Adobe Premiere Pro

【裏技】Premiere Proでカットしたクリップを元に戻す方法3つ

【裏技】Premiere Proでカットしたクリップを元に戻す方法3つ

この記事で解決できる悩み

  • Premiere Proで直前にカットしたクリップが元に戻らない…
  • 時系列を遡ってカット編集をやり直したい!

本記事の信頼性

当ブログでは「お金・時間・場所に自由を」をコンセプトに、動画編集やブログの始め方・ノウハウを発信します。僕のプロフィールはこちら

Premiere Proのカット編集中に、「間違えてカットしてしまった」「クリップを元に戻したい」と思うことってありますよね。

しかし、Premiere Proはできることが多くて元に戻す方法に自力でたどり着くのは困難です。

そこで、本記事ではカット編集を「元に戻したい!」と考えるであろう状況を3つピックアップしてみました。

初心者でも簡単にできるように分かりやすく解説しますので、参考にしてみてください。

Adobe CCを安く購入する方法

参考記事>>【完全版】Adobe CCを安く購入できる方法を徹底比較【ほぼ半額】

Premiere Proでカットしたクリップを元に戻す方法3つ

Premiere Proでカットしたクリップを元に戻す方法は3つあります。

カットしたクリップを元に戻す方法

  • 直前のカット編集を取り消す
  • ヒストリーを遡る
  • クリップを結合させる

詳しく解説します。

①直前のカット編集を取り消す

「直前のカット編集を取り消したい」と考えた場合は、以下のような操作で元に戻しましょう。

やり方は簡単で、「編集」→「取り消し」を選択するだけです。

ちなみに、この操作はショートカットキー「Command + Z」でも実行することができます。

このショートカットキーは、他のアプリケーションにおける操作を取り消したいときにも使えるため、覚えておいて損はないでしょう。

②ヒストリーを遡る

「カット編集後に作業を進めてしまった」「カット編集した時点まで戻りたい」と考えている方は、ヒストリー機能を活用するのがおすすめです。

先述の「直前の操作を元に戻す方法」を連続で使えば同じことですが、こちらの方が簡単にカット編集を元に戻すことができます。

まずは、「ウィンドウ」→「ヒストリー」の流れで選択してください。すると、ヒストリーのパネルが表示されます。

ヒストリー画面は、作業を進めると実行した操作が上から順に蓄積されます。つまり、一番下にあるものが直前の操作を表すわけです。

カットの操作は「すべて分割」と表記されます。今回はカットの前に戻りたいため、「すべて分割」の1つ上の操作をクリックしてください。

以上でカット編集前のタイムラインに戻ることができました。

このまま編集を再開しても問題ありませんが、ヒストリーはPremiere Proでの時系列をで遡る処理です。

遡った時間の間に行った編集はすべてキャンセルされるため、使用する際には注意してください。

③クリップを結合させる

「カット編集後に作業を進めてしまった」「元に戻したいけどカット後の編集が消えるのは困る」といった方は、クリップを結合させればOKです。

まず、帯のカットした部分の境界線を「Command」キーを押しながらクリックしてください。

すると、クリップの境目が赤く表示されるため、その状態で「Delete」キーを押しましょう。

これで、クリップを結合させることができました。

ちなみに、元に戻したいカット編集がいくつかある場合は、「Command + Shift」を押しながらクリップの境目をクリップすれば複数選択ができます。あとは先ほどと同じく「Delete」キーを押せば結合させることが可能です。

ただし、この方法には注意点があります。それは、カットしたクリップの時系列が繋がっていない場合は元に戻すことができない点です。

そのため、「別の動画のクリップを繋げる」といった処理は、この方法ではできません。

クリップを結合させる方法について詳しくは以下の記事で解説していますので、参考にしてみてください。

参考記事>>誰でもできる!Premiere Proでカットしたクリップを結合させる方法

まとめ:Premiere Proでカットしたクリップを元に戻す方法

本記事では、カットしたクリップを元に戻す方法を、3つのパターンに分けて解説しました。

カットしたクリップを戻す方法

  • 「直前のカットを取り消したい!」
    →直前のカット編集を取り消す
  • 「カット後の作業をしてしまった」
    →ヒストリーを遡る
  • 「カット後の編集をそのままにしたい!」
    →クリップを結合させる

繰り返し実践することで、どの方法を使うべきか瞬時に分かるようになります。

やり方を忘れてしまった時は、その度に確認すればOKですので、どれか1つのやり方だけでも覚えていってくださいね。

今回は以上です。

-Adobe Premiere Pro
-, ,