Adobe Premiere Pro

【Premiere Pro】マルチカメラとは?複数カメラの切り替え方法を解説

【Premiere Pro】マルチカメラ機能とは?複数カメラの切り替え方法を解説

この記事で解決できる悩み

  • Premiere Proで複数カメラを切り替えた編集をしたい
  • マルチカメラ機能の使い方を教えて!

本記事の信頼性

当ブログでは「お金・時間・場所に自由を」をコンセプトに、動画編集やブログの始め方・ノウハウを発信します。僕のプロフィールはこちら

複数のカメラを切り替えながら、同じ時間軸のシーンを表現したい時ってありますよね。特に、インタビューやライブの動画では話している内容や状況に応じてカメラを切り替えることで、表現の幅が圧倒的に広がります。

しかし、どうすればそんな編集をできるのかわからないと悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

そこで、この記事ではPremiere Proのマルチカメラ機能の使い方を紹介します。初心者でも今日から使えるようにわかりやすく解説するので、参考にしてみてください。

うーご

それでは本題に入ります。

Adobe CCを安く購入する方法

参考記事>>【完全版】Adobe CCを安く購入できる方法を徹底比較【ほぼ半額】

Premiere Proにおけるマルチカメラ機能とは?

Premiere Proにおけるマルチカメラ機能とは?

Premiere Proにおけるマルチカメラ機能とは、2台以上のカメラで撮影した動画を簡単に切り替えながら表示できる機能のことです。

この機能を使えることで、1つのカメラで撮影した動画とは比べ物にならないくらい表現の幅が広がります。

たとえば、

  • インタビュー
  • 複数人撮影
  • ライブ

など映像では1つのカメラ映像のみだと単調で視聴者を飽きさせてしまう可能性があります。

しかし、複数のカメラで違う角度から撮影した映像を流すことができれば、コンテンツ内容をわかりやすく伝えたり、映像にメリハリを持たせることが可能です。

うーご

動画クリエイターにとって必須のスキルです!

Premiere Proでマルチカメラ機能を使用する方法3ステップ

Premiere Proでマルチカメラ機能を使用する方法は、主に以下の3ステップです。

マルチカメラ機能を使用する方法

  • 使用する動画を読み込む
  • マルチカメラソースシーケンスを作成する
  • 動画の切り替えポイントを追加する

詳しく解説します。

①使用する動画を読み込む

まずは、使用する素材をPremiere Proに読み込みましょう。

今回は例として以下の2つの素材を使用します。

②マルチカメラソースシーケンスを作成する

次に、読み込んだ素材をすべて選択した状態で右クリックします。以下のような表示が出てくるので、「マルチカメラソースシーケンスを作成」を選択してください。

すると、以下のような画面が表示されます。まずは「ビデオクリップ名」に保存した時に自分がわかるような名前を入力しましょう。

その下に「同期ポイント」という項目があるので「オーディオ」にチェック後、一番下の「OK」ボタンをクリックします。

処理中の画面に切り替わり、読み込んだ素材の表示が以下のように変わります。

これでマルチカメラ機能を使う準備が整いました。

③動画の切り替えポイントを指定する

マルチカメラソースシーケンスで処理をした動画を、タイムラインパネルにドラッグ&ドロップします。

通常、タイムラインパネルに挿入した素材は青い色で表示されます。

しかし、マルチカメラソースシーケンスで処理した動画は緑色で表示されるので、チェックしてください。

次に、プログラムパネルで右クリックを押すと、以下のように項目が表示されます。その中から「表示モード」→「マルチカメラ」の順でクリックしましょう。

すると、プログラムパネルの表示される画面が変わります。

それぞれ、

  • 大画面:実際に書き出される動画
  • 小画面:切り替えをする動画

となっています。

いよいよ動画の切り替えを行います。

タイムラインパネルに配置してある動画を再生してください。すると、3つの画面が同時再生されます。

そして、動画を再生しながら、その場面ごとに表示させたい映像をクリックします。

タイムラインパネルを見ると、動画を切り替えた場所に編集点が追加されていることがわかります。

編集できたら再びプログラムパネル上で右クリックして、「表示モード」→「コンポジットビデオ」の順で進んでください。マルチカメラ編集前に画面が戻ります。

再び動画を再生して、自分の求めるタイミングでカメラが切り替わっているかチェックしましょう。

あとは編集した動画を書き出せば、マルチカメラ機能を活用した動画編集は完了です。

あわせて読みたい
【高画質】Premiere ProでYouTube用動画を書き出し!設定・納品方法も紹介
【高画質】Premiere ProでYouTube用動画を書き出し!設定・納品方法も紹介

【Premiere Pro】マルチカメラによる切り替えはやりすぎないように注意

【Premiere Pro】マルチカメラによる切り替えはやりすぎないように注意

マルチカメラ機能は、動画コンテンツの表現の幅を広げられる便利な機能です。

しかし、マルチカメラ機能による切り替えタイミングや回数には注意しましょう。おかしなタイミングで動画が切り替わっていたり、あまりにも切り替え回数が多いと、視聴者に違和感やストレスを与えてしまう可能性があります。

そのため、マルチカメラ編集後は必ず自分の目で見て、適切なタイミング・回数になっているか客観的にチェックすることが大切です。

まとめ:Premiere Proのマルチカメラ機能を活用して動画をわかりやすく伝えよう

まとめ:Premiere Proのマルチカメラ機能を活用して動画をわかりやすく伝えよう

この記事では、Premiere Proのマルチカメラ機能を使って複数カメラを切り替えながら動画を編集する方法を紹介しました。

マルチカメラ機能は、しっかりと使いこなせば視聴者に対してさまざまな角度から動画コンテンツを伝えられます。

わかりやすく内容を伝えたり、飽きさせなかったりとメリットが大きいのでぜひ使えるように練習しましょう。

今回は以上です。

-Adobe Premiere Pro
-, ,