探せるおすすめサイト5選

続いて、テロップテンプレートを探せるおすすめサイトを紹介します。

自分で最適なテンプレートを探したい方は、参考にしてみてくださいね。

おすすめ①:MotionElements

おすすめ①:MotionElements

MotionElementsは、MotionElements社が運営する素材配布サイトです。

アメコミ風やゲーム風、結婚式用など、さまざまなジャンルの素材が揃っているのが特徴で、アプリやYouTubeで商用利用もできます。

おすすめ②:BOOTH

おすすめ②:BOOTH

BOOTHは、ピクシブ株式会社が運営する素材配布サイトです。

無料サンプルが多いのが特徴で、Premiere Proに反映させて使用感などをチェックできます。

おすすめ③:ROCKETSTOCK

おすすめ③:ROCKETSTOCK

ROCKETSTOCKは、Shutterstock社が運営する素材配布サイトです。

特徴は、海外映画やニュース番組のような臨場感あふれるデザインとなります。おしゃれな動きをするテンプレートが多いので、印象に残る動画を作れますよ!

おすすめ④:shutterstock

おすすめ④:shutterstock

shutterstockは、ROCKETSTOCKと同じShutterstock社が運営する素材配布サイトです。

特に人気のテンプレートは、ブラシで描いたような手書きアニメーションです。文字だけでなく矢印などにも使えるので、タイトルやテロップ以外にも活用できます。

おすすめ⑤:Motion Array

おすすめ⑤:Motion Array

Motion Arrayは、Motion Array社が運営する素材配布サイトです。

特徴は、遊び心あふれるテンプレートが多い点です。日用品やおもちゃを活かしたモーションなどのテンプレートが多数用意されており、楽しい雰囲気の動画で利用するのがおすすめとなります。

【Premiere Pro】ダウンロードしたテロップテンプレートを挿入する方法

【Premiere Pro】ダウンロードしたテロップテンプレートを挿入する方法

Premiere Proでは、エッセンシャルグラフィックスという機能でダウンロードしたテロップテンプレートを挿入できます。

おもな流れは下記のとおり。

テロップテンプレートを挿入する方法

  1. エッセンシャルグラフィックスのパネルを開く
  2. テンプレートを反映させる
  3. テロップを入力&編集する

エッセンシャルグラフィックスでのテロップ挿入方法について、詳しくは下記記事をご覧ください。

あわせて読みたい
Premiere Proでおしゃれなテロップを入れる方法【エッセンシャルグラフィックス】
Premiere Proでおしゃれなテロップを入れる方法【エッセンシャルグラフィックス】

まとめ:Premiere Proで動画に最適なテロップを挿入しよう

まとめ:Premiere Proで動画に最適なテロップを挿入しよう

今回は、Premiere Proにおすすめのテロップテンレートを紹介しました。

テロップは動画に合ったものを選ぶことが重要です。柔らかい雰囲気の動画にアメコミ風のテロップを挿入したり、エンタメ風の動画にホラー系のテロップを挿入しては、視聴者に違和感を与えるでしょう。

違和感は視聴者が離脱する原因になるので、しっかりと最適なテロップを選んでくださいね。

ちなみに当サイトでは、Premiere Proの使い方を初心者向けにまとめています。興味のある方は『Premiere Proの使い方!初心者向けの編集方法をわかりやすく解説!』を読んでみてください。

今回は以上です。

  • この記事を書いた人
favicon

うーご

歴3年の専業ブロガー|最高月24万PVの「副業フリー」を運営中|企業メディア(月500万PV)のSEOマーケターやWebライタースクールの講師経験あり|ブログ記事の添削実績20名⤴︎|過去の添削は添削フリーへ|秘密のブログノウハウはnoteにまとめています

-Adobe Premiere Pro