ブログの書き方

【初心者向け】ブログ記事の文章構成案の作り方【テンプレートあり】

【初心者向け】ブログ記事の文章構成案の作り方【テンプレートあり】

この記事で解決できる悩み

本記事の信頼性

当ブログでは「お金・時間・場所に自由を」をコンセプトに、ブログの始め方やノウハウを発信します。僕のプロフィールはこちら

ブログ記事において文章構成は超重要です。事前に用意することで、読者にとって読みやすく、SEOに強いコンテンツを作成できます。

しかし、いきなり「文章構成を作れ!」と言われても、ブログ初心者の方にとっては何から始めるべきかよく分からないですよね。

そこで、今回は現役SEOコンサルタントやスクール講師として活動する僕が、ブログ記事の文章構成の作り方&注意点を解説します。

コピーすれば誰でも使えるGoogleスプレッドシートのテンプレート&使用例も紹介するので、この記事を読みながら文章構成案を作ることで、今日から読まれるブログ記事を書けますよ!

うーご

それでは本題に入ります。

【前提】ブログ記事は3つの要素から構成される

まず前提として、ブログ記事は3つの要素から構成されています。

ブログ記事の構成

それぞれの要素について、詳しく解説します。

①リード文

まず最初に、記事の導入部分となる「リード文」を書きます。

ブログ記事の構成_リード文

リード文の役割は、読者に本文を読ませること。

記事に訪れた読者は、その時点では「この記事に求めている情報があるかも?」くらいの認識しかありません。

そのため、リード文で「求めている情報があるよ!」「悩みを解決できるよ!」と伝えて、読者が記事から離れるのを防いでください。

リード文を最適化することで、読者の記事滞在時間を伸ばすことができます。結果、SEO的にもメリットが大きいため、ブログ記事内でも特に大切な構成といえるでしょう。

②本文

次に、コンテンツの中心となる「本文」を執筆します。

ブログ記事の構成-本文

本文の役割は、記事を訪れた読者の求めている情報を提示したり、悩みを解決すること。

常に読者ファーストを意識して、読者にとっての読みやすさや分かりやすさを追求することで、満足度の高い記事になるでしょう。

ちなみに、本文には「見出し」を設定するのがおすすめです。見出しは、ブログ記事における目次のような役割を果たすため、情報が整理されて読みやすくなりますよ!

③まとめ

最後に、記事全体を総括する「まとめ」を執筆します。

ブログ記事の構成_まとめ

まとめの役割は、本文の要点をあらためて伝え、読者に行動を促すこと。

最後まで記事内容を覚えている読者はあまりいないため、まとめがなければ伝えたいことが伝わらなくなってしまいます。

「結局、何が言いたいの?」なんて言われないよう、最後まで気を抜かずに作り込みましょう。

うーご

以上、ブログ記事の3つの構成でした!

文章構成案とは、ブログ記事を作る「設計図」のこと

文章構成案とは、ブログ記事を作る「設計図」のこと

ブログの文章構成案とは、前述の「リード文」「本文」「まとめ」から構成される、記事の『設計図』のことです。

ブログ記事のクオリティは、執筆前に作成した文章構成によって決まります。

それはつまり、しっかりと文章構成を作れなければ、質の高い記事を書けないということ。

うーご

家の建設時に設計図がどれだけ大切か、と考えれば分かりやすいかと思います!

さらに深掘りすると、ブログ記事の文章構成作りには、下記のメリットがあります。

文章構成を作るメリット

  • 読者満足度の高い記事を書ける
  • SEOに強い記事を書ける
  • ライティングを効率化できる

文章構成でブログ記事のクオリティは9割決まるので、じっくりと時間をかけて考えましょう。

うーご

ちなみに本記事の場合、文章構成を作るのに約1時間かかりました!

ブログ記事の文章構成案の作り方7ステップ【テンプレートあり】

ブログ記事の文章構成案の作り方7ステップ【フォーマットあり】

ブログ記事の文章構成は、下記の7ステップで作成します。

ブログ記事の文章構成の作り方

上記のイメージですね。(クリックすれば、各手順の解説までジャンプできます。)

今回はこの記事の文章構成を事例として、下記のような完成形ができるまでの手順を紹介します。

この記事の文章構成(完成形)

ブログ記事の構成案の作り方17

こちらから、文章構成のスプレッドシートを閲覧できます!

また、この記事では誰でも利用できる文章構成のテンプレートを用意しました。(Googleスプレッドシート)

ここからは、具体的な文章構成を作る手順を解説するので、ぜひ一緒に作業してみてくださいね!

>>文章構成のテンプレートはこちら

文章構成の作り方①:キーワード選定

それでは、文章構成の作り方を見ていきましょう。

下記のようにテンプレートに何も書いてない状態から、解説をスタートします。

ブログ記事の構成案の作り方1ブログ記事の構成案の作り方1

最初のステップは「キーワード選定」です。

キーワード選定の流れ

  • ラッコキーワードでキーワードを抽出する
  • キーワードプランナーで検索数を調査する
  • 執筆キーワードを決定する

詳しいやり方については、下記記事を参考にしてくださいね。

あわせて読みたい
【初心者向け】SEOキーワード選定のやり方5ステップ【探すコツ】
【初心者向け】SEOキーワード選定のやり方5ステップ【探すコツ】

①ラッコキーワードでキーワードを抽出する

まずは、複合キーワードを抽出します。複合キーワードとは、[ブログ 構成]のように複数の言葉からなるキーワードのこと。

ラッコキーワードというツールで簡単に抽出できるので、やり方を見ていきましょう。

step
1
ラッコキーワードに移動する

こちらからラッコキーワードに移動します。

step
2
メインキーワードを検索する

下記画面が表示されるので、ブログテーマに合った軸キーワードを入力してください。

※まだブログテーマが決まっていない方は、【初心者向け】稼げるブログテーマの決め方5ステップ【収益化のコツ】を先にご覧ください。

キーワード選定_ブログ1

今回は、「ブログ」をテーマとして扱っている前提で話を進めます。

そして、検索欄の右にある虫眼鏡マーク、もしくはキーボードの「Enter」を押しましょう。

step
3
ラッコキーワードに移動する

すると、下記の赤枠部分のように複合キーワード一覧が表示されます。

キーワード選定_ブログ2

以上で、複合キーワードの抽出が完了しました。

補足

ラッコキーワードでは、非ログイン時の利用が1日5回までに制限されています。

メールアドレスだけで無料登録できるので、たくさんの複合キーワードを抽出する場合は登録しておきましょう。

>>ラッコキーワードはこちら

②キーワードプランナーで検索数を調査する

次に、取得した複合キーワードの検索数を調査します。

こちらも、Googleの提供ツールキーワードプランナーを使えば簡単ですよ!

補足

キーワードプランナーで検索広告を出したことがない場合、細かい検索ボリュームを見ることができません。

今回は、無課金を前提に話を進めますが、少額でも広告を出しておくのがおすすめです。

step
1
Google広告に移動する

キーワードプランナーとは、Googleの提供ツール「Google広告」の機能のひとつ。

そのため、まずはGoogle広告に登録しましょう。

google広告

Google広告は、Googleアカウントさえ持っていればブログURLなどを入力するだけで始められるので、下記から登録してみてください。

>>Google広告はこちら

step
2
キーワードプランナーに移動する

Google広告を開いたら、画面右上の「ツールと設定」→「キーワードプランナー」の順で進んでください。

キーワードプランナーの使い方①

キーワードプランナーを開けたら、次へ進みます。

step
3
キーワードボリュームを調査する

すると、下記画面に移動するので、右側の「検索のボリュームと予測のデータを確認する」をクリックします。

キーワードプランナーの使い方②

ここで、先ほど複合キーワードを検索したラッコキーワードに戻りましょう。

複合キーワードの検索結果の右上に「全キーワードコピー(重複除去)」のボタンがあるので、クリックしてください。

キーワード選定_ブログ3

そして、キーワードプランナーに戻って、コピーした複合キーワードを貼り付けて「開始する」をクリックします。

キーワード選定_ブログ4

下記のような画面が表示されればOKです。

キーワード選定_ブログ5

上記の「月間平均検索ボリューム」の列が、求めていた検索数になります。

今回は有料広告を出さない前提で進めているため、

  • 0(-)
  • 10~100
  • 100~1000
  • 1000~1万
  • 1万〜10万

といった形で検索数が表示されていますが、有料広告を出すことで10の位までしっかりと確認することが可能です。

特に検索数「100」程度のキーワードは細かな数の違いが大切なので、できる限り有料広告を出稿して利用しましょう。

step
4
キーワード一覧をダウンロードする

このままでも検索数は確認できますが、データ整理ができないため、スプレッドシートにダウンロードします。

画面右上にダウンロードボタンがあるので、そこから「Googleスプレッドシート」をクリックしてください。(Excelを使う方は「.csv」をクリック)

キーワード選定_ブログ6

すると、下記画面が表示されるので、ファイル名を入力して「ダウンロード」をクリックします。

キーワード選定_ブログ7

あとは、ダウンロードしたスプレッドシートを開くと…

キーワード選定_ブログ8

キーワード一覧がスプレッドシートに表示されました!

step
5
スプレッドシートを整理する

最後に、ダウンロードしたスプレッドシートを整理します。

キーワード選定で必要なのは、「A列:Keyword(キーワード)」「D列:Avg. monthly searches(月間検索数)」の2つなので、それ以外の列を削除しておきましょう。

キーワード選定_ブログ9

※キーワードプランナーで「10〜100」と表示されていた検索数が「50.0」などと表示されていますが、仕様なので気にする必要はありません

以上で、キーワードプランナーを使って、検索数を調査できました。

③執筆キーワードを決定する

最後に、ダウンロードしたスプレッドシートから執筆キーワードを決定します。

選ぶポイントとしては、

  • 月間検索数50以上ある
  • サイトの運営目的に合っている

の2点に着目しましょう。

その結果、今回は[ブログ 構成]のキーワードで記事を書くことになりました。

また、[ブログ 構成]とラッコキーワードで検索すると、関連性のある複合キーワードがいくつか表示されたので、まとめて文章構成のテンプレートに記載していきます。

ブログ記事の構成案の作り方2

上記のイメージですね。

以上で、キーワード選定は完了です!

文章構成の作り方②:ターゲット・ニーズ設定(仮)

次に、ターゲット・ニーズを仮設定していきます。

①ターゲットを設定する

まずは、記事の想定ターゲットを設定します。

今回の事例では、[ブログ 構成]と検索する人が「副業サラリーマン」「ブログを始めて2〜3ヶ月」と考え、下記のように定義しました。

「どんな人がこのキーワードを検索するかな?」と考えながら、読者の顔を思い浮かべるのがポイントで

②ニーズを設定する

次に、想定読者のニーズを設定します。

ポイントは、「顕在ニーズ」「潜在ニーズ」の2つの観点で考えること。

顕在ニーズ・潜在ニーズとは?

  • 顕在ニーズ:ユーザーが認識しているニーズ
  • 潜在ニーズ:ユーザー本人ですら気づいていないニーズ

ブログ記事では、顕在ニーズを満たすことはもちろん、潜在ニーズを満たすことが大切です。

これにより、より読者満足度が高、良質なコンテンツを作れます。

今回は、[ブログ 構成]と検索するユーザーのニーズを、

  • ブログの記事構成の作り方を知りたい(顕在ニーズ)
  • ブログ記事を上位表示させて、稼げるようになりたい(潜在ニーズ)

と定義したので、文章構成表に入力します。

ブログ記事の構成案の作り方4

以上で、ターゲット・ニーズの仮設定は完了です!

文章構成の作り方③:競合サイト調査

ブログ運営は、他サイトと検索上位を取り合う陣取りゲーム。

そのため、良質な記事を書くためには、競合サイトより質の高いコンテンツを作る必要があります。

そこで、ここでは競合サイトを調査して、その結果を下記シートにまとめます。

ブログ記事の構成案の作り方5

こちらのテンプレートの2つ目のシートを参照してください。

具体的には、下記の5ステップで話を進めます。

競合サイト調査の流れ

  • タイトル・URLを書き出す
  • 狙っているキーワードを抽出する
  • 見出し構成を抽出する
  • 満たしているニーズを分析する
  • 不足しているニーズを分析する

検索上位記事は、Googleが「読者ニーズを満たしている」と認めた記事です。記事のヒントを得られるので、しっかりと時間をかけて調査しましょう。

うーご

今回は上位5記事を調査しますが、可能であれば10記事程度チェックするのがおすすめです!

①タイトル・URLを書き出す

まずは、検索上位記事の「記事タイトル・URL」を書き出します。

今回は、[ブログ 構成]と検索して、上位5記事からピックアップしてきました。

ブログ記事の構成案の作り方6

入力が完了したら、次のステップに進みます。

②狙っているキーワードを抽出する

次に、競合サイトが狙っている検索キーワードを調査します。

やり方は、記事タイトルを見て、含まれている語句から推測するだけ。

基本的に、ブログ記事タイトルには狙っているキーワードを含めます。そのため、記事タイトルに含まれた語句を見れば、おのずと検索キーワードも分かるわけですね。

今回は、文章構成案に下記のように入力しました。

ブログ記事の構成案の作り方7

キーワード選定をした時に気づけなかった複合キーワードが見つかることもあるので、キーワードプランナーなどを活用しながらじっくり調査しましょう。

③見出し構成を抽出する

競合記事の本文が、どのような見出し構成で書かれているか調査します。

1記事ずつ見ても確認できますが、ラッコキーワードと同じ会社の提供ツール見出し(hタグ)抽出が便利ですよ。

使い方は簡単です。画面左側の検索欄にキーワードを入力するだけ。

ブログ記事の構成案の作り方8

無料で見出し構成や文字数をチェックできるので、ぜひ活用してみてください。

>>「見出し(hタグ)抽出」はこちら

見出しを抽出したら、それを文章構成案に入力します。

ブログ記事の構成案の作り方9
うーご

どの上位記事にもある見出しは、絶対に満たさなくてはならない読者ニーズと言えそうですね!

④満たしているニーズを分析する

次に、上位記事がどのようなニーズを満たしているか調査します。

実際に上位記事を見ながら、その記事が解決している読者の悩み・疑問を文章構成案に書き込みましょう。

ブログ記事の構成案の作り方10

読者ニーズを「顕在ニーズ」「潜在ニーズ」に分類してまとめるのがポイントです!

⑤不足しているニーズを分析する

最後に、上位記事が満たせていない読者ニーズを調査します。

なぜなら、他記事にSEO順位で勝つためには、他カバーできていない読者ニーズを満たす必要があるからですね。

各記事を比較して足りない要素をピックアップしたり、自分なりに満たすべきニーズを考えて、文章構成案に書き込みましょう。

ブログ記事の構成案の作り方11

以上で、競合サイトの調査は完了です。

そして、ここまでの5ステップによって、下記のような競合調査シートが完成しました!

ブログ記事の構成案の作り方12

ここからは、調査内容をもとに文章構成を作成していきます。

文章構成の作り方④:記事方針の決定

ここでは、下記の流れでブログ記事の大まかな方針を決定します。

記事方針を決定する流れ

  • ターゲット・ニーズを再設定する
  • 上位記事との差別化案を考える
  • 記事タイトルを設定する

それぞれ解説します。

①ターゲット・ニーズを再設定する

先ほど競合調査をしたことで、自分では思いつかなかったターゲットや読者ニーズを見つけられた方も多いでしょう。

そこで、改めて自分なりにターゲット・ニーズを検討して、文章構成案に入力してください。

ブログ記事の構成案の作り方13

これによって、さらに読者に刺さるコンテンツを作りやすくなりますよ。

うーご

中には、「再設定するなら、最初のターゲット・ニーズの仮設定は不要なのでは?」と思う方もいるかもしれません。

しかし、仮設定せずに競合サイト調査を始めると、考え方が引っ張られて自分のアイデアが出なくなってしまうんですよね。

②上位記事との差別化案を考える

次に、上位記事との差別化案を考えます。

なぜなら、他記事と同じニーズを満たすだけでは、オリジナルに勝てないからですね。

先ほどの競合調査で、他記事の「満たしているニーズ」「満たせていないニーズ」が分かったので、それを元に文章構成案に追記してみてください。

ブログ記事の構成案の作り方14

Googleは同じような記事を上位表示しないようにしているので、他記事と差別化できればSEO順位も上がりやすくなりますよ!

③記事タイトルを設定する

最後に、記事タイトルを設定します。

下記のポイントを意識しながら、検索結果画面でクリックされる魅力的なタイトルを考えましょう。

記事タイトル付のコツ

  • 文字数は最大32文字
  • 大事な情報は冒頭14字にいれる
  • 数字をいれる
  • 煽りワードを含める
  • 有益であることを伝える
  • 簡単であることを伝える
  • 新しい情報であることを示す
  • ターゲットを明示する
  • 権威性をアピールする
  • キラーワードを使う
  • 読者に問いかける

今回は、下記のような記事タイトルを設定しました。

ブログ記事の構成案の作り方15

記事タイトルの付け方は下記記事で詳しく解説しているので、参考にしてみてくださいね。

あわせて読みたい
【具体例あり】読者の目を引くブログ記事タイトルの付け方11選!
【具体例あり】読者の目を引くブログ記事タイトルの付け方11選!

文章構成の作り方⑤:「本文」の見出し作成

いよいよ、ブログ記事「本文」の見出しを作成します。

「本文」の見出しを作る流れ

  • 見出しを設定する
  • 具体的なコンテンツ内容を考える

それぞれ解説します。

①見出しを設定する

まずは、記事の見出しを設定します。

下記のポイントを抑えて、読者の顕在ニーズ・潜在ニーズを満たす見出し構成を考えましょう。

見出し設定のポイント

  • 本文はh2タグから使う
  • h2〜h6の順で階層を作る
  • 検索キーワードを含める
  • 見出しで記事内容を伝える
  • シンプルにまとめる

今回の[ブログ 構成]の場合、下記のような構成を作成しました。

ブログ記事の構成案の作り方16

※読者ファーストを意識しましょう!「どんな順番で情報を知りたいのか」「不要な情報を伝えてないか」と徹底的に読者に寄り添うことで、SEO的な評価も高くなります。

ちなみに、見出し設定のやり方については、下記記事を参考にどうぞ。

あわせて読みたい
初心者向け!SEOに強いブログ記事の見出し(h1/h2/h3)の作り方!
初心者向け!SEOに強いブログ記事の見出し(h1/h2/h3)の作り方!

②具体的なコンテンツ内容を考える

次に、各見出しのコンテンツ内容を考えます。

なぜなら、本文執筆前にコンテンツ内容を考えることで、ライティング作業が圧倒的にスムーズになるからですね。

コンテンツ内容を考えるときは『PREP法』を意識するのがおすすめです。

  • Point(結論):見出しで主張すること
  • Reason(理由):その主張の根拠
  • Example(例):その主張の具体例
  • Point(結論):改めて主張を明示

上記の順序で解説するだけで、読者にとって分かりやすいコンテンツを作れますよ!

今回は、下記のように文章構成案をまとめました。

ブログ記事の構成案の作り方17

こちらから、文章構成のスプレッドシートを閲覧できます!

以上で、ブログ記事「本文」の見出し作成は完了です。

文章構成の作り方⑥:「リード文」「まとめ」作成

ここでは、ブログ記事の「リード文」「まとめ」の内容を、下記シートにまとめます。

ブログ記事の構成案の作り方18

こちらのテンプレートの3つ目のシートを参照してください。

それぞれ見ていきましょう。

①「リード文」に書くことを決定する

まずは、「リード文」に書くことを決定します。

「リード文」の役割は、読者を本文に誘導すること。そのため、下記ポイントをおさえて、『読者に刺さるリード文』を考えましょう。

「リード文」に書くこと

  • 読者の悩み
  • 記事で得られること
  • 得られる理由・根拠
  • 読了後の未来

今回は、下記内容の「リード文」を書くことにしました。

ブログ記事の構成案の作り方19

「リード文」を書く手順やコツについては、下記記事で詳しく解説しています。

あわせて読みたい
書き出しで心を殴れ!リード文の書き方を例文&テンプレート付き解説
書き出しで心を殴れ!リード文の書き方を例文&テンプレート付き解説

②「まとめ」に書くことを決定する

次に、「まとめ」に書くことを決定します。

「まとめ」の役割は2つあるので、改めて想定読者の求めていることを考えてみましょう。

「まとめ」に書くこと

  • 記事内で重要なポイント
  • 次に促したい行動

今回は、下記内容の「まとめ」を書くことにしました。

ブログ記事の構成案の作り方20

「まとめ」を書く手順やコツについては、下記記事で詳しく解説しています。

あわせて読みたい
【簡単】ブログ記事の「まとめ」の書き方【例文&テンプレートあり】
ブログ記事の「まとめ」の書き方を簡単攻略【例文&テンプレート付】

文章構成の作り方⑦:記事全体の流れチェック

最後に、作成した文章構成を見ながら、記事全体の流れをチェックしましょう。

具体的には、

  • 読者ニーズを満たせているか
  • 適切な順序で解説できている
  • 不要な情報が入っていないか

を確認してください。

違和感のある箇所を修正すれば、文章構成案の作成は完了です!

うーご

ただし、ライティング中に新しいアイデアが出ることもあるので、あまり構成案に固執せず、柔軟に対応しましょう。

文章構成案ができたら、さっそく記事を書こう!

文章構成案ができたら、さっそく記事を書こう!

文章構成案が完成したら、さっそくブログ記事を書きましょう!

とはいえ、構成案は完成しているので、あとはコンテンツ内容を肉付けするだけですね。

ライティングのコツは、事前に決めたターゲットに手紙を書くイメージをすること。

想定読者に刺さる文章・言葉遣いで記事を書けるので、ぜひ実践してみてください。

うーご

途中で記事を書く手が止まったら、「相手はどんな質問をしてくるかな?」と架空の会話をイメージするのがおすすめです!

その他、ブログ記事を書く流れやコツについては、『【初心者向け】ブログ記事の書き方5つの手順・12のコツ【マニュアル】』で解説しています。

あわせて読みたい
【初心者向け】ブログ記事の書き方5つの手順・12のコツ【マニュアル】
【初心者向け】ブログ記事の書き方5つの手順・12のコツ【マニュアル】

ブログ記事の文章構成案を作るときの注意点

ブログ記事の文章構成案を作るときの注意点

最後に、ブログ記事の文章構成案を作るときの注意点を紹介します。

文章構成案を作るときの注意点

  • 結論ファーストを意識する
  • リアルな読者像をイメージする
  • 1つの見出しはコンパクトにする

それぞれ解説します。

①結論ファーストを意識する

1つ目は、結論ファーストを意識することです。

Google検索をする人のほとんどは、「できる限り早く答えを知りたい」「悩みを解決したい」と考えています。

そのため、結論をすぐに提示してくれない記事はすぐに離脱して、他記事に移動してしまうんですよね。

結論ファーストは、

  • 見出し
  • ライティング

の作成時に意識してください。

これによって、伝えたいことが伝わりやすく、最後まで読まれる記事を書けるようになりますよ!

②リアルな読者像をイメージする

2つ目は、リアルな読者像をイメージすることです。

前述の通り、想定読者を決めることで、文章構成が作りやすくなったり、ライティングがしやすくなります。

想定読者を決めるときは「ペルソナ設定しようとよく言われるので、詳しい設定方法は下記記事を参考にしてみてくださいね。

あわせて読みたい
初心者向け!ブログのペルソナの作り方を世界一わかりやすく解説!
初心者向け!ブログのペルソナの作り方を世界一わかりやすく解説!
うーご

ペルソナとは、商品・サービスの詳細なユーザー像のことで、主にマーケティングで使用されます。

マーケティングでは、ペルソナは超細かく設定しますが、ブログではそこまでの設定は不要ですよ!

③1つの見出しはコンパクトにする

3つ目は、1つの見出しをコンパクトにすることです。

最近では、スマートフォンからブログ記事を見るユーザーが多いので、あまりに本文が続くと、スクロールが大変で読みにくくなってしまいます。

目安としては、1つの見出しあたり300〜500字程度にして、それを超えときは見出しを増やすのがおすすめです。

うーご

SEO順位は、読者ファーストを徹底すれば自然にアップしますよ!

まとめ:ブログ構成案で記事クオリティの9割が決まる

まとめ:ブログ構成案で記事クオリティの9割が決まる

この記事では、ブログ記事の文章構成案の作り方について、初心者向けに解説しました。

ブログ記事の文章構成の作り方

  • キーワード選定
  • ターゲット・ニーズ設定
  • 競合サイト調査
  • 記事方針の決定
  • 「本文」の見出し作成
  • 「リード文」「まとめ」の作成
  • 記事全体の流れチェック

上記の流れで文章構成を作ることで、読者にとって読みやすく、SEO的にも強い記事を書けます。

記事クオリティの9割は文章構成が左右するので、ぜひこの記事を参考にくり返し実践してくださいね。

また、ブログ初心者の方は、とりあえず100記事を目標にするのがおすすめ。その頃には質の高い記事を作れるようになって、収益化まで見込めるでしょう。

ちなみに、当ブログは100記事で月8万円稼げるようになりました。当時に意識していたことは『【体験談】僕がブログ100記事で月8万円稼げた理由【収益・PV数あり】』を参考にどうぞ。

あわせて読みたい
【体験談】僕がブログ100記事で月8万円稼げた理由【収益・PV数あり】
【体験談】僕がブログ100記事で月8万円稼げた理由【収益・PV数あり】

今回は以上です。

-ブログの書き方