Webマーケティングの仕事

Webマーケティング職は激務?現役広告マーケターを取材してみた!

Webマーケティング職は激務?現役広告マーケターを取材してみた!

この記事で解決できる悩み

  • Webマーケティング職って激務なの?
  • 激務なら、そうならない対策が知りたい
  • 未経験からWebマーケターになる方法は?

本記事の信頼性

当ブログでは「お金・時間・場所に自由を」をコンセプトに、ブログの始め方・ノウハウを発信します。僕のプロフィールはこちら

『Webマーケティング職は激務』

Webマーケターへの転職を考えた人なら一度は聞いたことがあるでしょう。

「そんなに激務ならやめておこうかな?」なんて悩んでいる人もいるかもしれません。

今回はその真相を確かめるべく、広告代理店ではたらく現役WebマーケターのY.Tくんに、本当にWebマーケティング職が激務なのかインタビューしてみました。

うーご

簡単に自己紹介をお願いします!

はじめまして!Y.Tといいます!

IT系企業で1年はたらいたあと、未経験からデジプロというスクールで学んで広告代理店に転職しました!今年で3年目になります!

現在は、主にリスティング広告やディスプレイ広告の運用を担当しています!

Y.Tくん

Webマーケティング転職を悩む人のよくある質問をしてみたので、参考にしてみてください。

【結論】Webマーケティング職は激務です

【結論】Webマーケティング職は激務です

最初に、今回Y.Tくんへのインタビューをした結論からお話しします。

結論、Webマーケティング職は激務です。

後述しますが、仕事量は多いし勉強は大変だし、しんどいことも多いみたいです。しかし同時に、それでも続けるくらいWebマーケティング職には魅力があると語っていたのが印象的でした。

それでは、具体的にY.Tくんが何を語ったのか、インタビューを見ていきましょう!

Webマーケティング職の1日のスケジュールを教えて!

Webマーケティング職の1日のスケジュールを教えて!
うーご

まずは、1日のスケジュールを教えてください!

普通の会社員って感じですよ!朝は7時半ころに家を出て、9時に始業、20時くらいに退社するイメージかな。

Y.Tくん

もう少し具体的に話を聞いてみました。

Y.Tくんの1日のスケジュール

  • 07:30 電車で出社
  • 08:45 メールチェック
  • 09:00 業務開始!数値の確認
  • 09:15 今日やることリスト作成
  • 09:20 優先度の高いタスク
  • 11:30 ミーティング(1)
  • 12:30 お昼休み
  • 13:30 優先度の高いタスク
  • 15:00 ミーティング(2)
  • 16:30 優先度中のタスク
  • 18:00 定時(ここから残業)
  • 19:00 優先度低・その他タスク
  • 19:30 明日のスケジュール確認
    +メール返信など雑務
  • 20:00 業務終了
    (残業量は日による)

タスクの量が日によって違うから、残業は0〜4時間くらいで変動するイメージです!月で合計すると平均70時間くらいかな?

悩む人
うーご

他業界とくらべると、かなり多いですね…!

ちなみに、僕はフリーランスのWebマーケターとして活動しています。フリーランスの1日のスケジュールを知りたい人は、下記の記事を参考にしてみてください。

あわせて読みたい
フリーランスWebマーケターの1日の仕事は?僕のスケジュールを紹介!
フリーランスWebマーケターの1日の仕事は?僕のスケジュールを紹介!

Webマーケティング職は本当に激務なの?

Webマーケティング職は本当に激務なの?
うーご

残業が多いのはわかったけど…結局、Webマーケティング職って激務なんですか?

僕は激務だと思っていますよ!正直、しんどい・辛いと感じる日も多いですw

Y.Tくん
うーご

おお…良かったら激務になってしまう理由を教えてください!

了解しました!

Y.Tくん

①Webマーケティング施策が膨大にあるから

Webマーケティングの施策は膨大にあります!僕が主に扱っているWeb広告だけでも種類が多いので、いろいろ試しているとどうしても時間がかかるんですよね。

Y.Tくん

Web広告の種類とは、

  • リスティング広告
  • ディスプレイ広告
  • SNS広告
  • アドネットワーク広告
  • リマーケティング広告

など、さまざまです。

Webマーケターはさまざまな手段でクライアントのWebサイトへの集客を実施、売上アップに貢献します。そのため、ある手法がダメだったら次の手法、またダメだったら次…というように、仮説・検証をくり返さなくてはいけません。

広告運用には、数値分析やクリエイティブの提案といったさまざま業務が伴うので、どうしても時間がかかってしまうわけです。

②目標値に達しないときの対応が大変だから

クライアントは結果しか見てくれないので、目標値に届いていない時にはなんとか達成するために対応します!そんな時は残業時間も長くなりがちですね。

Y.Tくん

クライアントが広告代理店などのWebマーケティング企業に仕事を依頼するのは、「プロに運用代行を委託することで売上をアップさせたいから」です。

商品・サービスが売れなければ2度と依頼してくれない可能性があるため、Webマーケターは先ほど紹介した以外にもSEOやSNS運用など、さまざま施策を駆使してクライアントに貢献します。

売上が目標値に届かなければ、やれることをすべてやるまで無限に仕事が続くため、そんな時のWebマーケターは特に激務です。

③市場・広告の変化が激しいから

Webマーケティング市場は変化が激しいです!市況が変われば僕らWebマーケターも時代に合った戦略を考えなくてはいけませんし、広告に新機能が追加されたり、逆に使えない機能が出てくると対応に追われたりします!

Y.Tくん

Webマーケティングは人について考える仕事です。ユーザーがWeb上で何を考えて、どのような行動をするのか予測しながら仮説・検証をくり返します。

そのため、世の中のトレンドが変われば、Webマーケターはそれに合わせて戦略を練らなくてはなりません。今までは当たり前だったノウハウが使えなくなることもあるため、新たな技術を手にするための勉強が必須です。

また、たとえばGoogle広告やYahoo!広告といった広告プラットフォームには、時々アップデートやルール変更が実施されます。

そんな時は、既存で運用している広告を最新版に適応させる業務が発生するケースもあるので、膨大な時間が必要になるわけです。

④データ分析に時間が必要だから

Web広告系の仕事では、常に数値データの分析がともないます。それだけでも時間はかかるのですが、もしデータを元に考えた仮説に間違いが見つかった場合、データを抽出し直したり…めちゃくちゃ時間が必要です…

Y.Tくん

Webマーケターの仕事として、「数値データを分析して、それを元に仮説や施策を立案する」といった工程は必須です。

この作業がプロジェクトや事業の方向づけをすることも多いので、Webマーケターは特にデータ分析に時間をかけます。

また、Webマーケティングの仕事は上流なので、もしも立案した仮説にミスがあればライター・デザイナー・プログラマーといったすべての下流工程に無意味な仕事をさせることになります。

そのため、Webマーケターは自分の仕事にミスがある、もしくはミスがある可能性があると思ったら、残業をしてでもデータを抽出し直して検証をすることが多いです。

あわせて読みたい
Webマーケティングの仕事内容は?5つの職種を現役マーケターが紹介
Webマーケティングの仕事内容は?5つの職種を現役マーケターが紹介

⑤常にインプットが欠かせないから

先ほど話した通り、Webマーケティング業界は変動が激しいので、常にインプットは欠かせません!業務中は時間がないので、仕事帰りの電車や帰宅後、休日に勉強をしていることが多いです。

Y.Tくん

まったくインプットをしないWebマーケターは、最善策をクライアントに提示できず、成果を残すことができません。結果、”仕事ができないレッテル”を社内外から貼られてしまいます。

そのため、学習意欲の高さや好奇心の旺盛さはWebマーケターに必須の素養です。

しかし、このインプットはWebマーケティング職を激務にする一因でもあります。休日返上で学習しなくてはならないこともあるので、学ぶのが好きな人でなければ続かないでしょう。

他にもWebマーケターにはさまざまな求められる素養・スキルがあるため、下記の記事を参考にしてみてください。

あわせて読みたい
Webマーケティングに必要なスキルセット7選【現役マーケターが厳選】
【最新版】Webマーケティングに必要なスキルセット7選【習得方法も解説】

⑥オンライン会議が多すぎるから

リモート環境になって最初は喜んでいたんですけど、気軽にできるようになったからか、明らかに会議の頻度が増えました…。会議でスケジュールがパンパンの日は他のタスクが進まず、残業することが多いですね。

Y.Tくん

Webマーケターはひとりで何人ものクライアントを抱えるため、広告運用の方針を決める打ち合わせや、運用の経過・結果報告レポートを提出する会議が頻繁に発生します。

特に、コロナウイルスの影響でリモート環境が加速してからは、気軽に「1度打ち合わせを!」と言うクライアントが増えました。

Webマーケターはただでさえ作業量が多い仕事なので、オンライン会議が増えすぎると他の仕事ができず、結果的に残業するしか無くなってしまいます。

⑦レポート資料作成に時間を取られるから

オンライン会議が増えるにつれて、クライアントに広告運用実績を報告するレポート作成をする頻度が増えました。適当なものは見せられないので、時間をかけて作成しています。

Y.Tくん

前述の通り、Webマーケターはクライアントに対して、Web広告の運用実績や経過報告をレポートとして提出します。

膨大に時間を取られる仕事ではありませんが、塵も積もれば山となり、どんどん他の業務時間を圧迫するわけです。

以上がY.Tくんから聞いた「Webマーケティング職が激務な理由」でした。

うーご

まとめると、

  • 仕事量が多い
    →残業が増える
  • 勉強が必要
    →業務外に勉強する

といったイメージですね。

Webマーケティング職で激務を回避する方法を教えて!

Webマーケティング職で激務を回避する方法を教えて!
うーご

めちゃくちゃ大変そうですね…激務を回避する方法はないんですか?

特効薬はないけど、一応対策はありますよ!

Y.Tくん
うーご

ぜひ教えてください!

①業務を効率化する

まず最初に考えるべきは「業務効率化」です。思わぬところで時間を無駄にしているケースも多いので、自身の行動を入念にチェックすることが大切です。

Y.Tくん

Webマーケティングの仕事は作業量が多いため、実は効率化できるポイントはたくさんあります。

たとえば、クライアントへのレポート作成はテンプレ化したり、Excelを使用したデータ分析は事前に関数を入力したフォーマットを作ったり、といったイメージです。

これだけで圧倒的に業務に余裕ができることもあるので、ぜひ最初に確認してみてくださいね。

②クライアントからの信頼を集める

クライアントとの関係性も重要です!信頼して仕事を任せてもらえるとコミュニケーションが最低限でOKになるので、かなりの業務効率化になります。

Y.Tくん

先述の通り、Webマーケターはクライアントに広告運用の実績・経過報告といったレポートを提出しますが、レポート作成やオンライン会議に膨大な時間を費やします。

しかし、クライアントからの信頼してもらえたら話は別です。場合によっては、「Webマーケティング施策を丸投げされてレポーティングは月1度」なんてケースもあるため、度重なるレポート作成やコミュニケーションに時間を取られません。

ただし、信頼は一朝一夕で獲得できるようなものではないので、日々の仕事に全力で取り組んで少しずつ手に入れましょう。

③高すぎる目標を設定しない

先ほど、Webマーケティング職が激務になる理由として「目標を達成できない時の対応」を挙げましたが、その理由のほとんどが目標設定の高さにあります!

Y.Tくん

はじめの打ち合わせで、「クライアントの心象を良くしよう」と先走りすぎると、つい高すぎる目標を設定しがちです。

しかし、これは後ほど自分自身の首をしめることになります。最終的に目標を達成的できなかった場合、むしろクライアントの心象を悪くして仕事をもらえなくなる可能性もあるでしょう。

そのため、目標設定の際は自分のスキルや空き時間を考えて、適正値を定めることが重要です。

④会社・仕事を重く捉えすぎない

これは精神論ですが、「会社員・仕事だから頑張らないと」といったマインドが強すぎると徐々にしんどくなってきます。なので、たまには「たかが会社」「たかが仕事」くらいの感覚を持てると、かなり精神的にラクになりますよ。

Y.Tくん

後述しますが、Webマーケターは副業で稼げたり、独立できたりと高い自由度があります。

実は会社員を辞めても余裕で生活できたりするので、本当にしんどい時は逃げるのも1つの手です。

あまり目の前のことに必死になりすぎると精神的に追い詰められてしまうので、適度に休息しつつ心の逃げ道を用意しましょう。

⑤上司に相談する(最終手段)

「自分ではどうしても解決できない。物理的にも精神的にももう無理だ!」と思ったら、上司に相談するのもアリです。

Y.Tくん

Webマーケティングは仕事が膨大にあるので、上司ですら部下の作業量を把握できていないケースがほとんどです。そのため、本気でパンクしそうになったら、迷わず相談してみましょう。

上司や会社からすると、辞められて人が足りなくなるのが1番困ります。しっかりと話をすれば業務量を調整してくれるケースも多いので、あまり気負う必要はありません。

ただし、上司への相談は最終手段にしましょう。業務効率化やクライアントとの関係構築といった自分なりの対策をせずに相談すると、心象を悪くする可能性が高いです。

それでもWebマーケティング職を続けている理由は?

それでもWebマーケティング職を続けている理由は?
うーご

これだけ激務だと転職を考える人が多そうだけど…どうして続けているんですか?

僕が続けているのは、「激務で辛い」ことよりも大きな「魅力」をWebマーケティングの仕事に感じているからです!

Y.Tくん
うーご

具体的にどんな魅力があるのか教えてください!

ちなみに、当サイトでもWebマーケティングの魅力については下記記事で紹介しているので、あわせて読んでみてくださいね。

あわせて読みたい
Webマーケティングは楽しい!魅力・やりがいを現役マーケターが解説
Webマーケティングは楽しい!魅力・やりがいを現役マーケターが解説

①Webマーケティングが好きだから

最大の理由は、Webマーケティングが好きなことです!僕は昔から数字を増やすゲームが好きだったので、すべてが数値データでわかる部分が合っていましたね。

Y.Tくん

Webマーケティングは自分の出した施策の結果が、すべて数値データとしてわかります。

それだけに結果にシビアな世界ではありますが、好きな人は本当に好きな仕事だと思います!

②裁量の広い仕事ができるから

Webマーケティングはたくさん施策があるので、裁量広く仕事できます!僕は指示されるより自分で考えるのが好きなので、かなり大きな魅力でした。

Y.Tくん

前述の通り、Webマーケティングは施策が多すぎて大変な一面もあります。しかし、それは裏を返すと、できることの自由度が高いということ。

なので、自分で考えることが好きな人は、Webマーケティング職との相性はバッチリですよ。

③人の心理について学べるから

僕は心理学が好きなのですが、学んだことはそのまま仕事に活かせています!新しい心理学の知識を仕事で学べるので、本当に楽しいです!

Y.Tくん

Webマーケティングでは、「なぜボタンがクリックされたのか?」「なぜこのコンテンツはよく見られるのか?」のように人の心理について考えることで、仮説・検証をくり返します。

そのため、心理学への知見があればフル活用できますし、自然に知識を深めることも可能です。

④副業で稼げるから

僕はWeb広告運用の副業をしていますが、本業のスキルをそのまま活かせています!本業で学んだことを副業で、副業で学んだことを本業で活かせるので効率的です!

Y.Tくん

実は、Webマーケティングは本業でも副業でもやることは同じです。

そのため、実力によっては副業で本業以上に稼げますし、副業で得たスキルを活かして本業の収入アップを狙えます

⑤いつでも独立できる安心感があるから

副業で稼げることもあり、Webマーケティング職はいつでも独立できる安心感があります!上司から理不尽なことを言われても、「最悪、辞めればいいや」みたいな感覚になれるので、心に余裕ができますよ!

Y.Tくん

Webマーケターとして独立している人はたくさんいます。スキルさえあればITプロパートナーズのようなフリーランス向けエージェントで仕事を獲得できるので、食うに困ることはありません。

僕は元々大手メーカーで働いていたのですが、ほかの会社では活かせないスキルばかりを磨き将来に不安を感じていました。

しかし、Webマーケティングスキルは活躍する場面が多いので、明日会社が潰れても生きていけるくらいの自信が身についたのは嬉しかったです。

あわせて読みたい
【完全版】フリーランスWebマーケターの案件の取り方【年収・単価相場】
【完全版】フリーランスWebマーケターの案件の取り方【年収・単価相場】
うーご

たとえ激務でも、続ける価値はありそうな仕事ですよね。

どうやって未経験からWebマーケティング業界に転職したの?

どうやって未経験からWebマーケティング業界に転職したの?
うーご

それでは最後に、未経験からWebマーケティング業界に転職した方法を教えてください!

僕はデジプロというスクールで学んで、転職しました!

デジプロを選んだ理由は、

  • スクールの実績が豊富
  • 実践的なスキルが身につく
  • 転職サポートが手厚い

といった感じです。

面接ではデジプロで学んできたことを自信を持って話せたのでよかったです!

Y.Tくん
うーご

たしかに、スクールに通うなら実践的なスキルが磨かれるとこがいいですよね。

デジプロは、2021年のWebマーケティングスクール受講者数No.1を獲得した大人気のスクールです。無料相談会ではスクールへの質問はもちろん、キャリア相談もできるので、気になった人は話を聞いてみてくださいね。

>>デジプロの無料相談はこちら

デジプロについて詳しくは、下記の記事を参考にしてみてください。

あわせて読みたい
【直撃!】デジプロの特徴や口コミ・評判まとめ【現役講師インタビュー】
受講者数No.1!デジプロを取材してわかった評判や料金、転職事情!

その他のおすすめWebマーケティングスクールは、下記で紹介しています。

あわせて読みたい
【ガチ評判】おすすめWebマーケティングスクール・講座11選を徹底比較!
【徹底比較】おすすめWebマーケティングスクール・講座10選【口コミ・評判】

まとめ:Webマーケティング職は激務!しかしそれ以上の魅力がある!

まとめ:Webマーケティング職は激務!しかしそれ以上の魅力がある!

この記事では、広告代理店で働く現役WebマーケターT.Kくんに、Webマーケティング職は激務なのか質問してみました。

改めて結論を振り返ると、Webマーケティング職は激務だとT.Kくんは話していました。

Webマーケティング職が激務な理由

  • Webマーケティング施策が膨大にあるから
  • 目標値に達しないときの対応が大変だから
  • 市場・広告の変化が激しいから
  • データ分析に時間がかかるから
  • 常にインプットが欠かせないから
  • オンライン会議が多すぎるから
  • レポート資料作成に時間を取られるから

しかし、それ以上にたくさんの魅力があるのがWebマーケターという仕事です。

なので、少しでも興味のある人は、ぜひ一度Webマーケティングにチャレンジしてみましょう。

新しいことを始めるのは大変ですが、行動して損をすることはないですよ!

うーご

それではT.Kくん、今日はどうもありがとうございました!

こちらこそ!ありがとうございました!

Y.Tくん
あわせて読みたい
未経験からWebマーケターになるには?僕がたったの3ヶ月で転職した方法も紹介
未経験からWebマーケターになるには?僕がたったの3ヶ月で転職した方法も紹介

-Webマーケティングの仕事
-