Webマーケティングの仕事

【体験談】僕がWebマーケティング業界でしんどい・辛いと感じた7つの瞬間

【体験談】僕がWebマーケティング業界でしんどい・辛いと感じた7つの瞬間

この記事で解決できる悩み

  • Webマーケティング業界ってしんどいの?
  • 実際の体験談が聞きたい!
  • 辛い時の対処方法も教えて!

本記事の信頼性

当ブログでは「お金・時間・場所に自由を」をコンセプトに、動画編集やブログの始め方・ノウハウを発信します。僕のプロフィールはこちら

結論から言うと、Webマーケティングはしんどい・辛い仕事です。僕は企業・フリーランスのWebマーケターをどちらも経験していますが、「辞めたい」と思ったことは1度や2度ではありません。

しかし、それでも僕がWebマーケティング業界で仕事を続けているのは、しんどい以上にたくさんの魅力があるからです。

そこで、この記事では僕がWebマーケティング業界でしんどい・辛いと感じたことを紹介します。

しんどい・辛い時の対処法やそれでも僕が続けている理由、未経験からWebマーケターになる方法も解説するので、現役Webマーケターで悩んでいる人やこれからWebマーケターを目指す人は参考にしてみてください。

うーご

それでは本題に入ります。

【参考】僕のWebマーケティング業界での仕事内容

【参考】僕のWebマーケティング業界での仕事内容

まず、僕のWebマーケティング業界での仕事内容を紹介します。このあと解説するWebマーケティング業界でしんとい・辛いと感じたことがイメージしやすくなるので、参考にしてみてください。

僕は、Webマーケティング業界でSEOディレクター・編集者として活動しています。

簡単に言うと、クライアントのWebサイトをGoogle検索に上位表示させて、商品・サービスの売上アップを目指す仕事です。

うーご

Webマーケティング業界の1つの職種といった分類ですね。

具体的には、

  • SEO施策の立案
  • アクセス解析
  • 分析・改善
  • ライターさん管理
  • レポーティング

などが主な仕事内容となります。

他にも、場合によってはコピーライティングやデザインに関わるなど、仕事内容はさまざまです。

僕はSEO関係の仕事をしていますが、Webマーケティング業界には他にもたくさんの仕事があります。詳しくは以下の記事で解説しているので、興味のある方は読んでみてください。

あわせて読みたい
Webマーケティングの仕事内容は?5つの職種を現役マーケターが紹介
Webマーケティングの仕事内容は?5つの職種を現役マーケターが紹介

僕がWebマーケティング業界でしんどい・辛いと感じたこと7選

僕がWebマーケティング業界でしんどい・辛いと感じたこと7選

それでは、僕がWebマーケティング業界ではたらく中で、しんどい・辛いと感じたことを7つ紹介します。

Webマーケティング業界でしんどい・辛いこと

  • 残業が多い・休日が少ない
  • 結果だけを求められる
  • 地道な作業が多い
  • 正解のない仮説・検証をくり返す
  • 常に学び続けなければならない
  • 成果が出るまで時間がかかる
  • クライアントとITリテラシーが合わない

それぞれ解説します。

①残業が多い・休日が少ない

1つ目は、残業が多い・休日が少ないことです。

Webマーケティング業界では、クライアントの稼働時間にミーティングやレポーティングを実施して、業務時間外にアクセス解析・分析や改善の立案などを行うケースが多いです。

そのため、必然的に残業が増えてしまう傾向があります。

また、先ほど「休日が少ない」とお話ししましたが、実はWebマーケティング業界の年間休日数の平均値は他業界より多いです。

しかし、中には休日中に急なWeb広告・Webサイト改善の依頼をするクライアントも存在します。そんな依頼に休日返上で対応した結果、休日が少なくなってしまいます。

うーご

あまり大きな声では言えない闇ですね…

②結果だけを求められる

2つ目は、結果だけを求められることです。

クライアントが見てくれるのは、「どれくらい売上に貢献したか」といった数値でわかる結果だけです。残念ながら、それに至るまでの時間や頑張りはまったく評価してくれません。

そのため、結果については常に大きなプレッシャーがかかります。

また、たとえばWeb広告の場合、成果を出せば出すほど任せられる予算は大きくなります。

最低100万円〜、場合によっては1億円を超える大金を動かすことになるため、責任感とプレッシャーに押しつぶされない精神力が必要といえるでしょう。

うーご

心身ともに強さが求められる業界です。

③地道な作業が多い

3つ目は、地道な作業が多いことです。

Webマーケティングの仕事は、常に数字との戦いです。

  • 数値・データ収集
  • 数値・データ分析
  • それをもとに改善

などの作業をくり返すため、コツコツ仕事ができる人でなければ苦労するでしょう。

うーご

大手広告代理店のサイバーエージェントなどは華やかなイメージがありますが、そのイメージだけでWebマーケティング業界に入ると後悔する可能性が高いです。

④正解のない仮説・検証をくり返す

4つ目は、正解のない施策・改善をくり返すことです。

先述のとおり、Webマーケティング業界では数値データをもとに施策・改善をくり返します。その際には必ず「仮説」を立てるのですが、この仮説が正しいかどうかは誰にもわかりません。

そのため、Webマーケターはゴールの見えない状態で仮説を立てて、それを検証をしなくてはならないわけです。

うーご

クライアントから成果へのプレッシャーをかけられている中で正解がわからないのは、正直しんどいです…

⑤常に学び続けなければならない

5つ目は、常に学び続けなければならないことです。

Webマーケティング業界は、最新情報やトレンドの変化が激しい業界です。昨日まで活躍していたノウハウやツールが急に役立たずになることも少なくありません。

そのため、Webマーケターは常に新しい知識をインプットしなければ、クライアントへの最適な提案や成果を残せなくなるでしょう。

うーご

Webマーケティングが好きでなければ、かなりしんどいと思います!

⑥成果が出るまで時間がかかる

6つ目は、成果が出るまで時間がかかることです。

これは職種にもよりますが、Webマーケティングの仕事は結果がわかるまでに時間がかかるケースがたくさんあります。

たとえば、僕がなりわいとするSEOでは、施策の結果が2週間〜3ヶ月くらい経たなければわかりません。

これはGoogleがWebサイトの情報を認識するまでにかかる時間や、有効なユーザーデータを集めるための時間だったりします。

他にも、YouTubeやTwitter、Instagramなどを活用したWebマーケティングなど中長期的にユーザーを集める施策も多いため、すぐに結果を求めない姿勢は超重要です。

うーご

施策を打ってすぐに結果が出ないと、自分もクライアントも不安になるんですよね…

⑦クライアントとITリテラシーが合わない

7つ目は、クライアントとITリテラシーが合わないことです。

クライアントの中には、Web関係はまったくわからない年配者の方も少なくありません。そのため、Webマーケターにはそんな方でも理解できるように、わかりやすく施策の経過・結果を伝える力が求められます。

これがなかなか難しく、普段まわりのWebマーケターと話す用語を使って「??」といった反応をされることも少なくありません。

そのため、実はWebマーケティングの仕事で最重要なのはマーケティングスキルではなく、コミュニケーション能力と言われることもあるくらいです。

うーご

僕もはじめのころは本当に苦労しました。

場数を踏んで解決しましたが、最初はしんどいと感じるでしょう。

Webマーケティング業界がしんどい・辛いと感じた時の対処法3選

Webマーケティング業界がしんどい・辛いと感じた時の対処法3選

ここまで、僕がWebマーケティング業界でしんどい・辛いと感じたことを紹介してきましたが、次にそれらを乗り越えた対処法を紹介します。

しんどい・辛いことの解決策

  • 業務効率化を考える
  • 勉強してスキルアップする
  • 転職して環境を変える

それぞれ解説します。

①業務効率化を考える

1つ目は、業務の効率化です。

一見すると手が回らなそうな仕事でもやりようによっては早く終わらせられるので、まずは効率化して身体への負担軽減を目指しましょう。

参考までに、僕は主に3つの業務改善をしたら、仕事が格段にラクになりました。

  • クライアントとの報連相を徹底する
  • 不要な会議を減らす
  • レポートのフォーマットなどを作成する

クライアントに疑問を与えたり認識の違いがあると、工数が増える要因になります。僕はしっかりとした報連相を意識した結果、不要なコミュニケーションなどに時間をとられなくなりました。

また、不要な会議は疲れるし時間もかかるのでやらないが吉です。もちろん必要な会議もあるので、まずは振り分けからスタートしてください。

そして、Webマーケターがもっとも時間を取られるのがレポーティング業務です。しかし、この作業は使いまわせるフォーマットさえあれば、毎月の数値データを入れ替えるだけで完了できます。

うーご

まとめると、徹底的にラクできる体制を考えよう!ってことですね。

②勉強してスキルアップする

2つ目は、勉強してスキルアップすることです。

Webマーケターがしんどい・辛いと感じる場面は、スキルがないことが理由になっているケースが多いです。

たとえば、

  • スキルがないから仕事が遅い
  • スキルがないから結果が出ない
  • スキルがないから…etc

といったイメージですね。

なので、まずはWebマーケティングについて徹底的に学びましょう!

僕は本でインプットして解決できたので、役立った本を下記の記事で紹介します。

あわせて読みたい
現役マーケターが厳選!独学におすすめのWebマーケティング本15選!
現役マーケターが厳選!独学におすすめのWebマーケティング本15選!

③転職して環境を変える

3つ目は、転職して環境を変えることです。

どうしても「今の仕事は時間がなさすぎてしんどい・辛い…」と思ったら検討してみてください。

Webマーケティング業界は忙しい会社が多いですが、中には超ホワイトな会社もあります。経験者なら歓迎してくれることも多いので、仕事の忙しさで悩んでいるなら思い切って転職するのがおすすめです。

転職方法について、まずは転職エージェント・サイトに登録しましょう。専門のキャリアドバイザーからあなたの経歴やスキルに最適な求人を紹介してもらえるので、はたらきながらでも転職活動を簡単にできます。

下記は20社を超える転職エージェント・サイトを利用した僕が特にお世話になった3社なので、あなたの転職活動の助けになること間違いなしです!

最初に登録すべき転職エージェント3選

  • dodaエージェント
    ※手厚いサポートが魅力!どこよりも転職者の悩みに寄り添い、解決してくれる!
  • マスメディアン
    ※IT特化!Webマーケティング求人数No.1!知識豊富なアドバイザーが多数!
  • リクルートエージェント
    ※国内最大手!転職実績No.1!求人数が多く、とりあえず登録すべきエージェント!

その他のおすすめ転職エージェント・サイトは下記の記事で紹介しているので、参考にしてみてください。

あわせて読みたい
【未経験OK!】Webマーケティング業界に強い転職エージェント・サイト7選
【2021】僕のWebマーケティング転職で役立ったエージェント・サイト11選!
うーご

ちなみに、Webマーケティングの仕事そのものが辛い時は部署変更を申請するのが得策です!

Webマーケティング業界はしんどい・辛い!それでも僕が続ける理由3つ

Webマーケティング業界はしんどい・辛い!それでも僕が続ける理由3つ

Webマーケティングの仕事はたしかにしんどいし、辛いこともたくさんあります。しかし、それでも僕が続けているのは3つの理由があるからです。

Webマーケティングの仕事を続ける理由

  • 楽しいから
  • 副業で稼げるから
  • 将来性があるから

それぞれ解説します。

①楽しいから

「Webマーケティングは楽しい」正直、これが1番の理由です。

僕は数値で結果が出るのが好きなので、たくさんの施策を打ち出したり改善して数値データを集めるのを心から楽しんでいます。

うーご

たとえるなら、学校で毎日テスト返却があるイメージですね。

好きな人は好きだったと思います!

たしかに、クライアントからのプレッシャーをしんどいと感じる場面もありますが、それがあるからこそ全力で打ち込めている側面もあるんですよね。

のちほどWebマーケティング業界に向いてる人・向いていない人の特徴を紹介しますが、Webマーケティングをゲーム感覚で楽しめる人は間違いなく向いてるでしょう。

②副業で稼げるから

Webマーケティング業界の平均年収は400万円〜500万円くらいです。

あまり多くないイメージかもですが、最大の強みは副業で稼げることにあります。Webマーケティングの仕事はPC1台あればできるので、本業で磨いたスキルをそのまま副業で活かすことが可能です。

たとえば、ブログ運営やWeb広告・SEOコンサルタントの案件獲得など、稼ぐ方法はたくさんあります。

うーご

中には副業だけで月1,000万円稼いだり、本業の収入を超えてフリーランスになる人もいます!

下記に記事ではWebマーケティング副業の始め方を解説しているので、Webマーケティング経験者・未経験者問わずチャレンジしてみてください。

あわせて読みたい
Webマーケティングの副業がガチで稼げる件【未経験からの始め方】
Webマーケティングの副業がガチで稼げる件【未経験からの始め方】

③将来性があるから

Webマーケティング業界は将来性のある成長産業です。

下記は大手広告代理店・電通が発表したインターネット広告費の推移です。Web広告費はこれまで爆発的な成長を続け、今後も需要が増え続けると予想されています。

テレビ・インターネット広告費の推移

広告費の推移(~2020年)

個人が稼げる金額は、その業界の市場規模によって大きく変わります。そのため、「どうせ頑張るなら稼げる市場で頑張りたい」と考えたことが、僕がWebマーケティングの仕事がしんどい・辛いと思っても続ける理由の1つです。

うーご

市場規模の大きな業界のスキルがあれば、仕事に困ることもありません!

Webマーケティング業界の将来性について、詳しくは以下の記事を参考にしてみてください。

あわせて読みたい
Webマーケティング業界はなくなるの?将来性や今後の需要を徹底分析
Webマーケティング業界はなくなるの?将来性や今後の需要を徹底分析

未経験からWebマーケターになる方法2つ

未経験からWebマーケターになる方法2つ

ここでは、「Webマーケティング業界のしんどさ・辛さはわかったけど、それでもチャレンジしてみたい!」と考える人向けに未経験からWebマーケターになる方法を紹介します。

詳細は以下の記事で解説しているので、あわせて読んでみてください。

あわせて読みたい
未経験からWebマーケターになるには?僕がたったの3ヶ月で転職した方法も紹介
未経験からWebマーケターになるには?僕がたったの3ヶ月で転職した方法も紹介

①スクールで学ぶ

1つ目は、Webマーケティングスクールで学ぶ方法です。

うーご

最短でWebマーケターになりたい人向けの方法です!

Webマーケティングスクールでは、現役Webマーケターから実践的なカリキュラムで徹底的な指導を受けられます。

さらに、求人紹介や書類・面接対策をしてくれる「転職サポート」、案件紹介をしてくれる「フリーランスサポート」などのサポート体制が整っているのも特徴です。

コストがかかるデメリットはありますが、スキルと時間を買って次のキャリアに進めると考えればかなりアリな選択肢でしょう。

下記は、分野別のおすすめWebマーケティングスクール3選です。それぞれ無料相談会に参加できるので、ぜひ話だけでも聞いてみてください。

【1位】TechAcademy(テックアカデミー)

  • 幅広くWebマーケティングを学べる
  • 最短4週間でWebマーケターになれる
  • 挫折を防ぐパーソナルメンター制度
  • お得なキャンペーンで安く入会できる
  • 転職サポートあり

【2位】Wannabe Academy(ワナビーアカデミー)

  • Web広告に特化して学べる
  • コスパ最強のスクール
  • 少人数体制講義による徹底指導
  • 最長7ヶ月の手厚いサポート制度
  • 転職、副業・フリーランスサポートあり

【3位】WEBMARKS(ウェブマークス)

  • SEOに特化して学べる
  • サポートが手厚い
  • 割引&全額返金保証で安心
  • 自分のブログ・アフィリエイトを伸ばせる
  • オフラインにまで繋がる仲間と出会える

上記のほかのWebマーケティングスクール・講座については、以下の記事で紹介しています。

あわせて読みたい
【ガチ評判】おすすめWebマーケティングスクール・講座11選を徹底比較!
【ガチ評判】おすすめWebマーケティングスクール・講座11選を徹底比較!

②独学してから転職する

2つ目は、独学してから転職する方法です。

うーご

時間はかかるけど、コストをかけたくない人におすすめの方法です!

まず、独学方法については、

  • 本を一冊読む
  • ブログ運営をする
  • 稼ぐに特化して3ヶ月続ける

の3ステップで進めましょう。

「稼ぐに特化して」と書いたのがポイントで、それだけ全力で取り組んでスキルは身につけることが重要です。

独学を含むWebマーケティングの勉強方法については、以下の記事を参考にしてみてください。

あわせて読みたい
【独学あり】Webマーケティングの勉強方法5選!【未経験でも稼げた】
【独学あり】Webマーケティングの勉強方法7選【未経験から稼ぐ】

次に、ある程度ノウハウが蓄積されたら転職活動をスタートします。

先ほど紹介した3つの転職エージェント・サイトに2社を加えて計5社に登録すれば、Webマーケティング業界の求人はあらかた網羅できるでしょう。

最初に登録すべき転職エージェント3選

  • dodaエージェント
    ※手厚いサポートが魅力!どこよりも転職者の悩みに寄り添い、解決してくれる!
  • マスメディアン
    ※IT特化!Webマーケティング求人数No.1!知識豊富なアドバイザーが多数!
  • リクルートエージェント
    ※国内最大手!転職実績No.1!求人数が多く、とりあえず登録すべきエージェント!
あわせて読みたい
【未経験OK!】Webマーケティング業界に強い転職エージェント・サイト7選
【2021】僕のWebマーケティング転職で役立ったエージェント・サイト11選!
うーご

実際に僕はこの方法で3ヶ月でWebマーケティング会社から内定をもらえました!

運が良かった部分もあったので、時間がかかる覚悟をすることが重要です。

僕が転職活動をした時の話は、以下の記事で紹介しています。

あわせて読みたい
ブログ運営をすれば3ヶ月でWebマーケティング業界に転職できる件【体験談】
【体験談】ブログ開設からたったの3ヶ月でWebマーケティング転職できた話

Webマーケティング業界に向いてる人・向いていない人の特徴

Webマーケティング業界に向いてる人・向いていない人の特徴

最後に、Webマーケティング業界に向いてる人・向いていない人の特徴を紹介します。

最終的には「やってみないとわからない」ので、軽い適性チェックがてらご覧ください。

①Webマーケティング業界に向いてる人の特徴

僕のまわりでWebマーケティングの仕事が続いている人は、

  • 成長意欲が高い
  • 常に挑戦していたい
  • 主体的に行動できる
  • 人の心理を考えたい
  • 論理的に考えられる

といった特徴のある人が多いです。

ざっくりまとめると「前向きに考えられる人」「深く考えられる人」といったイメージですね。

あわせて読みたい
【適正アリ】Webマーケティング業界に向いてる人の特徴15選!
【適正アリ】Webマーケティング業界に向いてる人の特徴15選!

②Webマーケティング業界に向いていない人の特徴

逆に、僕のまわりでWebマーケティングの仕事を辞めてしまうのは、

  • 成長志向がない
  • すぐに正解を求めてしまう
  • 失敗を恐れて挑戦できない
  • 100点満点を目指してしまう
  • 論理的に考えられない

といった特徴のある人が多いです。

まとめると、「後向き」「短期」「神経質」といったイメージかなと。

あわせて読みたい
【やめとけ】Webマーケティング業界に向いていない人の特徴18選【体験談】
【やめとけ】Webマーケティング業界に向いていない人の特徴18選【体験談】
うーご

ただし、くり返しにはなりますが最終的にはやってみないとわかりません!

僕はもともと「向いていない人」でしたが、やってみたら楽しくて「向いてる人」に変われました!

まとめ:Webマーケティング業界はしんどい・辛いけど超おすすめ

まとめ:Webマーケティング業界はしんどい・辛いけど超おすすめ

この記事では、僕がWebマーケティング業界でしんどい・辛いと感じたことを紹介してきました。

Webマーケティング業界でしんどい・辛いこと

  • 残業が多い・休日が少ない
  • 結果だけを求められる
  • 地道な作業が多い
  • 正解のない仮説・検証をくり返す
  • 常に学び続けなければならない
  • 成果が出るまで時間がかかる
  • クライアントとITリテラシーが合わない

Webマーケティングはたしかにしんどいし、辛いことも多い仕事です。

しかし、総合的に見ると楽しくて稼げる本当におすすめの仕事だと僕は考えています。

なので、これからWebマーケターになるか悩んでいる人はとりあえず行動してみてください。

たとえ「自分には合わない」と感じたとしても、それまでの学びは絶対に無駄にならないですよ!

今回は以上です。

-Webマーケティングの仕事
-,