Webマーケティングの仕事

未経験からWebマーケティング転職できた僕の志望動機の書き方【例文あり】

未経験から3ヶ月でWebマーケティング転職できた僕の志望動機を紹介!【例文・書き方あり】

この記事で解決できる悩み

  • 未経験からWebマーケティング転職したいけど志望動機の書き方がわからない…
  • 例文・書き方を教えて!
  • 体験談も聞きたいなー

本記事の信頼性

当ブログでは「お金・時間・場所に自由を」をコンセプトに、動画編集やブログの始め方・ノウハウを発信します。僕のプロフィールはこちら

近年、Webマーケティング業界は成長を続け、それに伴い未経験からの転職希望者が増えています。僕も2021年に未経験からWebマーケティング業界を志し、無事に内定をもらえました。

僕が転職活動で特に悩んだのが「志望動機」の書き方です。ネットで調べると経験者向けの内容がほとんどだったので、おそらく同じ悩みを抱えている方も多いかと思います。

そこで、この記事では僕が未経験から3ヶ月でWebマーケティング系会社から内定をもらったときの「志望動機」を紹介します。書き方や注意ポイントも解説するので、参考にしてみてください。

うーご

もちろんコピペOKですよ!

僕が転職したときの話は、以下の記事を参考にどうぞ。

あわせて読みたい
ブログ運営をすれば3ヶ月でWebマーケティング業界に転職できる件【体験談】
【体験談】ブログ開設からたったの3ヶ月でWebマーケティング転職できた話

【例文】未経験から3ヶ月でWebマーケティング転職できた僕の志望動機を紹介

【例文】未経験から3ヶ月でWebマーケティング転職できた僕の志望動機を紹介

最初に、僕が実際にWebマーケティング業界への転職活動で使用した「志望動機」を紹介します。

誰でも使えるようにテンプレ化したので、ぜひコピペして活用してくださいね。

僕が使った「志望動機」(コピペOK)

私が貴社を志望する理由について、「業界の将来性」「貴社の優位性」「職種」の3点から回答いたします。

1つ目の「業界の将来性」について、私は将来性のある業界にてスキルを磨き、世にインパクトを与えられる人材になりたいと考えています。

たとえば、電通が発表した広告費統計によると、Webマーケティング市場において年々インターネット広告費は伸びており、今後も拡大が予想されます。

このように成長を続ける業界で自身の市場価値を高めることで、貴社や貴社のお客様、その先のユーザーまで幅広く価値提供ができるのではないかと考えています。

2つ目の「貴社の優位性」について、私は〇〇の優位点を持つ企業にて、より多くのユーザーに受け入れられるサービスを提供したいと考えています。

そして、実際に私は貴社の提供する△△のサービスを利用しておりますが、〇〇の優位点から良いインパクトをユーザーに与えていることを痛感しています。

このようなプロダクトを持つ貴社において、自分自身も納得感のある形でお客様に貢献したいと考えたことが、他社ではなく貴社を志望する理由です。

そして3つ目の「職種」について、私はSEOコンサルタントとして貴社を志望させていただいています。

なぜなら、この職種では私のブログ運営の経験を最大限活かせると考えたためです。

私にはWebマーケティング系企業における就業経験はございませんが、自身のブログを○ヶ月間運営することで△△△△PV/月の集客に成功しております。

その中で、SEOに関する知識やユーザーの潜在的なニーズを満たすコンテンツ制作、アクセス解析・改善のスキルを磨くことができました。

具体的には、××の課題に対して●●の施策を実行した結果、CTR▲▲%増、売上を□□%伸ばすことに成功いたしました。

このように私は成果につながるSEOを得意としており、この経験を活かして全力で貴社に貢献する所存です。

以上、私が貴社を志望する3つの理由となります。

うーご

面接ではさらに上記をまとめて話していました!

未経験からのWebマーケティング転職で志望動機に書くべきこと5つ

未経験からのWebマーケティング転職で志望動機に書くべきこと5つ

それでは、未経験からのWebマーケティング転職で志望動機に書くべきことを5つ紹介します。

志望動機に書くべきこと

  • 業界の魅力
  • 職種の魅力
  • 企業の魅力
  • 自スキルのマッチング
  • 入社後に貢献できること

上記は「どれかひとつ」ではなく、「すべて」書くことが重要です。

どんな業界への志望動機でも活用できるので、順番に考えてみましょう。

①業界の魅力

1つ目は、業界の魅力についてです。

未経験からWebマーケティング業界に転職する場合、最初に「なぜWebマーケティング業界を選んだのか」について書かなくてはなりません。

「楽しそうだから」「将来性があるから」と端的に回答するのではなく、「〜という経験から楽しいと感じたから」「〜というデータから将来性があると感じたから」のように体験談や具体的な数値を用いましょう。

あわせて読みたい
Webマーケティング業界はなくなるの?将来性や今後の需要を徹底分析
Webマーケティング業界はなくなるの?将来性や今後の需要を徹底分析

②職種の魅力

2つ目は、職種の魅力についてです。

Webマーケティング業界にはSEOやWeb広告などたくさんの職種があるため、目指す職種を志望する理由を解説します。

ポイントは、目指す職種の仕事をやってみることです。たとえばSEO系職種ならブログ運営、Web広告系職種ならPPCアフィリエイトを体験すると、納得感のある志望動機が書きやすいですよ。

あわせて読みたい
Webマーケティングの仕事内容は?5つの職種を現役マーケターが紹介
Webマーケティングの仕事内容は?5つの職種を現役マーケターが紹介

③企業の魅力

3つ目は、企業の魅力についてです。

けっして「それって他の会社でよくない?」と質問されないように、その企業だけの魅力を体験談ベースで説明しましょう。

特に効果的なのは、その企業の商品・サービスを実際に利用してみることです。実際に体験したからこそ話せる優位点を志望動機に落とし込めれば、それは唯一無二になるでしょう。

うーご

公式サイトに載っている情報だけでは不十分なことも多いので注意しましょう!

④自スキルのマッチング

4つ目は、自分の持つスキルとのマッチングについてです。

先ほど「職種の魅力」で志望する職種の仕事をやってみることをおすすめしましたが、その経験はここでも活きてきます。

特に、数値データで実績をわかりやすく伝えられると、企業側もあなたにどんなスキルがあるのか把握しやすいです。

また、Webマーケティング業界では

  • 論理的思考力
  • コミュニケーション力
  • 好奇心・情報収集力
  • Excel・PowerPoint使用スキル

といったスキルが高く評価されます。

前職での経験から上記のスキルをアピールできると、高評価をもらいやすくなりますよ!

あわせて読みたい
Webマーケティングに必要なスキルセット7選【現役マーケターが厳選】
【最新版】Webマーケティングに必要なスキルセット7選【習得方法も解説】

⑤入社後に貢献できること

5つ目は、入社後に貢献できることについてです。

実際にSEOやWeb広告で実績があれば、それを志望企業の事業に結びつけましょう。

実績がない場合は前職の経験から貢献できるポイントを探しますが、やはり業務的に貢献できることが示せないのは不利なので、事前に実績づくりをする方が効率的です。

うーご

Webマーケティング業界への転職は、独学やスクールでの実績が本当に大切です!

未経験からのWebマーケティング転職における志望動機でやってはいけないこと3つ

未経験からのWebマーケティング転職における志望動機でやってはいけないこと3つ

次に、未経験からのWebマーケティング業界への転職活動で、志望動機にやってはいけないことを紹介します。

志望動機でやってはいけないこと

  • 志望動機と転職理由を混同する
  • マイナスな表現をする
  • 独立志向を全面に出す

それぞれ解説します。

①志望動機と転職理由を混同する

1つ目は、志望動機と転職理由を混同することです。

この2つはよく似ていますが、実際にはまったくの別モノになります。

具体例を見てみましょう。

志望動機と転職理由の違い

  • 志望動機:その企業に入社したい理由
    • 〜の商品・サービスが魅力的
    • 〜のスキルを発揮できる
    • 社風・人間性が合っている
  • 転職理由:転職を決めた理由
    • 前の会社より給料を上げたい
    • 人間関係に問題があった
    • 今の職種よりやりたいことがある

上記のとおり、志望動機は「その企業ではなくてはならない理由」を、転職理由では「前の会社ではいけなかった理由」を語るイメージです。

志望動機と転職理由を混同してしまうと、「それってこの会社じゃなくてもいいよね?」なんて質問されてしまう可能性があるので注意しましょう。

うーご

実際に僕はこのミスを何回かやってしまいました…

②マイナスな表現をする

2つ目は、マイナスな表現をすることです。

特に志望動機と転職理由を混同したケースによく見られますが、「前の会社では〜できなかったから」といった表現は相手に悪いイメージを与える可能性があります。

また、志望動機をしっかりと語る場合でも、「競合では〜ができないから」「〜が弱みだから」といった他を落とす表現は避けた方が無難です。

うーご

「貴社は〜できるから」「〜に強みがあるから」といったプラスの表現を心がけましょう!

③独立志向を全面に出す

3つ目は、独立志向を全面に出すことです。

企業側は、採用した人材に長く会社で働き、貢献してほしいと考えています。

そのため、たとえ本音だとしても「スキルを身につけてフリーランスになりたい」のように、企業から離れるような表現は控えましょう。

それでも嘘をつきたくない場合は、「独立できるだけのスキルを身につけたWebマーケターに成長したい」くらいにぼかすのがおすすめです。

うーご

以上3つが書かれているだけでアウトな企業もあるので、気をつけてくださいね!

未経験からのWebマーケティング転職の志望動機に大切なのは”納得感”です【チェックリストあり】

未経験からのWebマーケティング転職の志望動機に大切なのは”納得感”です【チェックリストあり】

ここまで、未経験からWebマーケティング業界に転職する時の志望動機に書くべきこと・やってはいけないことを紹介しました。

まとめると、志望動機にもっとも大切なのは”納得感”だといえます。

たとえば、

  • なぜWebマーケティング業界なのか
  • なぜこの企業を選んだのか
  • なぜ希望職種を選んだのか

といった採用担当者が気になることにしっかり回答することで、Webマーケティング業界への転職成功は近づきます。

逆に、上記を満たせず担当者に疑問や悪印象を与えてしまうと、いくら実績を残していてもNGなパターンがあるので注意が必要です。

下記に、志望動機のチェックリストを作ってみました。企業に送る前にチェックして、納得感のある志望動機を送りましょう!

志望動機のチェックリスト

  • 誤字・脱字はないか
  • 読みやすい・わかりやすいか
  • 募集人材にマッチしているか
  • 数値など具体的に書かれているか
  • 転職理由・志望動機に一貫性はあるか
  • その会社を選んだ理由が書かれているか
  • 希望職種を選んだ理由が書かれているか
  • 自己アピールが自慢になっていないか
うーご

これらが満たせていれば、書類選考の通過率は大幅にアップします!

未経験からWebマーケティング業界に転職する方法2つ

未経験からWebマーケティング業界に転職する方法2つ

ここからは、未経験からWebマーケティング業界に転職する方法を紹介します。その方法は、主に2つです。

志望動機でやってはいけないこと

  • スクールに通う
  • 転職エージェント・サイトに登録する

それぞれ解説します。

①スクールに通う

1つ目は、Webマーケティングスクールに通う方法です。

実践的なスキルを最速で身につけてから転職活動ができるため、「絶対に転職を成功させたい」と考えている人におすすめの方法となります。

Webマーケティングスクールでは、第一線で活躍するWebマーケターの講師からノウハウを学び、実際に広告運用やSEOのアウトプットができます。そのため、スクールでの活動内容はそのまま志望動機の実績として書くことが可能です。

また、多くのスクールでは転職サポートが用意されています。志望動機や転職理由のような書類の対策から面接対策、求人紹介まで幅広く対応しているため、安心してスキルを身につけることだけに集中できますよ!

下記はWebマーケターとして転職したい人に特におすすめのWebマーケティングスクールです。無料相談会でスクールへの不安解消やキャリア相談もできるので、まずは話してみてください。

転職におすすめのWebマーケティングスクール

【1位】TechAcademy(テックアカデミー)

  • 幅広くWebマーケティングを学べる
  • 最短4週間でWebマーケターになれる
  • 挫折を防ぐパーソナルメンター制度
  • お得なキャンペーンで安く入会できる
  • 転職サポートあり

【2位】Wannabe Academy(ワナビーアカデミー)

  • Web広告に特化して学べる
  • コスパ最強のスクール
  • 少人数体制講義による徹底指導
  • 最長7ヶ月の手厚いサポート制度
  • 転職、副業・フリーランスサポートあり

【3位】WEBMARKS(ウェブマークス)

  • SEOに特化して学べる
  • サポートが手厚い
  • 割引&全額返金保証で安心
  • 自分のブログ・アフィリエイトを伸ばせる
  • オフラインにまで繋がる仲間と出会える

その他のおすすめWebマーケティングスクールは下記の記事で紹介しています。

あわせて読みたい
【ガチ評判】おすすめWebマーケティングスクール・講座11選を徹底比較!
【ガチ評判】おすすめWebマーケティングスクール・講座11選を徹底比較!

②転職エージェント・サイトに登録する

2つ目は、転職エージェント・サイトに登録する方法です。

こちらは、ある程度は独学してスキルを身につけることが前提の方法となります。

あわせて読みたい
【独学あり】Webマーケティングの勉強方法5選!【未経験でも稼げた】
【独学あり】Webマーケティングの勉強方法7選【未経験から稼ぐ】

転職エージェント・サイトでは、専属のキャリアアドバイザーが無料で志望動機・転職理由といった書類対策や面接対策をしてくれます。

また、Webマーケティング専門の転職エージェントでは業界の最新情報について話を聞けるため、あわせて登録しておくと便利です。

下記は、20社以上の転職エージェント・サイトに登録した僕が、特にお世話になった3社です。とりあえずこの3社に登録しておけば、網羅的にWebマーケティング業界の求人が見れますよ!

最初に登録すべき転職エージェント3選

  • dodaエージェント
    ※手厚いサポートが魅力!どこよりも転職者の悩みに寄り添い、解決してくれる!
  • マスメディアン
    ※IT特化!Webマーケティング求人数No.1!知識豊富なアドバイザーが多数!
  • リクルートエージェント
    ※国内最大手!転職実績No.1!求人数が多く、とりあえず登録すべきエージェント!

その他の転職エージェント・サイトは下記で紹介しています。「絶対に自分に合う求人を逃したくない」と考えている人は、いろいろと登録しておきましょう!

あわせて読みたい
【独学あり】Webマーケティングの勉強方法5選!【未経験でも稼げた】
【独学あり】Webマーケティングの勉強方法7選【未経験から稼ぐ】

まとめ:Webマーケティング職の志望動機を書いたら次は面接対策をしよう

まとめ:Webマーケティング職の志望動機を書いたら次は面接対策をしよう

この記事では、未経験からWebマーケティング業界に転職するときの、志望動機の書き方を解説しました。

志望動機に書くべきこと

  • 業界の魅力
  • 職種の魅力
  • 企業の魅力
  • 自スキルのマッチング
  • 入社後に貢献できること

上記をしっかりと満たせていれば、書類選考の通過率はかなりアップするハズです。

そのため、志望動機が完成したら面接対策もスタートしましょう。

下記の記事では実際に僕がWebマーケティング業界に転職活動をしたときに面接で聞かれた質問をまとめています。

あわせて読みたい
【回答例あり】僕がWebマーケティング面接で聞かれた7つの質問
未経験の僕がWebマーケティング面接で聞かれた質問9選【回答例あり】

ぜひWebマーケティング企業からの内定をゲットして、一緒にWebマーケターライフを楽しみましょう!

今回は以上です。

-Webマーケティングの仕事
-